Filled with Gratitude 感謝の気持ちでいっぱい

It’s been one week since we had our show at Portland State University. I’m still on an incredible high, first because it was so much fun, and second because I was able to realize my dream of  putting on my own rakugo show in the United States.

I have many people to thank for supporting me in this endeavor, but I feel most indebted to Katsura Bunshi V and Hayashiya Somemaru IV, whose shows and styles were the inspiration for this show. Of course, I could never come close to their level of mastery and delivery, but I am tremendously grateful to them for all they taught and showed me.

I told my audience that it felt strange and daunting to go from being an observing apprentice with little of my own actual rakugo performance experience, right into the role of “master.” I was constantly humbled because there is still so much I don’t know. And I gained even more respect for all the professionals who make rakugo their lifelong career. I learned this time, more than ever, that it takes a LOT of work not only to train, but also to produce shows.

We had about 150 people in the audience last night. It was incredibly rewarding to teach people in the community about rakugo and yose. It also felt wonderful to be able to make people laugh. And when I didn’t get the laughs I was hoping for, I learned something from that, too. All this made much clearer to me what pro hanashika go through on a day-to-day basis.

My students made me very proud. They worked very hard to learn their rakugo or iromono (other variety acts), not to mention all the hayashi instruments in less than three weeks. One talented student even mastered two songs on shamisen so that I too could have live debayashi (entrance music).¹

It would seem that everybody involved in putting on the show, and those in attendance, had a great time. This makes me happier than I can say. And it looks like I will have another chance to produce a rakugo show at Portland State next spring, on May 24. I will continue studying and will work hard to make it an even better show.

ポートランド州立大学での落語会から、一週間経ちました。とても楽しかったし、アメリカで落語会を開くという夢が叶ったし、まだまだ空に浮いている気がしますな。

色々な方や団体に感謝を申し上げないといけませんが、特に感謝している方は、二人いらっしゃいます。それは五代目桂文枝師匠と四代目林家染丸師匠です。今回の落語会はこのお二方、そしてそのご活躍と芸風からインスピレーションをいたただき、できるだけ師匠たちの真似をしてみました。もちろん、師匠たちの技能や演り方に近づくことはできませんが、僕にたくさん見せてくださったこと、教えてくださったことを、心より感謝しています。

先週の落語会にいらっしゃったお客様にこう言いました。見習い、臨時弟子の状態から仮にも今は学生たちからは「先生」と呼ばれる、いわば「師匠」という新しい立場に飛び込む気持ちは真に不思議で、難しさも感じます。分からないことはまだ多いし、自分の能力の低さを大変強く感じます。と同時に落語を一生の職業にするプロたちへの尊敬感もまた深めました。自分の落語会を開くことによって、お稽古、そして落語会をプロデュースするのに、どれほどの時間と体力が必要かが身にしみて感じられました。プロはとにかくパワフルでスゴイと思います。

客席に150人ぐらいお越しくださいました。自分の町の方々に落語、そして寄席について紹介できたことは、真にためになる経験となりました。人を笑わせるということは、やはりいいですね。例えうけなくても、それもいい勉強になります。これらのすべての経験は、プロの噺家が毎日毎日経験していることで、僕も片足だけでも同じような経験ができたので、本当にありがたいです。

僕の生徒さんのこと、誇りに思っています。落語、色物、そして寄席囃子までも、3週間以内に覚えてくれました。ある生徒はなかなか天才的で、僕も生出囃子で登場できるように三味線を二曲も覚えてくれました。¹

参加した生徒たちもお客様も、楽しんでくださったようで、何より嬉しいです。ところで、来年の春の5月24日にもまた、同大学で落語会を開くことになりました。僕はまだまだ未熟ものなので、これから一生懸命勉強して、頑張ってもっと楽しんでいただけるような落語会をお送りしたいと思います。

¹During our music training we referred to Hayashiya Somemaru IV’s Kamigata rakugo yosebayashi no sekai, which comes complete with CDs and sheet music.  三味線と寄席囃子のお稽古ですが、染丸師匠の「上方落語寄席囃子の世界」を参考に使わせていただきました。

Advertisements

Katsura Bunshi V Page 五代目桂文枝のページ完成 (英語)

I have finally finished a page dedicated to my previous rakugo shishô, Katsura Bunshi V. Please be sure to take a look!  The link is on the sidebar.  →

前の師匠、五代目桂文枝のページをやっと完成しました。せひ、ご覧ください!リンクはサイドバーの方へ。 →

Shime-daiko 締太鼓

Today was lesson day at Somemaru’s. In addition to my shamisen lesson, I also learned how to tighten a shime-daiko, which has to be slackened after every use in order to preserve the taut animal skin. The reason I wanted to learn how to do this is because I will buy a shime-daiko of my own before returning to the United States. If I am going to teach college students how to play, organize amateur yose productions, and host professionals in the future, I will to need to know how to use and care for this instrument properly.

Tightening and securing a shime-daiko takes a lot of muscle. In the yose, you use your hands, legs and feet – and two bachi (drum sticks) – for the job, and it can be dangerous if your not careful…  I was taught a couple ways to do tighten a shime-daiko today, both of which I was advised not do in front of practitioners of noh theater, which also regularly uses this drum. Somemaru has a rare book about the proper way to care for and play shime-daiko, so I made a copy of this for future reference.

Somemaru was very kind to give me an introduction to a respected taiko maker, the Maruoka family, which has been in business since Meiji 3 (1870). Somemaru and other professionals in various arts (e.g., noh, kabuki, etc.) rely on Maruoka Taiko for quality instruments. This is the kind of store you would do well to have an introduction to, and call before going. As with any instrument, there is a very wide range of prices, but what I found most interesting is that you do not simply go in and buy a drum. You discuss your needs – and budget – then the drum maker recommends a selected combination of parts: animal skin (kawa) for drum head and base, wooden body (), and cords (shirabe). Of course one also needs things such as bachi, a stand (teren), and a case for transport.

Finally, all Maruoka drums are handmade, and orders can take up to one or two months. This is perfect for me since I need at least that much time to save the money it will cost. I am excited to get my own shime-daiko and begin practicing. I should probably apologize to my neighbors ahead of time…

今日、師匠のお宅でお稽古日でした。三味線のお稽古と共に締太鼓の締め方を習わせていただきました。皮を守るため、締太鼓を使った後毎回毎々緩めないといけないことまでも… なぜ締め方を習いたかったというと、アメリカに帰国する前に締太鼓を買い求めようと思っているからです。将来に大学生に鳴り物を教えたり、素人落語会を行ったり、プロ噺家をアメリカに招待したりするのであれば、やはり自分で叩くようにならないといけないし、ちゃんと楽器のケアもしないといけません。

締太鼓を締めるのに、力たっぷりないといけません。寄席では、締めるときに手も足も、そしてバチまでも使うんです。そで、気をつけないと危ないです。本当に。締め方を二つほど教えていただきましたが、これらをお能の師匠の前でしてはいけないらしいです。師匠が鳴り物に関する珍しい教則本を持っていらっしゃるので、自分の参考のためにこれをコピーさせていただきました。

とてもありがたいことに、この間、師匠が評判の高い太鼓のお店に紹介してくださいました。丸岡太鼓店 (創業明治3年) と言いますが、染丸師匠のみならず、他の演劇(能楽、歌舞伎など)のプロにも信用されているお店だそうです。このようなお店では、ご紹介があった方がいいでしょうし、本社に訪ねる際、先にお電話していった方もいいかもしれません。どんな楽器にしても同じですが、締太鼓は幅広い価格帯で販売されています。僕にとって最も興味深かったのは、締太鼓一丁をそのまま買うんではなく、太鼓を何に使うや、予算などの相談の上、適当な部品 (皮、胴、しらべ) を進んでくださいます。もちろんですが、バチもテレンもケースも必要です。

最後なんですが、丸岡さんの太鼓は手作りで、注文によりますが、1、2ヶ月かかる場合もあります。締太鼓の金額を頑張って貯めないといけない僕には、これがちょうどいいです。自分の締太鼓が手に入ることもこれからお稽古も、とても楽しみです。先にお隣さんに誤っておきましょうっと。

Hanjôtei’s 5th Anniversary 繁昌亭5周年

Today marks five years since the Hanjôtei opened to the public on September 15, 2006. The day began with a formal ceremony, followed by a press release. There was plenty of rakugo on the bill as usual, but the day’s main attraction was “Bakushô (lit. explosive laughter) Kabuki,” a hanashika rendition of the famous play Kanjinchô (The Subscription List). The three stars of the show were Tsukitei Happô (Togachi Saemon), Hayashiya Somemaru (Minamoto no Yoshitsune), and Katsura Sanshi (Musashibô Benkei).

I attended the day’s opening show. The costumes and makeup were outstanding, all applied by theatre professionals. The actors were even better, getting laugh after continuous laugh from the audience. Throughout the show kakegoe (emotional cheers of support, often heard in kabuki theaters), came from all directions.

Bakushô Kabuki” was staged just prior to intermission, so I imagine Somemaru had no break as he rushed to get out of costume, remove his thick makeup (quite difficult, messy, and time-consuming), get into his own kimono, and get ready to go on as the morning show’s headliner.

Bakushô Kabuki was staged three times today, so all people involved, especially the stars, must have been quite exhausted come the end of the day. They did this for an important cause though; to celebrate the Hanjôtei’s fifth anniversary, which wouldn’t have been possible without a supportive and enthusiastic public.

Congratulations on five years Hanjôtei! Thank you for a wonderful show everybody. Otsukaresama de gozaimashita.

I couldn’t take pictures during the show, but I should be able to get some taken by public media in the coming days. In the meantime, here are some shots from the pre-morning show festivities (left, and below).

天満天神繁昌亭が2006年9月15日に開場し、今日で5周年を迎えました。朝席の前に式があって、プレスリリースもありました。今日、普段通り落語も何席かありましたが、メインイベントは噺家さんたちによる「爆笑歌舞伎」でした。演目は歌舞伎十八番である「勧進帳」でした。立役の三人は月亭八方師匠(富樫左衛門)、林家染丸師匠(源義経)、桂三枝師匠(武蔵坊弁慶)でした。

僕は朝席の公演を見させていただきました。劇場のプロによる衣装や化粧、まことに素敵でした。それ以上に良かったのは、スターたちの演技でした。最初から最後まで、ずっと客席が爆笑状態で、あっちこっちからかけ声が聞こえてきました。

「爆笑歌舞伎」がちょうど中入りの前に行われまして、朝席のトリを勤める染丸師匠には休憩は全くなかったのではと思います。「勧進帳」の後すぐ、衣装を脱いで、化粧を取らないといけない(これはとても時間がかかります)ので、自分の着物を着る間もほとんどなかったと思います。舞台裏での本格的な「早変り」だったでしょうね。

これだけでなく、この後も「爆笑歌舞伎」をもう2回演ずることになっていて、一日中繁昌亭の楽屋はバタバタ状態だったに違いありません。皆様(特に師匠たち)本当に大変だったでしょう。しかし、今日の全ては繁昌亭の5周年の記念のためでした。5年間ずっとサポートしてきてくださったお客様のためでもありました。

天満天神繁昌亭、5周年、本当におめでとうございます。皆様、素敵な公演もどうもありがとうございました。本当におつかれさまでございました。

公演中に写真を撮れませんでしたが、後日マスコミのものが出てくると思います。後にそれをアップさせていただきたいと思います。それまで朝席の前の写真をご覧くださいませ。

 

 

 

 

Somemaru’s International Spirit 師匠の国際スピリッツ

Today I spent the day at Somemaru’s. He has recently agreed to give an Australian Ph.D. student shamisen lessons while she is here on research, which has to do with music in rakugo (i.e., yosebayashi). Today was her first day. Of course she will be expected to speak Japanese and be able to follow and make progress in lessons, just as his other Japanese students. I believe she is up for the challenge.

With an American and now an Australian under his tutelage, Somemaru is becoming quite “international.” Well, I guess he was so long before we came along. He has traveled to more than 20 countries for rakugo-related business!

Somemaru’s current live-in pupil, Aisome, jokingly asked us not to speak English around Shishô, because it tends to “infect” his speech for the next week or so.

I’m not sure about that, but one thing I do know is that Somemaru is generous to take on informal pupils from other countries. Thanks to him we are having unforgettable research experiences.

今日は一日、師匠の家にお邪魔していました。実は、最近、落語における音楽(寄席囃子)の研究をするために、オーストラリアから来日した博士課程の方に染丸師匠が三味線のお稽古をつけてくださることになり、今日はその初日でした。お稽古ではもちろん、日本語を話さないといけないし、お稽古についていって、上達しないといけません。とてもまじめな方で、彼女なら大丈夫だと思います。

染丸師匠の魅力にとりつかれるのは、日本の方々のみならずもちろん海外にもたくさんいます。そして、染丸師匠がアメリカ人(僕)やオーストラリア人などの外国人も受け入れてくださることがとてもありがたいです。師匠ご自身とても国際的な方で、落語の仕事でナント20カ国以上の国々にいらっしゃっています。

現在の内弟子である愛染さんは冗談で「師匠の近くで英語喋らんといて」とよく言います。なぜならば「一週間ぐらい師匠が話すことばに英語が残っちゃう」からです。

それは本当かどうか分かりませんが、師匠のおかげで一生忘られない研究経験をさせていただいております。