“I’m happy he’s better! o(^-^)o”「お元気になられてよかった o(^-^)o」

Hayashiya ichimonkai Jan. 2013Since the beginning of November, Somemaru has been working hard every day to make a full recovery from his stroke. His hard work has paid off. On January 12, Somemaru delighted a packed audience with one of his favorite stories at the Hayashiya School New Year Showcase.

I was happy to read Tweets from fans who attended the show, like the following:

@kumakosuki The “Hayashiya School New Year Showcase” at the Hanjôtei just ended. Master Somemaru was headliner. Compared to before, his articulation was just a tiny bit… but as he kept talking I completely stopped noticing. He was thoroughly amusing, and his melodies were superb. Niban senji lasted a full 30 minutes and was full of laughs. I’m happy he’s better! o(^-^)o

After the show, Somemaru wrote the following in his blog, Nikikishi.

Appreciation for a Full House at Our Showcase (January 13, 2013)

Yesterday our ichimon-kai was so packed that they had to put out extra seating. I would like to extend my warm thanks to my fans for all their support. Unfortunately, I caught a cold before the show, so I should apologize for my voice being a little hoarse. Thanks to so many loud shouts of encouragement, I was finally able to make it through a story. As I pushed on in a loud voice, for some reason, I started sounding kind of like Master Shokaku VI.¹ Master Shokaku looked after me from the time I was young, so maybe he had come back and was on my shoulder saying, “Hey, get with the program!”

. . .  Today the professional sumo tournament got underway. My, the wrestlers seem especially spirited on day one. Like them, I will keep at it, driving forward in full force. Thank you for your continued cheers of support in 2013.

I am very happy that Somemaru is better, and I am extremely excited that I will be able to see him again next month.

早くご復帰できるように、11月の初旬から染丸師匠は毎日リハビリをなさってきました。先日、「新春林家一門顔見世興行」でお好きな落語ができ、大入満員の客を大変喜ばせました。

一門会に行ったファンがツイッターでもコメントを書き、これを読んだときに心が温まりました。

@kumakosuki: 繁昌亭での『新春林家一門顔見世興行』終わり~トリの染丸師匠はほんの、ほんのすこぅし以前に比べ滑舌が… 話し進むうちに全く気にならなくなって、ほこほこ面白く節回し見事で笑いいっぱいの「二番煎じ」を30分たっぷり。お元気になられてよかったo(^-^)o

師匠もその後、「ニッキ紙」で次のような文章をお書きになりました。

一門会満員御礼(2013年1月13日)

昨日の一門会には補助席を出すほどの大入ご贔屓を賜わり厚く御礼申し上げます。私が風邪を引いてしまいまして、ちょっと声が枯れかけて申し訳ないことでした。皆さんの大きな声援に支えられてやっと一席終えることができました。頑張って大きな声をはりあげてやってますと、何故か六代目松鶴師匠みたいな感じになりました.¹  若いときから可愛がっていただいた松鶴師匠が『おいしっかりせえよ』と私の肩に乗り移って下さったのかもしれません。

. . . 今日から大相撲初場所が始まりました。何か初場所初日のお相撲さんはとても気合が入ってるように感じました。私もしっかり気合を入れて頑張っていきます。どうぞ今年もご声援よろしくお願い致します。

師匠がお元気になられて、本当〜によかったです。来月師匠に再びお会い出来ることも心より楽しみにしております。

¹ Shôfukutei Shokaku VI (1918-86) has been dubbed one of the four greats (shitennô) of post-World War II Kamigata rakugo. 六代目笑福亭松鶴 (1918-86) は、戦後上方落語の四天王の一人といわれる。

Hanashika-san da yo〜「噺家さんダヨ〜」♫

Despite the threat of a little rain, it appears that the 2012  Hikohachi Matsuri was once again a great success. Like every year, Sumiyoshi odori — led by Somemaru — was a crowd favorite. Fortunately, it was sunny and warm during the dance set.

It was sad not being there this year, but I was thrilled to find some video clips of the festival on YouTube (click photo for siratosaburou‘s video). It is wonderful to see Somemaru’s happy smile, looking great as emcee and dancer. Particularly funny is the final number, the newly choreographed Hanashika version of the dance Yakkosan/Anesan. Somemaru and Katsura Sankin had the audience rolling with laughter.

Nice work everyone! You look great!

雨が降る恐れは少々あったにも関わらず、2012年の彦八まつりは大成功だったそうです。毎年と同様、染丸師匠が担当する「住よし踊」がお越しのお客さんの最もお気に入りでした。幸運にも、舞台のときは暖かくて、晴れていました。

今年、僕も参加できなかったことはとても寂しいのですが、YouTubeでまつりのビデオをいくつか見れたので、嬉しかったです(siratosaburouさんのビデオは上の写真をクリックしてご覧ください)。師匠のお元気なお顔、司会と踊りも拝見でき、とてもよかったし、安心しました。ビデオで見た一番おもしろかったのは師匠の「奴さん•姉さん」の続き、新作「噺家ダヨ!」でした。その中、師匠と桂三金の爆笑エピソードもとてもよかったです。

皆様、ホンマにおつかれさまでございました。かっこよかったで~す。

Dear Japan, So Long 日本よ、行ってまいります

20120330-092520.jpgLast night I had a wonderful time at Somemaru’s. The food was delicious, and I received a beautiful parting gift from the Hayashiya ichimon.

I have to head to the airport today, so I will share more details once I am in Portland.

Thank you Somemaru, thank you Hayashiya ichimon, thank you everybody in Japan, thank you Japan.

Okay… I’m sad to leave, but off I go.

夕べ、染丸師匠のお宅での歓送会は本当に素敵なひと時でした。お料理もとても美味しかったし、林家一門から美しいお餞別までもいただきました。

今日は空港に向かわないといけませんので、ポートランドに帰ってから細かいことを書くことにさせていただきます。

師匠、林家一門、日本の皆様、日本よ… 大変お世話になりました。本当にどうもありがとうございました。

では、寂しいですが、行ってまいります。

 

Ômisoka&Gantan 大晦日&元旦

Just like last year, this year I spent Ômisoka (December 31) and Gantan (January 1) at Somemaru’s house. This is a very busy, but very enjoyable time of the year.

One reason I like New Year (Oshôgatsu) in Japan is that it is a time of togetherness for most families. It is the one time of year when the majority of stores close and people are able to focus on things other than work and the commercial world outside their doors. This is also a time when a good deal of the country flocks to local temples and shrines for New Year’s blessings, buying amulets for any number of things, such as commuter safety, help finding true love, having successful childbirth, passing high school and college entrance exams, and so on.

One soon learns that Japanese people (or at least NHK) take Oshôgatsu seriously when they observe the way the wildly popular annual music program Kôhaku uta gassen comes to a sudden, anticlimactic end at Countdown: 10, 9. 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1… CUT TO QUIET, SOLEMN SHOTS OF TEMPLES AROUND THE NATION.

Ômisoka and Gantan at Somemaru’s are not exactly solemn, but he does adhere to old customs as far as food (osechi) preparation and ceremonial sake (otoso) pouring goes. Pupils in training and children receive money gifts (otoshidama), and the list of customs followed goes on. Again, togetherness is key. This is the best thing about the holiday.

On Ômisoka I spent the entire day assisting Somemaru with osechi preparation, making enough food for about 40 people. Somemaru does all the cooking himself, working all day in the kitchen, hardly taking a break. Actually, I had to remind him to take a break from time to time. On one of our breaks we enjoyed toshikoshi soba, long buckwheat noodles, an Ômisoka must.

I went home late and returned early the next morning to help with more preparations before Somemaru’s pupils began arriving with their wives and children.

Soon everybody had arrived and the New Year’s banquet was underway. I helped by making sure food and drinks never ran out, and washed a great deal of dishes. Of course I was also allowed to partake in the delicious food and drinks. All of this was wonderful, and the banquet felt like a huge family gathering. Indeed, everybody had a fabulous time, starting off the New Year in grand fashion. I especially enjoyed playing with the children, two of them promising to return to America with me.

The festivities lasted well into the night. I stayed until the end to help clean up, getting home just before midnight. When I looked in the mirror, I realized I still had a smile on my face.

I have a feeling the Year of the Dragon is going to be a special year.

昨年と同じように、大晦日も元旦も染丸師匠のお宅で過ごさせていただきました。とても忙しかったですが、大変楽しいひとときでした。

僕は日本のお正月がとても好きです。なぜかと言うと、多くの家族にとって一体感の強い時期だからです。そして、お店のほとんどが戸締めするのは年内この時期だけで、人々が仕事や家の外の世界よりもっと大事なことを考える余裕ができます。この時期に多くの日本人が神様から新年の恵みをいただくために近くのお寺や神社に飛んで、それぞれの交通安全、恋愛、出産、高校や大学合格、等々のお守りを買い求めます。

毎年放送される大人気音楽番組の最後に行われるカウントダウンを見たら、日本人(あるいはNHK)がお正月をどれほど深く思っているかすぐわかります:10,
9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1 . . . 全国の静かで厳粛たる寺々のカット。

事始めがあるので、大晦日と元旦は一大行事とは言えませんが、師匠のお宅では昔から守られてきた習慣に沿って行事を行います。例えば、お節料理を準備し、お屠蘇もいただきます。お弟子さんやお子さんもお年玉をいただき、等々。ここでもやっぱり人々の気持ちの一体感が大事です。僕にとってはこの一体感が一番印象的です。

大晦日に師匠と一緒に40人前くらいのお節の準備の手伝いをさせていただきました。実は、師匠が準備を全て自分でなさって、ほとんど休まずにずっとキッチンにいらっしゃる料理長でいらっしゃいます。師匠はお疲れじゃないかなと思いながら、何回か休憩なさるようお願いしました。本当にお元気ですね、師匠。ある休憩時間に師匠から年越しそばを御馳走になりました。

大晦日の夜に帰り、元旦にお弟子さんとそのご家族がお見えになる前、最後の準備をするため、元旦は早く伺わせていただきました。

間もなく、皆さんがお見えになり、宴会がどんどん盛り上がりました。僕の役割りはそれぞれの食べ物と飲み物が無くならないようにすることと、お皿洗いでした。もちろん、僕も美味しいお節料理とお酒をたっぷりいただけました。いや、本当に楽しくて楽しくて、大きいファミリー・ディナーの様でした。皆さんがとても楽んでいたたようで、一年の始まりとしては、最高でした。最も楽しかったことは、お子さんたちと共に遊んだことで、その中の2人が僕と一緒にアメリカ行くという約束をしてくれました(笑)。

年始会が夜遅くまで行われていて、その後の片付けも手伝わせていただきました。0時前に家に着き、鏡を見ていたら、自分の笑顔がまだまだ残っていることに気づきました。
辰年がとてもスペシャルな一年になる気がします。

Congratulations Somemaru 師匠、おめでとうございます

Tonight I attended the Kiwametsuki Somemaru no kai, the show held to commemorate Somemaru’s 45th year as a hanashika, and 20th year with the professional name Somemaru.

The show was more wonderful than I could have anticipated. I — and the packed Nanba Grand Kagetsu Theater — was dazzled all night. It was obvious that much work went into making this an unforgettable show.

I was honored to be part of the audience, and am honored to call Somemaru my shishô.

Somemaru shishô, congratulations on a terrific show, and on 45 years of rakugo. May you remain healthy and prosperous for years to come!

今晩は、師匠の噺家生活45周年、襲名20周年を記念する「極めつき染丸の会」を聴きにいかせていただきました。

言葉ではすべてを表現するのができないほど、本当に素敵な会でした。なんばグランド花月劇場の大入り満員と共に、最初から最後までたっぷりと楽しませていただきました。一生忘れられない記念会でした。染丸師匠、三枝師匠、八方師匠、大助花子師匠、そして皆さん、本当におつかれさまでございました。

今日の公演に行かせていただけたことも、四代目林家染丸師匠を師匠と呼ばせていただいていることも、まことに光栄でございます。

師匠、今晩の会、そして噺家生活45年、本当におめでとうございます。これからもずっ〜と、お元気で、今後の益々のご活躍を心よりお祈りしております。