Back to the Books 机上に戻って

As I’ve written in prior posts, I’ve recently been urged by professors to spend more time focusing on “book work,” and writing my dissertation. It is true that my purpose for coming to Japan–thanks to a Monbukagakushô scholarship–is to conduct research for my dissertation. Of course, the time I spend day to day, morning to night, with Somemaru is anything but meaningless. I do learn an incredible amount while with him. Nevertheless, I have a major paper to write. Since it was very hard to speak to Somemaru about this directly, I sent him the following email yesterday afternoon:

Shishô,
I’m sending you this email today because I would like to discuss my future with you. As you know, I discussed my dissertation in the meeting with Prof. XX. He said that, from April, he would like me to make regular presentations on my research, and also take a course on early-modern literature.
This is very difficult for me bring up, but the reason I’m writing this email is to ask for time off beginning in March, so I can get ready for the beginning of the new school year in April.
Every second I get to spend with you is extremely important to me. The very thought of being away makes me sad. The fact that you have taken on an American such as myself, done so much for me, means an awful lot…
In my “desk studies” I have come to understand the way in which scholars perceive things, think, and write, but, as you’ve taught me, scholars often tend to over-categorize things to a point where the essence of the focus (rakugo) is lost.
I did not come to Japan to write a dissertation in this fashion. In order to be able to write a fine paper on Kamigata Rakugo and present it in the United States, it would make me extremely happy if I could continue to benefit from your expert advice.
Matt

Somemaru was very understanding in his reply, which included the following:

Okay. I guess you can’t study according to plans if you’re always by my side. Change your frame of mind and immerse yourself in your studies. Stay away from alcohol and women, and, of course, stay healthy.

So, though I am sure that I will continue to meet Somemaru to discuss my research, join him at shows, etc., from time to time, he is being kind to excuse me from full-time deshi responsibilities from March 1, so that I can focus on my studies and write. I will be sad not to see him everyday, but, as he instructed, I will work hard on my studies.

前のブログにも書いたんですが、最近教授たちに机上の研究・論文にもっと力を入れるように言われています。確かに、博士論文の研究のために文部科学省の奨学金のおかげで来日していす。勿論、毎日朝から晩まで師匠と一緒にいることは意味ないことではありません。師匠と一緒にいると様々なことを、大変勉強になります。それにもかかわらず、書かないといけない論文が...直接染丸師匠に話すことはちょっと難しかったので、昨日の午後に次のメールを送らせていただきました:

師匠、
今日は今後についてお話をさせていただきたく、メールを送らせていただきました。
ご存じのように、昨日立命館での◯◯先生とのミーティングで、今後の論文計画についてのお話がありました。
実は4月より研究会で定期的に発表することと、近世文学の授業に出るよう先生に言われました。
僕にとってはとても難しいことなのですが、4月の新学期に向けて3月からしばらくお休みをいただけたらと思い、メールを書かせていただきました。
師匠のもとで過ごせることは、僕にとって1秒1秒大切な時間で、そこから少し離れることを考えるだけで、とても寂しい気持ちで凹んでしまいます。アメリカから来た僕を受け入れてくださり、今まで大変お世話になったことは、僕の身に余るできごとでした。
今まで机上で学んできた学者のものの見方、考え方、書き方が少しずつ理解できてきましたが、それだけでは、師匠がおっしゃったように文節しすぎるところもあって、それによってテーマ(落語)の本質からどんどん離れていっているのも感じます。そのような論文を書くことが、僕の日本に来た目的ではなく、立派な上方落語の論文をアメリカで発表するため、今後ももし師匠のご助言がいただけたらとても嬉しいです。
真人より

師匠がとても優しいお返事をくださいました。その中に次の言葉も:

了解。ずっと私の手元にいると、思うように勉強もできないでしょう。ちょっと気持ちを切り替えて勉強に熱中しなさい。お酒と女に気をつけて、もちろん体にも気をつけてね。

ということで、研究の相談や落語のイベントなどのために師匠にたまに会うと思いますが、勉強する、または論文を書くように3月1日より毎日の弟子生活から師匠が休ませてくださいます。毎日師匠に会わないことはとても寂しいですが、彼がおっしゃる通りに、熱心に勉強します。

Advertisements

Reality Check 現実を把握させられて

Today Somemaru gave me the day off so I could go out to Ritsumeikan to meet with my research advisor. Though my advisor thinks the experiences I am having with Somemaru are wonderful, he suggested that that I start spending more time in the library with rakugo, and other related materials. I will also have to present my research regularly and attend classes in the grad school from April.

There is an fascinating (okay, maybe not so fascinating) conflict to be found in my research. It seems that the storytellers themselves often feel that it is scholars who have done damage to their art by insisting on picking apart rakugo and placing it into various categories. In a sense, some storytellers feel that scholars have taken the fun out of rakugo, therefore distancing it from the people it is intended for–the masses. On the other hand, scholars feel there must be some kind of theoretical or critical approach to rakugo. Simply appreciating it as it is does not constitute a substantial work on the art. Rakugo must be analyzed and placed next to similar arts.

I love most being with Somemaru, being in the rakugo world. I feel that it is here where I learn the most. However, I also I understand that, since I have chosen a path of so-called academia, I must follow that which my academic advisors instruct me to do. Then again, there is something, a hunch, that tells me that I have the best of both worlds in my research. I almost feel that I won’t be able to bring forth a fine piece of research if I don’t include the hanashika perspective. I feel that it would hurt my work if I don’t include the thoughts and guidance of a man such as Somemaru.

It is clear that I will not be able to able to continue as Somemaru’s full-time deshi, but I cannot begin to think of severing my ties with him completely.

今日は、立命館で研究のアドバイザーとミーティングがあったので、染丸師匠が休みをくださいました。今日のミーティングでアドバイザーが染丸師匠との経験はとてもいいことだと言ってくださったが、博士論文を時間通りに完成するためにこれから図書館で落語の資料とそれに関わる他の資料を研究した方がいいともおっしゃいました。それから、4月より研究会で定期的に論文の内容を発表して、大学院の授業にも出ることになりました。

面白いことに(まあ、あまり面白くないですけど)、僕の研究の中に対立があります。ある噺家によると学者が落語をバラバラに(分節・分類)したため、落語が傷つけられました。ある意味で学者が落語の愉しいところを壊して、芸を対象とする訪問者(大衆・庶民)より離しました。その一方で、学者の中、落語を説明するために理論的、また評論的のアプローチが必要と思っている人が多いです。落語の鑑賞だけは足りません。なぜか落語の噺を分析して、似ている芸の横に並ばないといけないみたいです。

もちろん、染丸師匠と一緒にいて、落語界にいるのが一番すきです。ここで誠に勉強になります。でも、いわゆる学問の道に入っているので、アドバイザーたちの言うことにも従わないといけません。しかしまた、研究の中で両方(実技経験・学問)からうまい汁を吸えることも可能でしょうか。確かなことは、噺家の見方を研究に含まなかったら、いい論文を書くことは難しいでしょう。染丸師匠のような方の考えとガイダンスがなかったら、僕のプロジェクトは崩れてしまうと思います。

フルタイムの弟子の生活は続けられないかもしれないが、染丸師匠と縁を切ることは考えられません。

Terrible Japanese and Calligraphy むちゃくちゃな日本語と習字

Somemaru is headlining at the daytime (hiruseki) show practically every day this week, so today was much like the previous hiruseki days that I wrote about.

Today Aisome departed early for the Hanjôtei. After he left Somemaru couldn’t find one of his personal seals, with which he wanted stamp a piece of artwork. I sent a text message to Aisome to see if he knew of its whereabouts. He did, so followed up with a thank-you text. His reply was, “I’ve been thinking lately, your Japanese is really a mess! Calm down a bit before you send messages…” Ouch. Before responding I checked my previous text, which was along the lines of “Thank you very mwaah!” (doimo arigatô gozaimasita). I could then only respond with an “I’m sorry, I’ll work on it.”

Perhaps in response to this, after a good laugh, Somemaru sat me down for a lesson in Japanese calligraphy. I’ve been using cheap calligraphy brush-pens to write letters for years, but I found out today that I was using them incorrectly all along. I had a great time, and learned a lot about brush-writing. Now I just need to practice! Thank you very much Somemaru.

After this we made our way to the Hanjôtei. Somemaru performed the story Nedoko (The [Stolen] Bed). After the show Somemaru invited the entire cast and crew out to dinner at a nearby restaurant. We got home by 7pm and ended the day with tea and cake.

今週、染丸師匠はほとんど毎日繁昌亭の昼席のトリをなさっているので、今日はこの前の昼席の日に似ているような一日でした。

今日、愛染さんは早めに繁昌亭に出かけました。その後すぐ、師匠が印鑑が見つからなかったので、僕は愛染さんの携帯にメールを送ってみました。印鑑のゆくえを教えてくれたので、お礼のメールを送りました。愛染さんの返事は「こないだから気になってたけど、日本語むちゃくちゃやで。落ち着いてメール送りや。」と。イタッ。それにお返事する前に、さっき送ったメールをチェックしました。やっぱりおかしかった。「どいもありがとうございました。」ということで、謝るしかなかったです。

僕のミスについて師匠と一緒に笑って、その後師匠は僕の日本語の勉強に役立つことを教えてくださいました。習字のお稽古をつけてくださったのです。何年前から、手紙を書くときに安い筆ペンを使っているんですが、ずっと間違えて使ってきたことをやっと今日分かりました。お稽古はとても楽しかったし、筆の使い方について大変勉強になりました。これからは沢山練習しないといけませんね。染丸師匠、本当にどうもありがとうございました。

この後、師匠と繁昌亭に向かいました。今日の噺は「寝床」でした。昼席の後、師匠は噺家もお囃子さんも全員誘って、近くのレストランで打ち上げをしました。夜7時ごろに帰って、一日の仕上げはティー&ケーキでした。