A Look at Tokyo Rakugo Culture Outside the Yose 寄席外東京落語の文化一見

I recently spent about a week in Tokyo and had a very nice time. Unfortunately, I didn’t make it to a yose to listen to Tokyo rakugo, but I was still able to feel a sense of local pride in the art. I came across a number of places or things, all somewhat removed from yose, that exhibited rakugo and its culture.

In Ningyô-chô I found a clock tower, which puts on a lively karakuri ningyô puppet display on the hour. The “show” is hosted by a hanashika puppet that dawns a kimono and kneels on a zabuton just above eye-level, telling a brief story about rakugo and the history of the neighborhood. At the top of the clock are several names in yose gaki (yose-style calligraphy) of famous Tokyo hanashika of past generations. Below the names, puppets — characters from rakugo stories — come out in place of cuckoos.

Not far from the rakugo clock I found a rakugo barber shop. From the outside one can hardly tell that inside the owner always has rakugo running on cassette tapes, CDs, VHS tapes or DVDs. I went inside to ask him about this and he said he’s been playing rakugo for customers for a number of years. Of course, he loves rakugo too. He prefers Tokyo rakugo, but also has a some Kamigata hanashika media on hand.

Since I collect books on rakugo, I spent a couple days browsing the famous Kanda used-book mall, which is spread out over several blocks. I had a great time and found a lot of great books, all at reasonable prices. In the back of one shop, I discovered a rakugo cafe, which has it’s own rakugo kôza for hosting small-scale rakugo shows on Tuesdays. Unfortunately, the cafe was closed the day I was passing through. Still, from the outside I could tell that the owner must be a huge rakugo fan. In addition to the kôza, there were about a hundred tenugui tacked to the ceiling, and numerous publications on rakugo available for browsing. I’ll have to go back next time to see if there is any rakugo food on the menu.

Finally, in one used-book store that specializes in rakugo books (and, interestingly, Christian books), I was given a copy of Tokyo kawaraban, a monthly that has promoted and reviewed rakugo in Tokyo since July of 1977. The June 2011 issue has 118 pages and is filled with interesting essays, interviews, pictures, show listings, reviews, etc. Truly, this is a fabulous resource for Tokyo rakugo fans and first-timers alike.

この間、一週間ぐらい、東京に行ってきみした。とても楽しかったです。残念なことに東京落語を聴きに寄席に行けませんでしたが、東京のあちらこちらに落語に対してのローカルプライドを感じられました。寄席から少し離れているところに落語とその文化を表す場所・物がいくつか目に入りました。

人形町では、からくり人形がフィーチャーされている時計の塔を見つけました。一時間ごとに人形がショーをしてくれます。そのメインが着物を着ている、目線よりちょっと上に座布団の上に正座する噺家の人形です。この人形が落語、そして人形町の周辺の歴史について落語風に短い話をしてくれます。塔の上の方に先代の有名な東京落語家さんたちの名前が寄席書きで書かれています。その下に、鳩の変わりに人気ネタの登場人物の人形がいくつか出ってまります。もちろん、人形は「カッコウ」か何か言いません。

時計の塔よりそんなに離れていない場所に、「落語理容館」までも見つけました。外から見ると分かりにくいですが、中ではいつも落語のカセット、CD、VHS、またはDVDが永遠に流れています。中に入って、店長に聞いてみると、何年間もお客さんのために落語を流していると教えてくださいました。もちろん、店長さんも落語が大好きです。やはり、東京の方ですから、東京落語が好きですが、上方落語のメディアもいくつかおいてあります。

落語の本を集めているので、4ブロックぐらい広い(もっとかも?)神田の古本街を二日ほどかけてゆっくり回ってきました。古本街に行って、本当によかったです。沢山のいい本をリーズナブルな値段で買えました。ある店の奥に、ナント、落語カフェがありました。その中、高座までもあって、毎週火曜日にミニ落語会が行われているみたいです。あいにく、僕が発見したときにカフェがまだ準備中でした。しかし、外から見ると、オーナーさんが落語の大ファンだとすぐ分かりました。高座ができている上に、天井に手ぬぐい100枚くらいかけてありますし、お客さんのために落語の本や雑誌などが本棚にたっぷりおいてあります。メニューに「落語の料理」が載っているかどうか、今度チェックしに行きたいと思います。

最後の発見ですが、ある古本屋が落語の専門店になっています(不思議なことに、キリスト教の専門店でもあります)が、そこで、「東京かわら版」という雑誌をいただきました。この雑誌が毎月発行され、東京落語の情報や評論の入る昭和52年7月からある立派な雑誌です。平成23年6月の450号の118ページの中に、興味深いエッセイ、インタービュー、写真、落語会カレンダー、評論等などが入っています。東京落語のファン(通)にも、初心者にも、誠に素敵な役に立つ雑誌です。

Advertisements

Comments コメント

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s