For Water Boiling 水だき用

The Japanese language is hard. I am reminded of this fact every day. No matter how much I learn, there is always more learn. Speaking, reading comprehension, composition…

I enjoy the challenge of Japanese though, I really do.

This week, on Wednesday, I spent the day at Somemaru’s house. After a day of shamisen lessons, he said he wanted to make nabe (hot pot). He wrote out a list of ingredients and sent me shopping. I could read everything on the list, so no questions asked. I was on my way.

I got to the supermarket and started putting ingredients into my basket one by one, beginning with the vegetables: 1/2 head of hakusai (Chinese cabbage); one bunch of kikuna (garland chrysanthemum — Japanese greens); one tub of shiitake mushrooms; 1/2 daikon radish, the lower half; one bunch of shironegi (leeks).

Next, one tub of kinugoshi (silk-strained) tofu, sliced; one pack of kuzukiri (arrowroot noodles).

Next, raw oysters, two packs.

And finally, 400 grams of thinly sliced pork loin, mizudaki yô

Mizudaki yô? Huh? “For mizudaki?” … “For water daki?” … daki… “burn?” … “boil?” “For water boiling…?” Ugh.

I asked a young part-timer, stocking meat nearby.

MATT: Excuse me. Is this pork loin here mizudaki yô?

PART-TIMER: Mizudaki yô?

MATT: Yes. Mizudaki yô. See, it’s written right here.

PART-TIMER: I’ll be right back, sir.

Off the young man goes, soon to return with an older employee. I pick up the pork loin Somemaru always buys for nabe.

EMPLOYEE: Hi, you’re having nabe right?

MATT: Yes, that’s right.

EMPLOYEE: What you have there is fine.

MATT: This is mizudaki yô?

EMPLOYEE: Yes.

MATT: Thank you.

I paid for the groceries and hurried back to Somemaru’s. On my way I smiled and thought to myself, if Japanese language is difficult for even Japanese people, I have a LONG way to go.

I promise to always remember my learning experiences, and show compassion to my Japanese language students in the future…

The first entry for “mizudaki” in the Kôjien dictionary (electronic version): Nabe ryôri no isshu (one type of nabe cuisine).

日本語は難しいです。毎日この事実に気づきます。いくら学んでも、学び足りません。話すこと、読解作文...

しかし、日本語にあるチャレンジが好きです。本当に。

今週の水曜日に師匠のお宅に伺わせていただきました。一日の三味線のお稽古が終わると、鍋にしょうかと師匠がおっしゃいました。お買い物のリストを書き、僕にお渡ししました。お書きになった材料を全て読めたので、そのまま質問せずにスーパーに向かいました。

スーパーに着きますと、材料を一つずつ籠に入れ始めました。まずはお野菜:白菜 半切、菊菜 1、しいたけ 1、大根 下半分、白ねぎ 1。

続きまして、絹ごし(切れたやつ) 1、くずきり 1。

次は、かき 2袋。

そして、最後に豚ロース 水だき用 400g

え?水だき用?用=for … For 水だき? 水=water … For water だき?… 焚き?炊き?For water boiling? わっ。

すぐ近くにお肉を仕入れている若いアルバイトに聞いてみることにしました。

マット:「すみません。この豚ロースは水だき用ですか。」

アルバイト:「水だき用?」

マット:「はい、水だき用。ここに書いていますが。」

アルバイト:「少々お待ちください。」

すると、アルバイトが消えますが、間もなく年上の店員さんを連れてきます。僕、師匠がいつも鍋にお買いになる豚ロースを手に取ります。

店員さん:「鍋でっか。」

マット:「はい、そうなんです。」

店員さん:「それでいいですよ。」

マット:「これは水だき用ですか。」

店員さん:「はい、そうですよ。」

マット:「えらいすいません。」

レジでお支払いをして、師匠のお宅へ急いで戻りました。その途中で、微笑みながら、「日本人にも日本語が難しかったら、僕はこれからやなあ」と思いました。

それぞれの学習体験を身につけて、将来の日本語の学生に同情することを約束します。

広辞苑(電子版)の中、「水炊き」の第一定義:鍋料理の一種。

Advertisements

Comments コメント

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s