Beautiful Nudity 美しいヌード

I spend most of my time these days speaking Japanese, reading Japanese books, enjoying Japanese theatre, and exploring the main thoroughfares and back streets of the cities and backwaters of… Japan. I love living in Japan and am extremely fortunate to be having the experiences I am. Today I did something quite different for a change.

Somemaru invited me on a trip out to the Kobe City Museum (Kobe shiritsu hakubutsukan), which until June 12 is hosting “The Body Beautiful in Ancient Greece from the British Museum.” I was happy to attend this exhibition because, while I am a fan of its theatre and arts, I rarely have the chance to study ancient Greece. Among other things, we viewed numerous beautiful vases and sculptures. I was attracted to the marble sculptures most of all. I grew up seeing many of these works depicted in cartoons and picture books, and later in junior high and high school art and history books. Seeing Greece’s ancient art in person, needless to say, is a completely different experience.

If I had to choose just one sculpture as my favorite today it would be part of the marble sculpture “Two Boys Fighting Over a Game of Knucklebones” for its realism, movement, and humor. I also enjoyed many others, including the famous main attraction, “The Discobolus,” and other art depicting athletes, particularly runners.

I wasn’t aware of the fact that ancient Greek athletes competed in the nude. Asthetics — beauty of the well-toned male body — obviously won over practicality in Greek sports. There are records of early modern Japanese runners — hikyaku couriers — running nude, but in most cases they at least wore waraji (straw sandals) to protect their feet and fundoshi (loincloths) to support and cover the second-most important things they carried. While hikyaku depicted in ukiyo-e and actual photos are shown to have toned legs and bodies, I can’t remember ever coming across a Japanese text that in any way celebrates them for their beauty as the Greeks did their professional athletes. Hikyaku were not professional athletes, though. They were rough, low-class servicemen.

Image property of Honolulu Academy of Arts.

Sumô wrestlers, on the other hand, have long been professional athletes respected and admired for their toned bodies, often featured nude aside from mawashi (sumo belts, like glorified fundoshi). To the untrained Western eye sumô wrestlers appear obese and out of shape, but this couldn’t be further from the truth. They are incredibly fast, agile, and flexible, and most of their weight is made up of brawny muscle. Though ancient Greece’s naked athletes and Japan’s sumô wrestlers are worlds and more than a millenium apart, their physical feats and beautiful nudity were appreciated in similar fashion.

Since this is a blog about Kamiagata Rakugo, I might do well to end here by mentioning there are a number of rakugo stories about sumô, including Hanaikada ([A Stand-in for the Champ] Hanaikada), Kôsuke mochi (Kôsuke’s Mochi Shop [Flourishes Thanks to a Sumo Wrestler]), Kuwagata (Kuwagata [the Small Champ]), and Ôyasu’uri (Cheap Sell [the Sumo Wrestler with an Awkward-but-befitting Name]).

Somemaru shishô, thank you for the opportunity to do some cross-cultural comparison and contrast! A very nice day in Kobe indeed.

最近、ほぼ毎日日本語で話したり、日本語の本を読んだり、日本の演劇を鑑賞したりしています。日本の町々の大通りや裏道を冒険するのも好きです。日本での生活が大好きで、この国で様々な経験ができ、僕は本当にラッキーだと思っていす。そんな中、今日は普段とはかなり違う経験ができました。

染丸師匠が神戸市立博物館で6月12日まで行っている「大英博物館古代ギリシャ展:完璧の肉体・完全なる美」に誘ってくださいました。今日の展示を見れたことは本当によかったです。前から古代ギリシャの演劇や美術が好きでしたが、最近は古代ギリシャのことを勉強する機会は減っていました。沢山の美しい壷や像が多くありましたが、僕にとって、像が一番よかったです。子供の頃からこの像をアニメや絵本などで目にしていて、中学校と高校の歴史と美術の教科書でもたまに見ていましたが、古代ギリシャの美術を実際に見るというのは、全く違う経験でした(当たり前ですね)。

その中でも一つだけ選べと言われたら、「ナックルボーンの勝負を巡って争う二人の少年の像」が一番よかったです。この像にはリアリティがあり、また動作もユーモアもはっきりしていて、本当によかったです。他にも沢山ありました。例えば、この展覧会のメインとなる、有名な「円盤投げ」やアスリート(特にマラソン選手)の描写などがとても魅力的でした。

古代ギリシャのアスリートが真裸で競争していたことを今まで知らなかったです。古代ギリシャのスポーツでは、美意識(男性の鍛えられている肉体の美しさ)が能力より大切だったみたいです。近世日本では飛脚も裸で走っていたことが記録されていますが、ほとんどの場合は、少なくとも、足を守るように草鞋を履いていて、二番目に大切な「荷物」をサポートする、そして冠るためにふんどしをしていました。浮世絵や写真で見ると飛脚の足や体もかなり鍛えられていましたが、ギリシャのプロアスリートがその肉体美を讃えられていたのとは異なり、(僕が知っている限り)飛脚の肉体を讃えられることはあまりありませんでした。しかし、飛脚はプロアスリートではなく、むしろ割と荒々しく、身分の低い使用人でありました。

飛脚と違って、相撲取りは昔からのプロアスリートであり、その肉体が特に尊敬され、憧れてきました。まわしを除いては、裸で競争する相撲取りは浮世絵などでよく描写されてきました。相撲に詳しくない西洋人がこれを見るとその体は「デブ、不健康」と思ってしまうかもしれませんが、大間違いですね。相撲取りは早くて、機敏で、体がとても柔らかいです。それに、体重のほとんどが立派な筋肉です。古代ギリシャのアスリートと相撲取りの世界とは、時代がずいぶん離れていますが、その偉業や肉体美(ヌード)は同じように賞賛されました。

このブログは一応、上方落語について書いているので、ここでは上方落語に相撲の噺もあるということを伝えた方がいいかもしれません。その中には「花筏」、「幸助餅」、「鍬潟」、「大安売り」があります。

師匠、比較研究の機会を作ってくださいまして、本当にどうもありがとうございました。神戸で素敵な一日を過ごすことができました。

Advertisements

Comments コメント

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s