Symposium at University of Oregon! オレゴン大学でシンポジウムが行なわれます!

UO.symposium.poster

I am now in Oregon visiting family and taking care of a little business.

This Saturday, I will participate in a symposium titled “The Art of Traditional Japanese Theater,” being held at the University of Oregon.

The symposium will also feature Laurence Kominz of Portland State University, Alan Pate of Alan Scott Pate Antique Japanese Dolls, and Glynne Walley of University of Oregon.

This will be an afternoon of lectures exploring the nô, kyôgen, bunraku, and kabuki traditions behind the art on display in the exhibit of the same name in the Jordan Schnitzer Museum of Art.

This lecture series is presented by the Department of East Asian Languages and Literatures and the Center for Asian and Pacific Studies at UO.  It is cosponsored by the Jordan Schnitzer Museum of Art (JSMA) and the Department of the History of Art and Architecture.

Time: Saturday, February 22 at 1:00pm to 4:oopm

Place: Jordan Schnitzer Museum of Art, Ford Lecture Hall 1430 Johnson Lane, Eugene, OR, 97403 

Price: FREE!

Open to students and the general public.

For more information, please call 541-346-1521.

ただいま、オレゴン州にいます。実家でゆっくりしたり、ちょっとした仕事もやっているところです。

今週の土曜日は、オレゴン大学で行われる「日本伝統演劇の芸術」(The Art of Traditional Japanese Theater) というシンポジウムに参加させていただきます。

ポートランド州立大学のローレンス・コミンズ先生、日本人形を扱っているアレン・スコットペイトアンティークのアレン・ペイト先生、そしてオレゴン大学のグリン・ウォーリー先生もシンポジウムに参加されます。

シンポジウムでは、ジョーダン・シュニッツァー美術館に展示されている芸術作品からうかがえる、能楽、狂言、文楽、歌舞伎などに関するレクチャーが行われます。

本講義は、オレゴン大学の東アジア言語文学研究科とアジア太平洋研究センター主催で、ジョーダンシュニッツァー美術館と美術史・建築学部共催のイベントです。

日時 2月22日(土)13時〜16時

会場 ジョーダンシュニッツァー美術館のフォードレクチャーホール  1430 Johnson Lane, Eugene, OR, 97403

入場料 無料

学生も一般の方も、大歓迎。

詳細は、541-346-1521までお願いいたします。

Advertisements

With Knowledge Comes Joy 知るは喜びなり

Kakejiku by SomemaruOne of my greatest treasures is a hanging scroll (kakejiku) that Somemaru presented me with prior to my leaving Japan last March.

Somemaru has an incredible collection of kakejiku, so, when he gave me a long rectangular box wrapped in crêpe silk before I left, I wondered if it might not be a one from his collection. I opened the box and found a kakejiku, but I could not have been more surprised by what I saw!

The artist was Somemaru, and the subject was ME!

I couldn’t find the words to say…

I was so touched that I felt as if I was going to cry.

I love the work in general, but I especially appreciate the peacefulness with which Somemaru painted me. While my lips seem to be anticipating something, there is a perfect serenity to my eyes.

Sometimes, when I get caught up in the hustle and bustle of daily life, I like to gaze at this kakejiku. I admit that it is somewhat strange to gaze at myself, but this piece of art feels like a mirror that reflects something deeper, something more meaningful than an actual mirror might.

Somemaru’s art presents me in an emotional state of mind that I would like to arrive at.

The Japanese reads, “With Knowledge Comes Joy” (Shiru wa yorokobi nari). Since I am still in the middle of my learning, this is perfect.

This is a truly meaningful gift which I shall always treasure.

Thank you again Master Somemaru.

僕にとって最も大切な宝物は、昨年の三月に帰国する前に染丸師匠からいただいた掛け軸です。

師匠はすばらしい掛け軸のコレクションを持っていらっしゃいますが、出発する前にちりめんに巻かれた長方形の箱を渡してくださったときは、「えっ!もしかして〜」と思いました。箱を開けますと、掛け軸でしたが、それを拝見し とってもビックリしました。

画家は染丸師匠で、絵はナナナント僕の顔でした!

言葉がなかなか出ませんでした。

あまりの感激にスズの涙を流してしまいそうでした。

僕は師匠の作風がとても好きですが、特に好きなのはその絵の中から感じる「平和」です。この掛け軸の中の僕の唇は、何かを予想しているように見えますが、目は完全に落ち着いている。

日々の喧騒から逃れたいとき、この掛け軸を眺めることが好きなんです。自分の顔を絵で見ることは少し不思議なときもありますが、師匠の絵はなぜか鏡のように感じます。しかし、実際の鏡よりもっと深い、意味のあるものを映してくれるのです。

師匠の作品は、僕がそうでありたいと思う感情を映してくれている感じがします。

師匠が書いてくださった言葉なんですが、「知るは喜びなり」、僕はまだまだ勉強の途中なので、ぴったりですね。

とても深い、感激した贈り物で、僕の一生の宝物です。

師匠、重ねてお礼申し上げます。

Omelets, Shamisen, Maps, and Deer オムレツ、三味線、地図と鹿

Today I had a very nice day at Somemaru’s house.

He requested omelets for breakfast, so I stopped on my way to do some grocery shopping. Fortunately the omelets turned out okay. Okay, I will be completely honest: the first one was a flop — it looked more like a scrambled omelet — but that one went to me, of course.

After breakfast, Aisome and I cleaned the house and set out shamisen, etc., for a day of lessons. Now that I am spending most of my time on my research, I really miss being able to hear Somemaru’s shamisen and singing. Today was, therefore, a real privilege.

Somejaku (#5 deshi) stopped by Somemaru’s house today. It had been a while since I had last seen him, so it was nice to see and talk to him, too.

After shamisen lessons, we went grocery shopping, and then had fun preparing a wonderful dinner. After dinner, Somemaru shared with Aisome and I a great collection of Osaka maps. Maps in the set include pre-Edo-, Edo-, and Meiji-period reprints. On map after map he explained where scenes in rakugo stories occur. It was a treat to view the maps with Somemaru, and I am looking forward to taking my time to study them in the future.

Today Somemaru had a new hanging scroll up. This one is quite possibly my favorite yet. I was surprised when I saw Somemaru’s name signed on it, along with his personal seal. The deer in the scroll is great because he allows the viewer freedom to wonder why he is gazing upward. Is he looking at a crow in the tree above? Is he cooling his neck in an unexpected summer breeze? Is he trying to hear something deep in the woods behind him? This is a great scroll because it allows our minds to wonder, our hearts to play.

Thank you for another nice day, Shishô.

今日、染丸師匠のお宅でとても良い一日を過ごしました。

師匠がオムレツをリクエストなさったので、買い物して参りました。良かったことに、オムレツは何とか上手くいけました。まあ、正直に言いましょう:最初のオムレツが失敗でした。スクランブル・オムレツのような感じでしたわ。もちろん、僕がそれをいただきました。笑

朝食後、愛染さんと家事をし、お稽古のために三味線などを用意しました。最近、自分の研究をやっているので、前みたいにいつも師匠の三味線/唄を聴けなくて本当に残念です。だから、今日は真に贅沢でした。

今日、染雀さん(5番弟子)も師匠のお宅に寄りました。会うのは久しぶりだったので、会えて、話せたこともとても良かったです。

三味線のお稽古が終わったら、買い物に行って、それから師匠と楽しく料理をさせていただきました(今日も最高に美味しかったです)。その後、師匠が僕と愛染さんに珍しい地図のコレクションを見せてくださいました。その地図がリプリントですが、江戸前、江戸、そして明治時代の地図が沢山あり、それを見ながら、師匠が噺の場面がどこで行われるかということを教えてくださいました。本当に興味深い説明で、また近いうちにその地図をゆっくり拝見させていただきたいと思いました。

今日、気づいたら、師匠がまた新しい掛軸をかけていらっしゃいました。実は、いままで拝見させていただいた掛軸の中で一番好きかもしれません。見たら(驚)印鑑とともに師匠の名前が書いてありました!僕にとって、掛軸の中の鹿の素敵なところは、なぜか、自由に想像させてくれるところです。鹿がどこを眺めているのか思いめぐらせてくれるのです。上の木の中にある烏を見ているのですか。予期しなかった風に首を涼しくさせているのですか。後ろにある森の中に何か聞こえようとしているのですか。あれこれ思いめぐらせてくれる、そして心を遊ばせてくれるので、本当に素敵な掛軸です。

師匠、今日も素敵な一日、本当にどうもありがとうございました。

Pigeons and Eel 鳩と鰻

Today I spent the day at Somemaru’s house, so, in addition to helping with cleaning and folding kimono, and having a couple very nice meals, I also enjoyed wonderful conversations and learned a lot.

Somemaru is very much in touch with the changing seasons, so he naturally changes his rakugo repertoire and kimono to suit the time of year. He also eats according to season, preferring the newest and freshest seasonal ingredients (hatsumono, kitsetsumono). Considering this, it should not be surprising that he’s written a book titled “The Kamigata Rakugo Seasonal Almanac” (Kamigata rakugo saijiki, Nenshôsha 1999), a book of that rakugo story synopses and commentary, categorized according to season.

I’ve mentioned in past posts that Somemaru loves art. He himself is an artist and collector. He has a fine collection of old scrolls for hanging (kakejiku) and pottery (yakimono), which he displays in a Japanese-style room in his home. He changes scrolls and pottery frequently, according to season or simply taste. Today he hung a very old scroll, one originally from Korea, which I particularly like. In it are two elaborately painted pigeons comfortably perched on a busily swirling flourish, a single line that becomes a Chinese ideogram. In the ideogram is an charming old cherry tree in bloom. Can you read the character? (answer at bottom)

Tonight for dinner we enjoyed unagi-zushi (rice flavored sushi vinegar, seasonal herbs and vegetables, topped with roasted sea eel). As usual, Somemaru meticulously prepared everything, and it was absolutely delicious.

I went home with a smile on my face, my stomach full of fine food, my head full of another day’s worth of great memories.

Thank you Shishô!

(answer: hana 花, flower)

今日、師匠の家に伺わせていただきました。家事や着物の畳みをし、とても美味しい料理を食べさせていただきました。興味深い話もたくさんでき、とても勉強になる一日でした。

師匠がとてもおしゃれなことに変わっていく四季と接触なさっていて、季節に合うように落語も着物も選択なさいます。食べ物も季節的で、季節ものと初物をよくいただきます。「上方らくご歳時記」(平成11年 燃焼社)という本をお書きになったこともやはり師匠らしいですね。

師匠が美術がとても好きということ、この前もブログで書いたことがあります。絵を描くことも美術品を収集することも好きで、師匠が素敵な掛軸のコレクションを持っていて、焼き物も沢山あります。この美術品も季節、またはフィーリングに合わせて、お宅の和室によく展示なさいます。今日も新しい掛軸をかけ、古い韓国のものでとても上品でした。その中、忙しくグルグル回っていく飾り書きの字の上に精巧に描かれている鳩二羽が気持ちよく羽を休めています。字の中に満開状態の古い櫻の木が描いてあります。如何でしょうか、字を読めますか。(答えは下に書いています)

晩ご飯に旬のハーブや野菜のたっぷり入った鰻寿司をいただきました。普段通り、師匠が全て一から最後まで細心に準備してくださいました。もちろん、最高に美味しかったです。

帰るとき、顔に微笑み、お腹に美味しい料理...頭の中は一日の素敵な思い出でいっぱいでした。

師匠、本当にどうもありがとうございました。

(答え:花)

Japan’s Smallest Mountain, Tenpôzan 日本一低い山天保山

Atagoyama (Mt. Atago) is a popular rakugo story in which two Osakan taikomochi (professional male entertainers for hire — kind of like the male version of geisha) accompany a rich man from Kyoto and his entourage of geisha on a hiking-picnic trip to Mt. Atago, a 924-meter mountain in the northwestern part of Ukyô-ku, in Kyoto. The rich Kyotoite half-jokingly apologizes for making the young men from Osaka climb a mountain. This is the exchange that follows:

TAIKOMOCHI: And just why do you think it’s such a problem for Osakans to hike up mountains? …

RICH KYOTOITE: Well, it’s a problem because nobody’s climbed a real mountain in Osaka! Anybody and everybody from Kyoto has experience climbing mountains, but you don’t have any mountains in Osaka, so…

TAIKOMOCHI: W-what? Now that’s not true. We’ve got mountains in Osaka!

RICH KYOTOITE: Okay, where? You tell me where one is.

TAIKOMOCHI: What do you mean one, we’ve got plenty of mountains! Mt. Sanada, Mt. Chausu, Mt. Tenpô…

RICH KYOTOITE: Oh come on, you can’t call those mountains! Those are little more than bumps on the ground!

TAIKOMOCHI: Bumps on the ground, humph!

The taikomochi don’t have much of a case in waging Mt. Tenpô (or Tenpôzan), in 1831 a manmade mountain of about 20 meters, against Mt. Atago (or Atagoyama), which was more than 900 meters taller. The Osakans insisting on arguing the matter, though, says something about their hometown pride and about Tempôzan having a special place in the hearts of people from Osaka.

The Tenpôzan vs. Atagoyama argument is even funnier today when one is aware that the Osaka “mountain,” located  in Minato-ku near the Osaka Aquarium Kaiyûkan, is a mere 4.53 meters! Tempôzan was leveled in 1854 to make space for an artillery unit. It’s height in the Meiji period was 7.2 meters. As a result of overuse of ground water following Japan’s post-WWII economic recovery, Tenpôzan continued to shrink. By 1977 its height was down to 4.7 meters. Tenpôzan was even temporarily removed from maps for being so small, only to cause Osaka’s citizens to cry out in protest. Tenpôzan, celebrated as Japan’s smallest mountain, is back on maps today.

On a jog today I visited Tenpôzan Park for the first time. I was interested to see if it, or the view it offers, at all resembles the several ukiyo-e I’ve seen that feature Tenpôzan. If one can mentally block out the modern anchorages, buildings, fishing boats, and other ocean-bound ships, one can imagine the Tempôzan of the late Edo period. Pine and cherry trees have been replanted throughout the park, and this reminds one of the Tenpôzan of old, depicted in ukiyo-e such as Utagawa Hiroshige I’s Osaka Tenpôzan in the series Honchô meisho.

I found the Tenpôzan “peak” and was surprised to see it was no more than a small, square, granite stone marker in the ground, too small to even be called a stepping stone. An older gentleman watching me from a distance soon approached and asked me to stand atop the peak marker. I followed his instructions.

“Congratulations!” he said enthusiastically. “On this day, June 12, 2011, of all the famous mountains to climb, you have chosen Japan’s smallest, Tenpôzan, 4.53 meters. As you have successfully reached the summit, I hearby present you with a certificate stating so.” With that, he actually gave me a certificate, complete with a handsome Tenpôzan picture postcard. Upon closer inspection I learned the certificate is produced and distributed jointly by the Tenpôzan Shop Owner’s Club, the Tenpôzan Park Conservation Club, and the Minato Autumn Festival Planning Committee. I thanked the man and was on my way.

What a climb I had up the mighty Tenpôzan today! Now that I’ve had the Tenpôzan experience, I don’t think the taikomochi in the story Atagoyama were out of line after all — this “mountain,” a historic amusement spot and the traditional marker of the waterway entrance (Ajikawa, or Aji River) to Osaka, is certainly one to be proud of.

If you’re in the neighborhood, Tenpôzan Park is worth a visit.

「愛宕山」は有名な噺で、その中に大阪出身の太鼓持ちの二人が京都出身のお金持ち旦那さんと、そして旦那さんがつれた芸妓舞妓の大連中と共に愛宕山(924m、京都市右京区の北西部)を登って、ピクニックパーティーをすることになります。旦那さんが大阪の太鼓持ちに山を登らせることを冗談半分で誤りますが...

太鼓持ち:「大阪の人間に、山行きがなんで気の毒...」

旦那:「なんで気の毒、て、大阪の人間は山へ登ったことがない。京都の人間は、みな、山へ登りつけてるけど、大阪には山がないもんやさかい...」

太鼓持ち:「そ、そんなことおまへんで。大阪にかて、山はおまっせ」

旦那:「どこに山があるねン」

太鼓持ち:「どこにあるて、大阪に山はおますがな。...真田山、茶臼山、天保山...」

旦那:「あんなもんが、山のうちへ入るかいナ。あれは、地ィの瘤みたいなもんやがな」

太鼓持ち:「地ィの瘤ゥ」

1831年にできた、人工の20メートルしかなかった天保山が900メートル高い愛宕山の相手になる分がない、大阪の太鼓持ちが例に出す分もないはずですが、これに関わらず、地元と天保山に誇りや親しみをもち、勝負する気ままです。これは大阪人らしいかもしれませんね。

天保山 vs. 愛宕山という話は現在、特に面白いですね。だって、港区の海遊館の近くにある天保山はもう、4.53メートルの高さしか残っていません。1854年に河口を守る砲台を建設させるため、山土の削り取りが行われまして、明治時代に高さが7.2メートルになってしまいました。高度経済成長の後、地下水のくみ上げのため、天保山の地盤沈下が起こり、1977年までに4.7メートルまで標高が低下しました。小さい過ぎるため、天保山が日本の地図より一時期消されていましたが、大阪市民がこれに対して怒り出し、強く反対したので、今日は日本一低い山である天保山はちゃんと地図に載っています。

今日、ジョギングの途中で初めて天保山公園に寄ってみました。今まで拝見した浮世絵にある天保山の描写のように、現在の観光地、また、そこから見える背景は、少しでもきれいか、とても楽しみにしていました。現代の停泊地、建物、そうして船舶を心の中で消すことさえできれば、江戸時代後期の天保山を想像できるかもしれません。近代、公園中に松と桜の木も新しく植えられましたので、初代歌川広重(本朝名所「大坂天保山」)などの浮世絵の中の近世天保山を少しイメージができます。

天保山の最高点を見つけましたが、地面に埋まっている踏み石にも言えず、小さい四角の花こう岩しかなかったのです。ちょっとびっくりしました。あるお祖父さんが僕のことを遠くから見ていて、間もなくそばに寄ってまいりました。「あそこの石に上ってみてください」と。お祖父さんの言う通りにしてみました。

「おめでとうございま〜す!」とお祖父さんが熱狂的に言いました。「本日、平成23年6月12日、あなたは数ある名山の中より日本一低い山、天保山、4.53メートル、を選び、登頂しましたので、その証を贈ります」と。すると本当に(素敵な絵はがき付きの)登頂証明書をくださいました!読んでみたら、天保山商店会、天保山愛護会、そうしてみなと秋まつり実行委員会が作って配っているものでした。その後、お祖父さんに感謝を申し上げてから走って帰りました。

今日、立派な天保山で本当に素敵な山登りでした。天保山の経験をして、「愛宕山」の太鼓持ちを見直しました。今更、全然言い過ぎじゃないと思っています。だって、歴史的な遊興地である、大阪への伝統的な水路の入口 (安治川) の印である天保山に誇りを1000メートル以上持つべきだと僕も思います。

近所にいる際、天保山公園に寄ってみる価値がありますよ。