Hikohachi Matsuri 2011 第21回彦八まつり

After returning to the US in 2005, it took five long years to be able to return to Japan, and to once again enjoy the excitement of the Hikohachi Matsuri. Ironically, Hikohachi Matsuri 2011 was almost called off due to Typhoon #12 (Talas). In fact, for the first time in its 21-year history, the first day was cancelled.

Despite this, Somemaru had his group of hanashika and ohayashi performers practice Sumiyoshi odori the day before as planned. This is a popular set of dances they perform every year at the festival. I attended practice and went home with Somemaru and a few others to help with further preparations, in hopes that the second day would not be cancelled.

Fortunately, while rain was still in the forecast, day two of the Hikohachi Masturi was held as scheduled. I got up, put on my yukata, and headed for the Ikutama Shrine with umbrella in hand.

Last time I was in Japan, I left shortly following the death of Katsura Bunshi V, in 2005. I was quite grief stricken because he was the man I called Shishô for the previous three years. The Kamigata Rakugo world was in pain because it had lost one of its giants. But we had many reasons to celebrate his life. Bunshi, along with a number of others, had accomplished so much. In the course of his life, the Kamigata Rakugo Association had been formed, hanashika numbers had increased dramatically, the art experienced several major booms, the Hikohachi Matsuri was launched, and the list goes on. Shortly after Bunshi died, one of his remaining dreams was realized; Kamigata Rakugo received its first permanent home in the post World War II era, the Tenman Tenjin Hanjôtei. Thanks to this, Kamigata Rakugo experienced yet another boom, still continuing today.

Today Hikohachi Matsuri 2011 was held in the usual place, on the grounds of Ikutama Shrine, in Osaka. I went to help at Somemaru’s “rakugo family” (ichimon) booth, but I made sure to stop by Bunshi’s, where I found some of his pupils cooking the legendary dish that he fed them while in training over the years, which he himself also cooked at the Hikohachi Matsuri in years past: yaki udon (fried and seasoned udon noodles topped with a fried egg, soft yolk).

I have made and eaten yaki udon with Bunshi in the past, so it was wonderful to visit the Bunshi booth again today and enjoy that nostalgic flavor. It made me happy to see that his pupils also had a portrait of Bunshi hanging inside the booth. It was as if Bunshi was there with all of us in spirit.

From morning until night I helped the Somemaru ichimon at their booth, calling out to festival-goers and fans, inviting them to try their luck at winning big prizes by pulling tickets from a fish bowl. With the group I banged on drums and rang bells all day. “Come one, come all! One try, one hundred yen!” We had so much fun even though we were rained on throughout the day, on and off. The crowds were wonderful. They didn’t let the rain dampen the festival atmosphere one bit.

Of course it was great to see Somemaru take the stage with his group at 12:30.  Though it was raining just before hand, the sun breifly came out for their performance. This allowed an even larger crowd to gather around the stage.

Despite the stage being wet, and everybody’s white tabi getting soaked, all dances went well. A couple people couldn’t help slipping, but there were no major accidents. Somemaru’s pupil, Emimaru, was even able to do a backflip in his dance as planned.

Indeed, it was wonderful to be back at the Hikohachi Matsuri, a festival put on by hanashika to be able to spend time brushing shoulders with fans outside of the yose, to personally thank them for their patronage throughout the year.

After closing Somemaru’s booth, we changed out of our yukata and said goodbye for the evening. I stuck around a little longer to enjoy Katsura Ayame and Hayashiya Somejaku (a.k.a. comedy duo Anesama Kingusu), et al, perform to a “packed house” in their booth-turned-mini theater.

I could go on and on about what a fun and memorable day it was, but I will let some more pictures do the talking (at bottom). I hope to see you all at the Hikohachi Matsuri in the years to come!

2005年にアメリカに帰国して、去年再来日、彦八まつりに再び参加するまでに五年もかかってしまいました。ですから、今年の彦八まつりを大変楽しみにしていました。皮肉なことに、今年の彦八まつりは台風12号によって中止になりそうでしたが、結局初日のみキャンセルされました。これは21年間の彦八まつり史上、初めてのことでした。

初日は中止になりましたが、染丸師匠が噺家さんとお林さんを呼び、「住吉踊り」のお稽古を予定通り一日前に行いました。「住吉踊り」はとても人気があり、染丸師匠のメンバーが毎年彦八まつりで踊っています。お稽古を見学させていただいてから、師匠とお弟子さん数人と一緒に帰り、二日目が中止にならないように祈りながら、まつりの準備を一緒にさせていただきました。

天気予報は「雨」でしたが、幸いなことに彦八まつりの二日目は行われることになりました。今朝起き、浴衣を着て傘を手に生国魂神社に向かいました。

以前日本にいた時は、五代目桂文枝が亡くなってから、三ヶ月も経たないうちにアメリカに帰国しなくてはいけませんでした。文枝師匠が亡くなったと聞いた時、本当に寂しくて今でもその時のことが忘れられません。その日まで三年間、「師匠」と読ばせていただいていた、とても大きな存在でした。もちろん、上方落語界が受けた衝撃も大きかったに違いありません。上方落語界四天王のお一人がお亡くなりになりましたから。しかし、文枝師匠が達成なさった偉業は今でも受け継がれています。文枝師匠がいらっしゃった時に上方落語協会も設置され、噺家の人数もたくさん増えました。その間最大の落語ブームもいくつかあり、彦八まつりも始まりました。そして、何より文枝師匠が亡くなった次の年に、文枝師匠の夢の一つがかないました。上方落語の「定住ホーム」と言える場所が戦後初めてできたのです。天満天神繁昌亭ができ、現在も上方落語ブームが続いています。

例年同様、彦八まつりは今年も生国魂神社(大阪)で行われました。染丸師匠のブースで手伝わせていただきましたが、もちろん、文枝師匠一門のブースにも寄らせていただきました。そこでは、文枝師匠のお弟子さん数人が「桂文枝名物焼うどん」(柔らかい黄身の焼き卵がのっている焼うどん)を作っていらっしゃいました。一説によると文枝師匠が修行中のお弟子さんによ~く食べさせていたそうです。前に文枝師匠も彦八まつりでお作りになりました。
その焼うどんは、以前文枝師匠と一緒に作ったり、食べたこともありましたので、今日もその時の思い出とともにいただきました。文枝師匠一門のブースに伺い、焼うどんを頼んで、ホンマに良かったです。懐かしかったし、表現しきれない美味しさでした。さらにもう一つとても良かったことがありました。そのブースでは文枝師匠の写真がかけてあったのです。文枝師匠の笑顔をその場で見て、とても元気になりました。文枝師匠がそこに一緒にいらっしゃるように感じました。

今日は一日染丸師匠一門のブースで手伝いをさせていただきました。「はい、どうぞ~!いらっしゃいませ!一回百円です!」というかけ声や、太鼓、金を鳴らしながら「染丸の辻八卦」にお客様を呼びました。あいにくの雨でしたが、本当に楽しかったです。お客さんも彦八まつりを楽しみになさっていたようで、雨にも負けず、まつりのとてもいい雰囲気を作ってくださいました。

12:30に染丸師匠の「住吉踊り」の舞台を見に行きましたが、とても感動的でした。その直前強い雨が続いていましたが、舞台に上がると、何と晴れてきました。(師匠ははれ男?)晴れて本当に良かったです。雨が暫く止み、より多くのお客さんがステージの周りに集まってきてくれました。

舞台はとても濡れていて、皆さんの白い足袋もびしょびしょドロドロ状態になってしまいました。2、3人の方はちょっとすべっていましたが、怪我は無かったです。師匠のお弟子さん、笑丸さんが予定通り、バックフリップまでも完成させました。これもとてもかっこ良かったです。

落語ファン感謝デーでもある彦八まつりに再び参加させていただき、本当に良かったです。日が暮れてから、染丸師匠一門のブースを閉店し、浴衣から洋服に着替え、皆さんとお別れしました。しかし、僕の気持ちはまだとてもハイで直ぐには帰れませんでした。桂あやめさんと林家染雀さん(姉様キングス)と月亭遊方さんの「じょーだんハワイアンセンター」に寄り、とても面白いミニ劇場を見せていただきました。

今日はどれほど楽しかったか、この場で永遠に書けると思いますが、これぐらいにしときましょう。下の写真もどうぞご覧くださいませ。

  

  

Advertisements

2 thoughts on “Hikohachi Matsuri 2011 第21回彦八まつり

  1. マットさん こんばんは
    『真人』さん だったんですね 失礼しました。
    私のブログの訪問 ありがとうございます。
    真人さんの落語に 対する 思いが これほど深いとは!
    驚き 感動してます
    英語の勉強にもなりますので 時々 訪問させてください
    きょうこ

    • きょうこさん、
      僕の英語も日本語もまだまだ未熟もので、いろいろなこともこれから勉強しないといけません… ブログに対したことを書きませんが、いつでも寄ってください。コメントはどうもありがとうございました。
      真人

Comments コメント

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s