Sanshi Book Review 三枝師匠の本 書評

"Shishô, Godaime Bunshi e" (Katsura Sanshi)Last year I wrote a post about the publication of Katsura Sanshi’s (now Bunshi VI) book titled Shishô, godaime Bunshi e (To My Master, Bunshi V [Yoshimoto Bukkusu, 2012]). Since I’ve read it, perhaps it is time I share my thoughts on the book. Please note, these are my own views.

What I got from the book was probably what Sanshi wanted to get from writing it — to know Bunshi V better. Sanshi didn’t know Bunshi V well because he ended his formal training for show business even before a year had passed.

Sanshi obviously felt guilty about taking his master’s name. Before doing so, he wanted to get a concrete idea about who Bunshi V was, and make it clear to readers that he would not be able to become the same person. He also wanted to create an image that he had received unanimous approval from the entire Bunshi V school (19 other members) for his name change.

The bulk of the book consists of interviews with all of Bunshi V’s pupils, in chronological order, with the exception of his interview (dialogue rather) with Katsura Bunchin, the other Bunshi V pupil who has become rich and famous through broadcast media. I found it somewhat suspect that Bunchin was saved until last.

Sanshi’s interview questions frequently seem loaded, geared toward alleviating his own doubts about taking such an illustrious name. His comments, too, seem motivated by a desire to show that he was indeed Bunshi V’s #1 pupil (in every sense of the word), one his master could be proud of.

There is constant focus on the fact that Bunshi V let pupils be “free” (jiyû ni saseru) and do just what they wanted, and that he himself focused energy on non-rakugo and rakugo-fusion projects. However, Sanshi hardly mentions the fact that Bunshi V, down to his core, was all about rakugo and passing on a tradition.

Bunshi V allowing pupils to be “free” was not a result of him being a kind, giving man, as Sanshi leads readers to believe. In my opinion, this was Bunshi V’s way of saying nicely, you don’t have what it takes to do rakugo as it should be done, so, feel free to find your own way. Essentially, Bunshi V was “raising” them by tossing them out (sute-sodachi). In doing this, it was always Bunshi V’s hope that they would one day return to rakugo proper.

I was disappointed that Sanshi did not research/write the closing section on Bunshi V’s art and life (Godaime Katsura Bunshi: Sono gei to hito). He hired a scholar to do this. The fact that Sanshi didn’t take this task on himself told me that he still hadn’t learned who Bunshi V was, or wasn’t interested. Nevertheless, it was not Sanshi’s goal to learn Bunshi V’s art, or become him.

Godaime Katsura Bunshi: Sono gei to hito is quite scholarly. This,  along with the painstakingly detailed timeline and performance history, are very informative. The interviews, however, are the most valuable part of the book. Though Sanshi’s questions often seem loaded, there is much said that transcends them. I especially enjoyed the interviews with Bunta and Bunza. All interviews serve — more or less — as dialogues (geidan) on Bunshi V’s art.

I conducted a formal geidan interview with Bunshi V on his art for my master’s thesis in Japan. As far as I know, nobody else has done one, or at least published it. From the geidan I conducted, and from my personal conversations with Bunshi V, I know well that he was an extremely giving man. He hated to tell people no. His acceptance of me as a minarai is perfect example of this. After all, Bunshi V had better things to than teach an American kid about rakugo.

I also know that Bunshi V was concerned about the future of Kamigata rakugo, that fewer hanashika were doing stories with hamemono, that there was no formal yose in Osaka. If Bunshi V could see it, he would be relieved that the Hanjôtei is now in operation. He would be pleased that Somemaru IV has more than doubled the number of  professional shamisen players. He would be proud that there are some hanashika are carrying on the tradition of rakugo that he loved most.

Sanshi has taken his master’s name, but he will not carry on the Bunshi V tradition. It is clear in his closing statements, though, that he is okay with this. Why? Because considers himself the “New Story” (shinsaku) Bunshi — Sanshi’s repertoire consists almost entirely of stories he wrote — and wants posterity to remember him as the man who made the classics of tomorrow. Whether this will happen, only time can tell.

Did Sanshi get to know Bunshi V better by writing Shishô, godaime Bunshi e? Perhaps. More than this, Sanshi learned about Bunshi V’s other pupils, and that they shared a number of experiences with each other. He also found that he didn’t have many of the experiences others did. Still, by meeting each individual and asking the questions he wanted, Sanshi found a way to feel better about moving ahead with the ascension to Bunshi VI.

Bunshi VI at press conf. May 23, 2013 (property of Daily News)According to Daily Sports Online, Bunshi VI held a press conference on May 23, in Osaka. He eagerly told reporters that he will be hosting the “Namba Grand Kagetsu Bunshi Festival” on July 17, to celebrate his seventieth birthday and commemorate a full year with his new name. He also announced that he would be featuring “The Man Who Summons Storms: The Ishihara Yûjirô Story” and a new rakugo piece “Dear Friend” (Tomo yo).

At the very end his 2012 book, Sanshi writes, “I will do my best not to soil the name Bunshi, and bring even more honor to it.” In order to accomplish this, I think he will need work hard to study Bunshi V’s rakugo, and transmit Bunshi’s most popular stories and artistic style to the next generation. If there is no transmission, the tradition will die out. Of course, it is an entertainer’s job to sell oneself, and promote their own style. However, more important than this is preserving the Kamigata tradition. Especially if your name is Bunshi, indeed, one would like to see you bringing rakugo classics to the stage.

去年このブログで、桂三枝師匠の本「師匠、五代目文枝へ」(ヨシモトブックス 2012)についての記事を書きました。今日は読み終えた感想をアップしたいと思います。あくまでも、これは個人的な見解です。

僕がこの本を読んで得たものは、三枝師匠自身がこの本を書いて得ようとしていたものと同じだと思います。それは、五代目文枝師匠のことをもっと知ることです。三枝師匠は正式な修行が終わるのを待たず、一年も経たないうちに芸能界へ飛び出したため、文枝師匠のことをよく知る時間はあまりありませんでした。

三枝師匠は、自分の師匠の名を襲名することに明らかに罪悪感を感じ、六代目になる前に文枝師匠のことをもっと知ると同時に、自分は五代目と同じような噺家にはなれないということも読者に伝えたかったのだと思います。また、文枝一門(三枝師匠を含めて20人)を揃えて、自分が襲名することをみんなに認めてもらっているというイメージも見せたかったのでしょう。

この本の中では文枝一門とのインタービューが順番に載っていて、それが本の大半を構成しています。しかし、三枝師匠と同様、マスコミの仕事をメインにしセレブになった、3番弟子文珍師匠のイタービュー(対談というか)が最後を飾っており、あえてそれを最後に持ってきたのではないかと疑わしく思いました。

三枝師匠のインタービューの質問は、誘導的なものが多く、輝かしい名跡を襲名することに対する自信の無さを軽減するための質問でもあるかのように少し感じました。彼のコメントですが、その行間を読めば、自分は文枝師匠の1番弟子(全ての意味で)であり、そして文枝師匠が自分のことを誇りに思っているということが読み取れました。本の中で、よく語られるのは文枝師匠が多くの弟子を自由にさせ、好きにさせたこと、また本人が落語以外の活動や落語を融合させた別のプロジェクトにも熱心だったことです。ですが、三枝師匠はとても大事な点にほとんど触れていません。文枝師匠にとっての核は古典落語であり、伝統のある落語を伝承することが何より大事だったということです。

文枝師匠が弟子を自由にさせたのは、師匠が心の広い、優しい方だったからと三枝師匠は暗示していますが、それはちょっと違うのではないかと思います。伝承落語には向いていない、だから工夫をしながら自分の道を見つけなさい、ということを優しい言い方で表したのではと思います。つまり、「捨て育ち」をしました。外で大きくなることを期待しながら、ある日正統な落語に戻ることも望んでいたのではないかと。

本の最後の方に「五代目桂文枝、その芸と人」というセクションがありますが、三枝師匠はこれを自分で研究、執筆せず、学者に任せたことに、いささかがっかりしました。この課題に取り組まなかったことによって、三枝師匠はまだ文枝師匠のことを理解せず、興味もないのではないかと感じさせました。この本を出す三枝師匠の目的は文枝師匠の芸を身につける、師匠のようになることではなかったと思えば、それはいたしかたありませんが。

一方で、「五代目桂文枝、その芸と人」はとても学問的で、年表も口演記録も非常に興味深いものでした。ただ、やはりこの本で特筆すべきは、三枝師匠が行なったインタービューではないかと思います。誘導的な質問が多かったにもかかわらず、文枝師匠一門の方々から質問内容以上の答えが返ってくることも多々ありました。その中でも、文太と文三のインタービューが特によかったです。全てのインタビューは(程度の差はありますが)文枝師匠に関する芸談が主でした。

僕は以前、日本の修士論文のため、直接師匠の芸談を取らせていただいたことがありました。僕が知る限りでは、師匠の芸談はこの他はないと思います。もしあるとしても、それはまだ出版されていないと思います。師匠が語ってくださった芸談、そして個人的なお話の内容を思うと、文枝師匠が並外れて寛大な方だったということを思い出さずにはいられません。他の人からのお願いごとを断るということはあまりなさらなかった気がします。そのいい例の一つは、日本人ではない僕を見習いにしてくださったということです。僕みたいなアメリカ人のガキに落語について教えるより、きっともっとやりがいのあることがたくさんあったに違いありません。

文枝師匠はよく、上方落語の将来、そしてハメモノを生かしている噺家がどんどん減っていること、大阪に正式な寄席がないこと、そのような心配を僕にも伝えてくださいました。今、もし師匠が繁昌亭をご覧になったら少し安心なさるでしょうし、四代目染丸師匠がお囃子さんの人数を倍以上増やしていることもきっとお喜びになるに違いありません。また、ある噺家が文枝師匠の芸風を伝承し、高座で演り続けていることも誇りに思われるでしょう。

三枝師匠は自分の師匠の名を襲名しましたが、名が継承されても、五代目文枝師匠の伝統が継承されないことは確かです。三枝師匠がそのことをあまり気にしていないことはあとがきなどで明らかになります。何故でしょう。三枝師匠は自分が「新作の文枝」であり(三枝師匠のレパートリーはほとんど創作)、「新しい」古典を残すのが彼の役割だと思っているからでしょう。三枝師匠の数多い創作落語が今後残って行くかどうか、それは未来の歴史が教えてくれることです。

「師匠、五代目文枝へ」を執筆して、三枝師匠は自分の師匠をもっと知ることができたのでしょうか。そうかもしれません。しかし、それよりも兄弟弟子のことをもっと知り、同じ一門である彼らと同じような経験をしたこと、一方で同じ一門でありながら彼らと同じような経験ができなかったことも分かったでしょう。そして、門人一人一人と会って、自分が聞きたい質問をすることによって、三枝師匠は六代目文枝になる自信を得たかもしれません。

ところで、デイリースポーツによると5月23日に六代目文枝師匠が大阪で会見し、70歳を祝う古希と襲名一周年記念を迎える7月16日に「三枝改メ六代 桂文枝襲名1周年記念『文枝フェスティバルinなんばグランド花月』」を行い、そこで「嵐を呼ぶ男 石原裕次郎物語」と新作のネタ「友よ」をやると意欲的に発表した。

最後に、三枝師匠が「文枝の名を汚さぬようにさらに高めてゆく」と書いていますが、そうするには、一生懸命五代目の落語を研究し、文枝師匠の十八番と芸風を次の時代に伝承するしかないと思います。伝承しない限り伝統はなくなっていく。自分のことを世間に知ってもらい、自分の芸風を広めることはもちろん、芸人の仕事ですが、落語家として上方落語の伝統を守っていくことは何よりも大切なことです。特に、文枝という名前を襲名した限り、ぜひ、古典落語も高座にかけていただきたいと思います。

Advertisements

Comments コメント

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s