Whirlwind Week 駆け足の一週間

This was an eventful week. I spent just about every day at Somemaru’s, and here are some of the highlights:

Tuesday

This was a practice day, and I helped with the regular routine: breakfast, housecleaning, greeting students, serving tea, and staying within earshot of Somemaru in case he needed something. Somemaru usually decides what he wants for dinner during the last couple lessons, sending Aisome or I out for groceries. Today he felt like kasujiru (sake lees soup), which I haven’t had since last winter, and absolutely love. I have a special memory about kasujiru, which you can read a bit about here: Sunday and Sake no kasu.

Wednesday

I was in charge of breakfast on this day. When I make breakfast at Somemaru’s house, I try to make something just as it would be served at my parent’s house. On Wednesday I departed from my regular omelets, opting instead for eggs sunny-side-up, hash browns, bacon, toast, and orange slices. In the afternoon, Somemaru and I made ponkan (Chinese honey orange) marmalade and had a wonderful talk about his life and rakugo.

In the evening we met a group of friends at the Suzunariza Theater for an exciting Taishû Engeki production featuring the troupe led by the young and handsome Satomi Takashi.

Thursday

Today was another practice day. In addition to the regular practice-day routine, I had a shamisen lesson of my own. To say the least, this is always a humbling experience. I did my best and just have to make sure I do better next time, improving on all the areas Somemaru told me to work on. During other students’ lessons, I also spent some time practicing taiko (drums) with Aisome. I’ve recently felt a new urgency to practice more since I will be leading a yose workshop in Portland, Oregon this summer. Fortunately, I still have some time left in Japan, and I’m around the right people.

Bunshi ichimon kai

I asked Somemaru if I could be excused before dinner tonight because there was a special rakugo show being put on at the Hanjôtei in the evening. It was a Bunshi ichimon kai, but not one of the typical variety. Tonight was a special charity show to raise money for the Kumano River World Heritage Site marker that was severely damaged in Typhoon Talas last September.

Katsura Bunshi V played a role in this site being built. On his sickbed prior to dying in 2005, he brushed the characters 熊野川 (Kumano River), which were replicated and enlarged for the site marker. Prior to this Bunshi also composed the instant classic Kumano môde (Pilgrimage to Kumano), this being the the last story I heard him perform.

For some reason, I felt “called” to the show tonight. I felt called to support the charity event, and to hear Bunshi’s story narrated by his #4 pupil, Katsura Bunta, the only hanashika who performs Kumano môde today. Bunta did an incredible job. In a touching moment, when he took his final bow, somebody in the audience shouted “Roku daime!!,” indicating they would rather see Katsura Bunta become Bunshi VI than Katsura Sanshi, who is set to ascend to the historic name this July.

It was a wonderful, action packed week. I am now gearing down for a quiet weekend with my books.

今週は、おもしろい出来事が沢山ありました。ほぼ毎日師匠のお宅に伺わせていただきましたが、ここにいくつかのハイライトを書きたいと思います。

火曜日

この日はお稽古の日で、普段通りに朝食を作り、家事をして、生徒さんにお茶を。もちろん、師匠がお呼にみなれば聞こえる所に。レッスン終盤の途中に師匠が夕食のメニューを決めて、愛想さんか僕は材料の買い出しへ行きます。今日、師匠は粕汁気分でした。実は、このメニューが大好きで、去年の冬から食べていないので、本当に嬉しかったです。昨年の粕汁の思い出はこちらへ、日曜と酒の粕

水曜日

この日は僕が朝食を担当させていただました。師匠のお宅で朝食を作る際、必ず自分の親の家で出るようなアメリカンなメニューを用意することにしています。水曜日はいつものオムレツから離れ、その代わりに半熟(目玉) 焼き、ハッシュブラウン、ベイコン、トーストとカットオレンジにしました。昼からはポンカンのマーマレードを作りながら、落語と師匠の人生についての素敵なトークを。

夕方になると他の方と集合して、鈴成座で里美たかしの劇団(大衆演劇)をたっぷりとエンジョイさせていただきました。

木曜日

この日もお稽古日でした。普段通りでしたが、僕もお稽古をさせていただきました。言葉でうまく表現することができませんが、いつにしても師匠とのお稽古では、自分が本当に小さい存在に感じます。当たり前ですが、まだまだ勉強することが山ほどあり、これからますます精進しなくてはいけないと感じます。自分なりに頑張りましたが、次のお稽古までに師匠が教えてくださったことをちゃんと身につけないといけません。他の生徒さんのお稽古中に、奥の部屋で愛染さんと太鼓のお稽古もさせていただきました。今年の夏にポートランド(オレゴン州)で寄席のワークショップを担当することになっているので、そのときまでにできるだけお稽古した方がいいですね。日本、そして師匠のお近くにいれることは、本当にありがたいです。

文枝一門会

木曜日の夜に繁昌亭で特別な会が行われたため、夕飯の前に失礼させていただきました。文枝一門会でしたが、普段の一門会とは異なりました。昨年の九月の台風12号により文枝師匠直筆の熊野川碑が大きな被害を受け、今晩の会は復興祈願のチャリティーのための会でした。

文枝師匠の直筆ですが、2005年に他界なさる前、入院中に「熊野川」の字を書き、これを大きくして複製したものが碑に載せられました。文字をお書きになる前には、古典落語となった「熊野詣」を創作なさいました。実は、これは文枝師匠の一番最後に聴かせていただいた噺です。

なぜか、この会に呼ばれている感じがしました。チャリティーのサポートをするために、そして文枝師匠の4番目のお弟子さんである桂文太師匠の「熊野詣」を聴かせていただくためにも呼ばれている感じがしました。文太師匠しかこの噺はできませんが、さすが文太師匠の高座は本当にすばらしかったです。噺が終わり最後のお辞儀のときに、とても心の動されることがありました。客席から誰かが「六代目!」と大きいかけ声をあげました。よく分かりませんが、今年の7月に歴史的な名跡に継ぐ三枝師匠より文太師匠が継いだ方がいいという意味だったのでしょうか。

いや、今週はいいことが沢山あり過ぎてとても贅沢な1週間でした。今週末は少しペースを落として、静かに本とともに過ごします。

Advertisements

Comments コメント

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s