This Weekend’s Challenge 今週末のチャレンジ

slide_004The WORLD BEAT FESTIVAL, Oregon’s largest multi-cultural festival, will take place this weekend in Salem. Some 30,000 attendees are expected to turn out, and I am thrilled to be on the long list of performers.

Since last year I have been fortunate to have numerous opportunities to perform rakugo in English around Oregon. This Saturday, I will have a new challenge: performing three stories in a single day. I will have two 45-minute sets and a 30-minute set, on three different stages.

For professional hanashika, three stories in a day may not be such a big deal, but for an amateur like myself it will be quite the challenge. Still, I feel lucky and grateful to have such an opportunity to share rakugo with so many people.

Since I perform outside of Japan, and typically for the purpose of education, my makura always have to have substantial “Intro to Rakugo” bits. No matter how basic intros may be, they are always enjoyable. I’ve learned good ways to do these by listening to others who perform English rakugo in and out of Japan, and I’ve come up with some of my own material.

World Beat Japan focus performersWORLD BEAT FESTIVAL will take place from 10:00 a.m. to 11:00 p.m. on Saturday June 29, and 10:00 a.m. to 6:00 p.m. on Sunday June 30, in Salem’s Riverfront Park.

My performances will all be on Saturday: 12:30 to 1:00 p.m. on the Asia-Pacific stage; 4:30 to 5:15 p.m. on the Showcase stage; and 6:00 to 6:45 p.m. on the Cultural Center stage.

Admission is free, though a $5 donation per person will be suggested at the gate. For more information visit www.WorldBeatFestival.org or call 503-581-2004.

I hope to see you there!

World Beat Festival 2013オレゴン州の最大多文化祭りである「ワールド・ビート・フェスティバル」は今週末、オレゴン州の州都セーレム市で行われます。参加者は3万人ほど予想されていますが、多くの出演者の中で僕も演らせていただくので、とても楽しみにしています。

昨年より、オレゴン州のあちらこちらで英語落語を演らせていただいていますが、今週末の土曜日に新しいチャレンジがあります。一日に3席も演らせていただくのです。45分の出番が二つあり、30分の出番も一つあります。毎回舞台が変わります。

プロ噺家には一日に3席は別にたいしたことではないかもしれませんが、素人の僕にとってはとってもチャレンジングだと思います。それでも、多くの人に落語を紹介できる機会はとてもラッキーでありがたいです。

だいたい教育のために演らせていただいますが、海外で落語を演るということは、マクラに必ず「落語入門」のコーナーを含むことです。簡単に説明しないといけませんが、これもまた楽しいです。落語の紹介のやり方は、他の方の英語落語のマクラを聴き習ったり、自分で考えたりしてきました。

「ワールド・ビート・フェスティバル」は6月29日(土)午前10時〜午後23時で、6月30日(日)午前10時〜午後18時まで、セーレム市のリバーフロントパークで行われます。

僕の高座は全席土曜日に演らせていただきます。時間は、アジアパシフィックの舞台で12時半〜13時、ショーケースの舞台で16時半〜17:15、カルチャーセンターの舞台で18時〜18:45分 です。

入場は無料ですが、寄付金の推奨額は一人5ドルです。詳しくは www.WorldBeatFestival.org 、または503-581-2004にお電話くださいませ。

ぜひ、お越しくださいませ!

Advertisements

2 thoughts on “This Weekend’s Challenge 今週末のチャレンジ

  1. 今日は暑い中おつかれさまでした。
    初めて英語で落語を聞きましたが、まるで日本語で聞いているような自然さで「いかにも落語らしい落ち」が表現されていて驚きました。 落語はアメリカの一般的な笑いの種類とはかなり異なると思いますが、観客の方も伏線をちゃんと覚えていたようで楽しんでいました。 英語の落語は日本人にとっても日本の文化と英語を同時に学べるので、とても良いと思いました。文化の方は私自身が無知なだけかもしれませんが、、、
    また機会があったら聞きに行きたいと思っています。
    それでは!

    • Leoさん、

      暖かいコメント、本当にどうもありがとうございました。

      『日本語で聞いているような自然さで「いかにも落語らしい落ち」』は初めて言っていただきました。m(_ _)m 僕はまだまだ未熟ものですが、これから古い(古典・伝承)噺を中心にして英語落語も頑張りたいと思います。僕はプロでありませんので、日本にお帰りになる際、寄席までもぜひ〜。

      これからもよろしくお願いいたします。

      Matt

Comments コメント

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s