Christmas Carving クリスマス木彫り

This year I enjoyed another Christmas Eve at Somemaru’s house.

During the day I helped with some cleaning and decorated Somemaru’s balcony with Christmas lights.

As evening approached, we turned on the Christmas lights, and prepared dinner, which included an appetizer of fried chicken, a longtime Christmas favorite in Japan thanks to the marketing department at Kentucky Fried Chicken.

The main dish was Hayashi-ya Rice, or hashed beef over rice, Somemaru-style. We began properly too; with sparkling wine and a toast.

And of course, after dinner came Christmas cake and tea.

As it is finally complete after several months of work, I chose this day to give Somemaru his wood carving. He seemed to like it, and that made me truly happy. (See below for captioned  photos of the carving.)

Somemaru also gave me a thoughtful gift this evening: a signed paperboard (shikishi) with a personalized greeting that reads, Matô ni ikiru shiawase (Happiness is living the way you see fit). [This is also a play on my name: Happiness is living like Matt.] 

Somemaru shishô, thank you for making Christmas special this year too.

今年も師匠のお宅で素敵なクリスマス・イーブを過ごさせていただきました。

昼間はちょっとした掃除をし、師匠のバルコニーにクリスマスのイルミネーションを飾り付けました。

夕方になってくると、イルミネーションをつけて、夕飯の準備に入りました。前菜がフライドチキンでした。

ケンタッキーフライドチキンのマーケティング部のおかげか、何十年前から日本のクリスマスと言えばチキンだというように、懐かしく感じられ、本当に愛されています。

今晩のメインは師匠の看板メニューであるハヤシヤ(林家)ライスでした。師匠がとてもおしゃれな方で、食べる前にスパーケリングワインで乾杯させていただきました。

その後、もちろん、クリスマスケーキと紅茶を。

数ヶ月前より削ってまいりました木彫りの作品がや

っと出来上がりましたので、今晩師匠にお渡しする事にしました。師匠が気に入ってくださった様で、僕はとても嬉しかったです。(作品の写真と説明を下にご覧ください。)

木彫りをお渡しした後、師匠がとても心のこめたプレゼントをくださいました。サインと千社札付きの色紙ですが、素敵なメッセージも書いてくださいました:「まとうに生きる幸せ。」

染丸師匠、今年もクリスマスをスペシャルにしてくださり、本当にどうもありがとうございました。

    

a-Oh NO〜ri あオーノーり

Today was a regular lesson day at Somemaru’s. In the a.m., we made a nice breakfast, Aisome and I cleaned house, got the shamisen and drums ready for lessons, and took care of students as they came in.

On a break I spoke to Somemaru about the so-called “old-men’s gags” (ossan gyagu). Most people in Japan (especially younger people) groan when they hear these pun-based jokes, but  the truth is – I feel – everybody in this country has a place in their hearts’ for them.

I bet if I had 100 yen for every time I heard someone pull an ossan gyagu on me with my own name (e.g. chotto Matto, or “wait a Mattit”), I would be a rich man today. Okay, I’m lying. But I would probably have close to 10,000 yen. And when I hear it, I groan and say, “oh not again,” but the truth is (confession time), I love it too. Every time.

Tonight for dinner we had Somemaru’s famous okonomiyaki (a savory pancake-style food, made with batter, diced cabbage, seafood, pork, and whatever else you want to put into it; a favorite in Osaka). Somemaru was nice to help me flip mine, and even helped me choose the toppings (sauces, seasonings) that would taste best.

Then, all the sudden, dinner was brought to a momentary halt.

Somemaru went to pass the ao nori (seaweed powder) to me, but, as the top of the package wasn’t sealed properly, half of the contents poured out onto Somemaru’s lap and food… I felt so bad, especially since he was being so kind to make my dinner an enjoyable one. Aisome and I jumped up and started cleaning. Fortunately, not all of Somemaru’s okonomiyaki was ruined, and we were soon back to a wonderful dinner.

Following dinner, after the dishes were done and Aisome and I were getting ready to leave for the evening, I couldn’t help recalling the ao nori episode at dinner, and the ossan gyagu conversation I had earlier in the day with Somemaru. Then it came to me…

“a-Oh NO〜ri!”  (ao nori + oh no!)

Hey, is that a groan I just heard?

I made my leave without sharing my new ossan gyagu with Somemaru.

Today was another very enjoyable day.

今日は、師匠のお宅で普段通りのお稽古日でした。朝は、一緒に美味しい朝食を作り、その後は愛染さんと家事をし、三味線や太鼓などを用意しておきました。生徒さんが着たら、皆さんのお世話させていただきました。

師匠の休憩のときに、いわゆる「あっさんギャグ」についてお話をしました。だいたいの日本人(特に若い人)、このだじゃれが中心となっているジョークを聞くと、うめき声のようなリアクションするのが多いですね。しかし、僕の意見ですが、日本人のミナさん、心の中で特別な位置を占めています。

ほんと、僕の名前を使ったおっさんキャグ(例:ちょっとマット)を言われたこと、ホンマにタクサンあります。言われたら100円もらえることにしたら、僕は今頃大金持ちになっているはずです。嘘ですね。でも、一万円ぐらいあると思いますよ。それを聞くと、僕もうめき声をあげて、「またか」と言いますが、実は(白状)、毎回、僕も好きなんです。

今日の夕飯は師匠の看板メニュー、お好み焼きでした。とても優しいことに、師匠が僕のお好み焼きをひっくり返してくださったり、上に乗せる一番美味しいもの(ソース、調味料)も一緒に選んでくださいました。

すると、突然夕飯が一時的に停止されました。

師匠が青のりを僕の方へ渡そうとなさりましたら、パッケージがちゃんと閉まっていなかったため、中身のほぼ半分が師匠の膝、お好み焼きの上に...こぼれてしまいました。せっかく僕がお好み焼きを美味しくいただけるようにしてくださっていたのに...師匠、本当にかわいそうでした。僕、愛染さんと飛び上がって、掃除をし始めました。幸い、師匠のお好み焼きの全て台無しにされなかったので、その後も素敵なディナーを続けられました。

食べ終わると、お皿を洗い、愛染さんと帰る準備をしていたら、夕飯中の青のり出来事を思い出さないではいられませんでした。師匠とさせていただいたおっさんギャグのお話も思い出しました。そして、考えつきました...

「あオーノーり!」(青のり+オーノー。=しまった!)

あら、もしかしたら、今聞こえたのは、うめき声

創作おっさんギャグを口にせず、そのまま帰らせていただきました。今日も師匠ととても楽しい一日でした。

Omelets, Shamisen, Maps, and Deer オムレツ、三味線、地図と鹿

Today I had a very nice day at Somemaru’s house.

He requested omelets for breakfast, so I stopped on my way to do some grocery shopping. Fortunately the omelets turned out okay. Okay, I will be completely honest: the first one was a flop — it looked more like a scrambled omelet — but that one went to me, of course.

After breakfast, Aisome and I cleaned the house and set out shamisen, etc., for a day of lessons. Now that I am spending most of my time on my research, I really miss being able to hear Somemaru’s shamisen and singing. Today was, therefore, a real privilege.

Somejaku (#5 deshi) stopped by Somemaru’s house today. It had been a while since I had last seen him, so it was nice to see and talk to him, too.

After shamisen lessons, we went grocery shopping, and then had fun preparing a wonderful dinner. After dinner, Somemaru shared with Aisome and I a great collection of Osaka maps. Maps in the set include pre-Edo-, Edo-, and Meiji-period reprints. On map after map he explained where scenes in rakugo stories occur. It was a treat to view the maps with Somemaru, and I am looking forward to taking my time to study them in the future.

Today Somemaru had a new hanging scroll up. This one is quite possibly my favorite yet. I was surprised when I saw Somemaru’s name signed on it, along with his personal seal. The deer in the scroll is great because he allows the viewer freedom to wonder why he is gazing upward. Is he looking at a crow in the tree above? Is he cooling his neck in an unexpected summer breeze? Is he trying to hear something deep in the woods behind him? This is a great scroll because it allows our minds to wonder, our hearts to play.

Thank you for another nice day, Shishô.

今日、染丸師匠のお宅でとても良い一日を過ごしました。

師匠がオムレツをリクエストなさったので、買い物して参りました。良かったことに、オムレツは何とか上手くいけました。まあ、正直に言いましょう:最初のオムレツが失敗でした。スクランブル・オムレツのような感じでしたわ。もちろん、僕がそれをいただきました。笑

朝食後、愛染さんと家事をし、お稽古のために三味線などを用意しました。最近、自分の研究をやっているので、前みたいにいつも師匠の三味線/唄を聴けなくて本当に残念です。だから、今日は真に贅沢でした。

今日、染雀さん(5番弟子)も師匠のお宅に寄りました。会うのは久しぶりだったので、会えて、話せたこともとても良かったです。

三味線のお稽古が終わったら、買い物に行って、それから師匠と楽しく料理をさせていただきました(今日も最高に美味しかったです)。その後、師匠が僕と愛染さんに珍しい地図のコレクションを見せてくださいました。その地図がリプリントですが、江戸前、江戸、そして明治時代の地図が沢山あり、それを見ながら、師匠が噺の場面がどこで行われるかということを教えてくださいました。本当に興味深い説明で、また近いうちにその地図をゆっくり拝見させていただきたいと思いました。

今日、気づいたら、師匠がまた新しい掛軸をかけていらっしゃいました。実は、いままで拝見させていただいた掛軸の中で一番好きかもしれません。見たら(驚)印鑑とともに師匠の名前が書いてありました!僕にとって、掛軸の中の鹿の素敵なところは、なぜか、自由に想像させてくれるところです。鹿がどこを眺めているのか思いめぐらせてくれるのです。上の木の中にある烏を見ているのですか。予期しなかった風に首を涼しくさせているのですか。後ろにある森の中に何か聞こえようとしているのですか。あれこれ思いめぐらせてくれる、そして心を遊ばせてくれるので、本当に素敵な掛軸です。

師匠、今日も素敵な一日、本当にどうもありがとうございました。

Weekend Cleaning 週末の掃除

Somemaru is off to Nagano for a show today, so I have the day off. I gave my own place a deep cleaning for a change, and kept the windows open for a good part of the day. Spring is certainly on its way!

今日は染丸師匠が長野で講演があるので、僕は休みをいただきました。今日はやっと自分と部屋に大掃除をして、ほとんど一日中窓を開けたままで過ごしました。春はもうすぐですね!

Yard Work Heart Work 庭掃除心掃除

Today Somemaru had another full day of shamisen and hayashi lessons. I helped with the regular lesson-related duties, and spent a couple hours outside doing yard work. I pulled weeds and organized the area behind the house. Nobody hardly ever sees this part of Somemaru’s property, but I think the back yard should get just as much, if not more, attention than the front; just as a person should spend time “polishing” their insides along with their outer appearance.

I spent a lot of time at my parents’ in recent years doing yard work… For some reason I have always felt purified after doing work like this, especially when it is for others. This morning Somemaru complimented the yard work I did for him last week, so that made me want to continue today. And, of course, the same good feeling followed today’s work. I’m especially glad that Somemaru won’t have to do it himself.

今日もまた、師匠が三味線とお囃子のお稽古で忙しかったです。お稽古関係の義務を手伝って、そうして二時間くらい庭の掃除をしました。雑草を抜いたり、家の裏側を片付けました。このエリアは師匠たち以外の人はあまり見ることはないですが、僕が思うには、家の裏庭を表の庭と同じように、いや、もっとケアするべきだと思います、人間も同じく、表面の部分を磨きながら心も磨くべきだと思います。

数年前からうちの親の庭の掃除を沢山してきました。なぜか、このような仕事をした後、心が清まった感じがします。特に他の人のために差し上げるときはそうです。実は今朝、僕が先週やった庭の掃除を染丸師匠が褒めてくださいました。それに対してとても嬉しかったので、その続きもしたくなってしまいました。もちろん、今日終わった後も、とても気持ちが良かったです。師匠が自分でやらなくてもいいということ、特に嬉しいです。