Golden Oldie Finds 懐かしいもの発見

photo-50

I was organizing some of my things today and came across some  golden oldies. For instance, I found a few Bunshi V name strips (senja fuda) and an “Encircle Katsura Kobunshi Club” (Katsura Kobunshi o kakomu kai) membership card! Happy finds indeed.

今日、身の回りのものを整理していたら、懐かしいものがたくさん出てきました。例えば、五代目文枝師匠の千社札や「桂小文枝を囲む会」の会員証までも!嬉しい発見ですね。

Sanshi Book Review 三枝師匠の本 書評

"Shishô, Godaime Bunshi e" (Katsura Sanshi)Last year I wrote a post about the publication of Katsura Sanshi’s (now Bunshi VI) book titled Shishô, godaime Bunshi e (To My Master, Bunshi V [Yoshimoto Bukkusu, 2012]). Since I’ve read it, perhaps it is time I share my thoughts on the book. Please note, these are my own views.

What I got from the book was probably what Sanshi wanted to get from writing it — to know Bunshi V better. Sanshi didn’t know Bunshi V well because he ended his formal training for show business even before a year had passed.

Sanshi obviously felt guilty about taking his master’s name. Before doing so, he wanted to get a concrete idea about who Bunshi V was, and make it clear to readers that he would not be able to become the same person. He also wanted to create an image that he had received unanimous approval from the entire Bunshi V school (19 other members) for his name change.

The bulk of the book consists of interviews with all of Bunshi V’s pupils, in chronological order, with the exception of his interview (dialogue rather) with Katsura Bunchin, the other Bunshi V pupil who has become rich and famous through broadcast media. I found it somewhat suspect that Bunchin was saved until last.

Sanshi’s interview questions frequently seem loaded, geared toward alleviating his own doubts about taking such an illustrious name. His comments, too, seem motivated by a desire to show that he was indeed Bunshi V’s #1 pupil (in every sense of the word), one his master could be proud of.

There is constant focus on the fact that Bunshi V let pupils be “free” (jiyû ni saseru) and do just what they wanted, and that he himself focused energy on non-rakugo and rakugo-fusion projects. However, Sanshi hardly mentions the fact that Bunshi V, down to his core, was all about rakugo and passing on a tradition.

Bunshi V allowing pupils to be “free” was not a result of him being a kind, giving man, as Sanshi leads readers to believe. In my opinion, this was Bunshi V’s way of saying nicely, you don’t have what it takes to do rakugo as it should be done, so, feel free to find your own way. Essentially, Bunshi V was “raising” them by tossing them out (sute-sodachi). In doing this, it was always Bunshi V’s hope that they would one day return to rakugo proper.

I was disappointed that Sanshi did not research/write the closing section on Bunshi V’s art and life (Godaime Katsura Bunshi: Sono gei to hito). He hired a scholar to do this. The fact that Sanshi didn’t take this task on himself told me that he still hadn’t learned who Bunshi V was, or wasn’t interested. Nevertheless, it was not Sanshi’s goal to learn Bunshi V’s art, or become him.

Godaime Katsura Bunshi: Sono gei to hito is quite scholarly. This,  along with the painstakingly detailed timeline and performance history, are very informative. The interviews, however, are the most valuable part of the book. Though Sanshi’s questions often seem loaded, there is much said that transcends them. I especially enjoyed the interviews with Bunta and Bunza. All interviews serve — more or less — as dialogues (geidan) on Bunshi V’s art.

I conducted a formal geidan interview with Bunshi V on his art for my master’s thesis in Japan. As far as I know, nobody else has done one, or at least published it. From the geidan I conducted, and from my personal conversations with Bunshi V, I know well that he was an extremely giving man. He hated to tell people no. His acceptance of me as a minarai is perfect example of this. After all, Bunshi V had better things to than teach an American kid about rakugo.

I also know that Bunshi V was concerned about the future of Kamigata rakugo, that fewer hanashika were doing stories with hamemono, that there was no formal yose in Osaka. If Bunshi V could see it, he would be relieved that the Hanjôtei is now in operation. He would be pleased that Somemaru IV has more than doubled the number of  professional shamisen players. He would be proud that there are some hanashika are carrying on the tradition of rakugo that he loved most.

Sanshi has taken his master’s name, but he will not carry on the Bunshi V tradition. It is clear in his closing statements, though, that he is okay with this. Why? Because considers himself the “New Story” (shinsaku) Bunshi — Sanshi’s repertoire consists almost entirely of stories he wrote — and wants posterity to remember him as the man who made the classics of tomorrow. Whether this will happen, only time can tell.

Did Sanshi get to know Bunshi V better by writing Shishô, godaime Bunshi e? Perhaps. More than this, Sanshi learned about Bunshi V’s other pupils, and that they shared a number of experiences with each other. He also found that he didn’t have many of the experiences others did. Still, by meeting each individual and asking the questions he wanted, Sanshi found a way to feel better about moving ahead with the ascension to Bunshi VI.

Bunshi VI at press conf. May 23, 2013 (property of Daily News)According to Daily Sports Online, Bunshi VI held a press conference on May 23, in Osaka. He eagerly told reporters that he will be hosting the “Namba Grand Kagetsu Bunshi Festival” on July 17, to celebrate his seventieth birthday and commemorate a full year with his new name. He also announced that he would be featuring “The Man Who Summons Storms: The Ishihara Yûjirô Story” and a new rakugo piece “Dear Friend” (Tomo yo).

At the very end his 2012 book, Sanshi writes, “I will do my best not to soil the name Bunshi, and bring even more honor to it.” In order to accomplish this, I think he will need work hard to study Bunshi V’s rakugo, and transmit Bunshi’s most popular stories and artistic style to the next generation. If there is no transmission, the tradition will die out. Of course, it is an entertainer’s job to sell oneself, and promote their own style. However, more important than this is preserving the Kamigata tradition. Especially if your name is Bunshi, indeed, one would like to see you bringing rakugo classics to the stage.

去年このブログで、桂三枝師匠の本「師匠、五代目文枝へ」(ヨシモトブックス 2012)についての記事を書きました。今日は読み終えた感想をアップしたいと思います。あくまでも、これは個人的な見解です。

僕がこの本を読んで得たものは、三枝師匠自身がこの本を書いて得ようとしていたものと同じだと思います。それは、五代目文枝師匠のことをもっと知ることです。三枝師匠は正式な修行が終わるのを待たず、一年も経たないうちに芸能界へ飛び出したため、文枝師匠のことをよく知る時間はあまりありませんでした。

三枝師匠は、自分の師匠の名を襲名することに明らかに罪悪感を感じ、六代目になる前に文枝師匠のことをもっと知ると同時に、自分は五代目と同じような噺家にはなれないということも読者に伝えたかったのだと思います。また、文枝一門(三枝師匠を含めて20人)を揃えて、自分が襲名することをみんなに認めてもらっているというイメージも見せたかったのでしょう。

この本の中では文枝一門とのインタービューが順番に載っていて、それが本の大半を構成しています。しかし、三枝師匠と同様、マスコミの仕事をメインにしセレブになった、3番弟子文珍師匠のイタービュー(対談というか)が最後を飾っており、あえてそれを最後に持ってきたのではないかと疑わしく思いました。

三枝師匠のインタービューの質問は、誘導的なものが多く、輝かしい名跡を襲名することに対する自信の無さを軽減するための質問でもあるかのように少し感じました。彼のコメントですが、その行間を読めば、自分は文枝師匠の1番弟子(全ての意味で)であり、そして文枝師匠が自分のことを誇りに思っているということが読み取れました。本の中で、よく語られるのは文枝師匠が多くの弟子を自由にさせ、好きにさせたこと、また本人が落語以外の活動や落語を融合させた別のプロジェクトにも熱心だったことです。ですが、三枝師匠はとても大事な点にほとんど触れていません。文枝師匠にとっての核は古典落語であり、伝統のある落語を伝承することが何より大事だったということです。

文枝師匠が弟子を自由にさせたのは、師匠が心の広い、優しい方だったからと三枝師匠は暗示していますが、それはちょっと違うのではないかと思います。伝承落語には向いていない、だから工夫をしながら自分の道を見つけなさい、ということを優しい言い方で表したのではと思います。つまり、「捨て育ち」をしました。外で大きくなることを期待しながら、ある日正統な落語に戻ることも望んでいたのではないかと。

本の最後の方に「五代目桂文枝、その芸と人」というセクションがありますが、三枝師匠はこれを自分で研究、執筆せず、学者に任せたことに、いささかがっかりしました。この課題に取り組まなかったことによって、三枝師匠はまだ文枝師匠のことを理解せず、興味もないのではないかと感じさせました。この本を出す三枝師匠の目的は文枝師匠の芸を身につける、師匠のようになることではなかったと思えば、それはいたしかたありませんが。

一方で、「五代目桂文枝、その芸と人」はとても学問的で、年表も口演記録も非常に興味深いものでした。ただ、やはりこの本で特筆すべきは、三枝師匠が行なったインタービューではないかと思います。誘導的な質問が多かったにもかかわらず、文枝師匠一門の方々から質問内容以上の答えが返ってくることも多々ありました。その中でも、文太と文三のインタービューが特によかったです。全てのインタビューは(程度の差はありますが)文枝師匠に関する芸談が主でした。

僕は以前、日本の修士論文のため、直接師匠の芸談を取らせていただいたことがありました。僕が知る限りでは、師匠の芸談はこの他はないと思います。もしあるとしても、それはまだ出版されていないと思います。師匠が語ってくださった芸談、そして個人的なお話の内容を思うと、文枝師匠が並外れて寛大な方だったということを思い出さずにはいられません。他の人からのお願いごとを断るということはあまりなさらなかった気がします。そのいい例の一つは、日本人ではない僕を見習いにしてくださったということです。僕みたいなアメリカ人のガキに落語について教えるより、きっともっとやりがいのあることがたくさんあったに違いありません。

文枝師匠はよく、上方落語の将来、そしてハメモノを生かしている噺家がどんどん減っていること、大阪に正式な寄席がないこと、そのような心配を僕にも伝えてくださいました。今、もし師匠が繁昌亭をご覧になったら少し安心なさるでしょうし、四代目染丸師匠がお囃子さんの人数を倍以上増やしていることもきっとお喜びになるに違いありません。また、ある噺家が文枝師匠の芸風を伝承し、高座で演り続けていることも誇りに思われるでしょう。

三枝師匠は自分の師匠の名を襲名しましたが、名が継承されても、五代目文枝師匠の伝統が継承されないことは確かです。三枝師匠がそのことをあまり気にしていないことはあとがきなどで明らかになります。何故でしょう。三枝師匠は自分が「新作の文枝」であり(三枝師匠のレパートリーはほとんど創作)、「新しい」古典を残すのが彼の役割だと思っているからでしょう。三枝師匠の数多い創作落語が今後残って行くかどうか、それは未来の歴史が教えてくれることです。

「師匠、五代目文枝へ」を執筆して、三枝師匠は自分の師匠をもっと知ることができたのでしょうか。そうかもしれません。しかし、それよりも兄弟弟子のことをもっと知り、同じ一門である彼らと同じような経験をしたこと、一方で同じ一門でありながら彼らと同じような経験ができなかったことも分かったでしょう。そして、門人一人一人と会って、自分が聞きたい質問をすることによって、三枝師匠は六代目文枝になる自信を得たかもしれません。

ところで、デイリースポーツによると5月23日に六代目文枝師匠が大阪で会見し、70歳を祝う古希と襲名一周年記念を迎える7月16日に「三枝改メ六代 桂文枝襲名1周年記念『文枝フェスティバルinなんばグランド花月』」を行い、そこで「嵐を呼ぶ男 石原裕次郎物語」と新作のネタ「友よ」をやると意欲的に発表した。

最後に、三枝師匠が「文枝の名を汚さぬようにさらに高めてゆく」と書いていますが、そうするには、一生懸命五代目の落語を研究し、文枝師匠の十八番と芸風を次の時代に伝承するしかないと思います。伝承しない限り伝統はなくなっていく。自分のことを世間に知ってもらい、自分の芸風を広めることはもちろん、芸人の仕事ですが、落語家として上方落語の伝統を守っていくことは何よりも大切なことです。特に、文枝という名前を襲名した限り、ぜひ、古典落語も高座にかけていただきたいと思います。

Tarento-Hanashika タレント・噺家

Yamasaki Hôsei, property of Today I learned on Twitter (@rakugonews) that the popular Yoshimoto comedian Yamasaki Hôsei (44, a.k.a. Yamachan) will soon begin a rakugo apprenticeship under Kamigata rakugo master Tsukitei Happô. Yamasaki’s rakugo name will be Tsukitei Hôsei.

It is no secret that aspiring performers occasionally try to use the rakugo world as a stepping stone to reach the more lucrative world of TV and other popular media. After all, formal rakugo training can offer a number of the tools necessary in becoming good talkers and marketable entertainers.

Interestingly, there seems to be a pattern developing for so-called “tarento,” generally TV personalities and/or comedians, to come to the rakugo world for training. It was not terribly surprising earlier in the year when Watanabe Atsumu (43, a.k.a. Nabe’atsu) entered the artistic school of hanashikatarento Katsura Sanshi (now Bunshi VI), but I was a little surprised when I heard that Yamasaki will be joining Happô.

The big question is WHY? Rakugo offers limited exposure and therefore cannot promise the kind of returns regular work in TV can bring. So, if it’s not about money, is it about the genuine desire to improve one’s art? Could it be about a fondness of rakugo, or genuine concern for the art’s future? Is it about personal legacy, or is it simply a gimmick?

Perhaps Katsura Sanshi’s relative absence from and successful return to Kamigata Rakugo following an illustrious 30+ year career in TV, and his recent ascension to his master’s name insprired tarento to think they too could make it as hanashika. Or maybe the current rakugo boom is affecting even TV stars.

According to Mantan Web (Yomiuri Shinbun Digital), Yamasaki has long had a strong desire to challenge himself with something other than working as a tarento. In addition to his friend Higashino Kôji suggesting rakugo rakugo in 2008, he also listened the late Katsura Shijaku’s version of the rakugo story Kôzu no tomi. This made him realize the appeal that rakugo has.

Whatever the reasons tarento want to become hanashika, one thing is clear. They will bring new fans to rakugo. We can only be grateful for this. The thing that is not clear, however, especially since they are also continuing their “day jobs,” is the impact they will have on the rakugo world. Will they ever be able to perform the kind of rakugo old rakugo masters and die-hard rakugo fans expect, or will they help redefine rakugo in a new era?

I like rakugo, so I would like to cheer them on in either case. There may be something fun in all of it.

今朝、ツイッター (@rakugonews)でこんな記事を見ました。吉本のお笑い芸人、山崎邦正(44、愛称 やまちゃん)が2013年1月より月亭八方師匠のもとで落語修業を始め、落語芸名は「月亭方正」となる…

テレビや他のメディアで活躍すると出る杭は打たれると思われ、落語という違う分野を踏み台に使う意欲的な若い芸人もいたりします。話し上手になり、芸能界での処世術も落語修業中に学べるからでしょうか。

しかし、面白いことに、最近はこれとは逆のパターンがよく見られます。既に知名度のあるタレントが落語の世界に入り、一から修業を始めているのです。渡辺鐘(43、愛称 ナベアツ、 芸名 桂三度)氏が、噺家・タレントである桂三枝(現 六代文枝)師匠の一門に入ったことにはあまりびっくりしませんでしたが、山崎氏が八方師匠に入門するニュースを聞いた時は、ちょっとびっくりしました。

僕の疑問はただ一つ、ナゼ〜?です。落語では顔はそんなに広げられないし、テレビでレギュラーを持つほどお金も入らないし。お金のためじゃなければ、やはり自分の芸を磨くためでしょうか。落語が好きとか、落語の将来を心配しているとか…または個人の名誉のため、はたまた何か思惑があってのことなのか...

六代文枝師匠が修業を始めて1年も経たないうちに芸能界の世界に入り、30年ほどテレビで活躍しましたが、その後、上方落語に戻ってきて自分の師匠の名前を襲名しました。これを見て、他のタレントも噺家になろうと思ったのでしょうか。または上方落語がテレビの中で活躍してきた芸人を魅了しているのでしょうか。

マンタンウェブ(毎日新聞デジタル)によりますと、山崎さんは以前からタレント以外の活動にも挑戦したいという強い思いを持っており、08年に友人の東野幸治さんの勧めもあって故・桂枝雀さんの落語「高津(こうづ)の富」を聴き、落語の面白さに目覚めたそうです。

タレントがなぜ噺家になりたいのか、その理由は別にして、はっきりしていることが一つあります。それは、タレントは新しい客を寄席に連れてきてくれるということです。これは本当にありがたいことです。さらに、彼らはタレントという「本職」を辞めないからこそ、彼らが落語会に与える影響は未知数です。果たして、彼らは落語の大師匠、そして根っからの落語ファンに納得してもらえるような落語ができるようになるでしょうか。落語の新しい幕開けを迎えることができるのでしょうか。

僕はとにかく上方落語が好きということで、新しく噺家になるタレント・噺家も応援したいと思います。何か面白いことがあるかもしれません。

Filled with Gratitude 感謝の気持ちでいっぱい

It’s been one week since we had our show at Portland State University. I’m still on an incredible high, first because it was so much fun, and second because I was able to realize my dream of  putting on my own rakugo show in the United States.

I have many people to thank for supporting me in this endeavor, but I feel most indebted to Katsura Bunshi V and Hayashiya Somemaru IV, whose shows and styles were the inspiration for this show. Of course, I could never come close to their level of mastery and delivery, but I am tremendously grateful to them for all they taught and showed me.

I told my audience that it felt strange and daunting to go from being an observing apprentice with little of my own actual rakugo performance experience, right into the role of “master.” I was constantly humbled because there is still so much I don’t know. And I gained even more respect for all the professionals who make rakugo their lifelong career. I learned this time, more than ever, that it takes a LOT of work not only to train, but also to produce shows.

We had about 150 people in the audience last night. It was incredibly rewarding to teach people in the community about rakugo and yose. It also felt wonderful to be able to make people laugh. And when I didn’t get the laughs I was hoping for, I learned something from that, too. All this made much clearer to me what pro hanashika go through on a day-to-day basis.

My students made me very proud. They worked very hard to learn their rakugo or iromono (other variety acts), not to mention all the hayashi instruments in less than three weeks. One talented student even mastered two songs on shamisen so that I too could have live debayashi (entrance music).¹

It would seem that everybody involved in putting on the show, and those in attendance, had a great time. This makes me happier than I can say. And it looks like I will have another chance to produce a rakugo show at Portland State next spring, on May 24. I will continue studying and will work hard to make it an even better show.

ポートランド州立大学での落語会から、一週間経ちました。とても楽しかったし、アメリカで落語会を開くという夢が叶ったし、まだまだ空に浮いている気がしますな。

色々な方や団体に感謝を申し上げないといけませんが、特に感謝している方は、二人いらっしゃいます。それは五代目桂文枝師匠と四代目林家染丸師匠です。今回の落語会はこのお二方、そしてそのご活躍と芸風からインスピレーションをいたただき、できるだけ師匠たちの真似をしてみました。もちろん、師匠たちの技能や演り方に近づくことはできませんが、僕にたくさん見せてくださったこと、教えてくださったことを、心より感謝しています。

先週の落語会にいらっしゃったお客様にこう言いました。見習い、臨時弟子の状態から仮にも今は学生たちからは「先生」と呼ばれる、いわば「師匠」という新しい立場に飛び込む気持ちは真に不思議で、難しさも感じます。分からないことはまだ多いし、自分の能力の低さを大変強く感じます。と同時に落語を一生の職業にするプロたちへの尊敬感もまた深めました。自分の落語会を開くことによって、お稽古、そして落語会をプロデュースするのに、どれほどの時間と体力が必要かが身にしみて感じられました。プロはとにかくパワフルでスゴイと思います。

客席に150人ぐらいお越しくださいました。自分の町の方々に落語、そして寄席について紹介できたことは、真にためになる経験となりました。人を笑わせるということは、やはりいいですね。例えうけなくても、それもいい勉強になります。これらのすべての経験は、プロの噺家が毎日毎日経験していることで、僕も片足だけでも同じような経験ができたので、本当にありがたいです。

僕の生徒さんのこと、誇りに思っています。落語、色物、そして寄席囃子までも、3週間以内に覚えてくれました。ある生徒はなかなか天才的で、僕も生出囃子で登場できるように三味線を二曲も覚えてくれました。¹

参加した生徒たちもお客様も、楽しんでくださったようで、何より嬉しいです。ところで、来年の春の5月24日にもまた、同大学で落語会を開くことになりました。僕はまだまだ未熟ものなので、これから一生懸命勉強して、頑張ってもっと楽しんでいただけるような落語会をお送りしたいと思います。

¹During our music training we referred to Hayashiya Somemaru IV’s Kamigata rakugo yosebayashi no sekai, which comes complete with CDs and sheet music.  三味線と寄席囃子のお稽古ですが、染丸師匠の「上方落語寄席囃子の世界」を参考に使わせていただきました。

Sanshi’s Feelings of Guilt 三枝の罪悪感

Last night before going to bed I read the forward to Katsura Sanshi’s recent book, Shishô, godaime Bunshi e (To My Master, Bunshi V [Yoshimoto Bukkusu, 2012]).

In the course of eleven pages, Sanshi recalls his wildly successful career as a radio and TV “tarento” (personality/star), but asks why his master Bunshi V (1930-2005) ever allowed him to follow such a path. More specifically, he wonders why Bunshi told him to go (itte koi) to the broadcasting company in the first place.

It soon becomes clear Sanshi is filled with guilt since he got his big break so soon after entering the artistic school of Bunshi. Despite the fact he was associated with Bunshi longer than most of Bunshi’s other pupils, Sanshi knows Bunshi the least.

Sanshi is filled with guilt because he will soon take the name of a Kamigata rakugo giant– his master –but he hardly knows the man who preceded him. In an attempt to know Bunshi better, to give readers a sense that he has support from those who knew Bunshi best, and perhaps to relieve his guilt, Sanshi interviews those who learned from Bunshi. The interviews make up the bulk of the book.

Toward the end of the forward Sanshi writes, “Considering the fact that my classic-loving (koten-ha) master did an original story (sôsaku) at the end [of his career/life], could he have been showing his support for my [adherence to] original rakugo? Was he giving me his approval? By taking on such a new challenge could he have been saying, ‘You keep going, and don’t worry about a thing’?”

It is doubtful Sanshi has any concerns about ascending to an artistic name that goes back more than 150 years, but he clearly feels guilty about taking the name of his master. Whatever the case, Sanshi’s interpretation of Bunshi’s decision to compose the original story “Kumano môde” at Mie and Kumano prefectures’ joint request as a last-ditch attempt to convey to Sanshi his approval strikes me as self-serving, egotistical, and unfortunate. But perhaps this is what Sanshi needs to tell himself to relieve such guilt.

Indeed, Sanshi went to the broadcasting company as his master told him to shortly after beginning his apprenticeship, but Sanshi went off and over time failed to return, which was also implied when Bunshi said itte koi (go and come back). Sanshi made his priority making it in the world of mass media entertainment.

It is not impossible to make a good living on rakugo alone, but, perhaps one cannot blame Sanshi since there was so much more money to be had in radio and TV. Still, the fact remains, Sanshi did not return to complete a formal apprenticeship with Bunshi, and, consequently, Sanshi never became the hanashika his master expected. Perhaps this is where Sanshi’s guilt late in life derives from, particularly in the months and days before he takes his masters name.

Tonight it’s on to Chapter One.

Here is my review of the book.

夕べ寝る前に、桂三枝師匠が最近出した本、「師匠、五代目文枝へ」(ヨシモトブックス、2012年)の前書きを読みました。

その11ページの中で、三枝師匠が自分のラジオ・テレビタレントとしての大成功を繰り返しますが、自分の修業中に何故文枝師匠がその道を許したのか、というより、そもそもなぜ文枝師匠が放送局に「行ってこい」と言ったのかを疑問に思い、その理由を解釈しようとします。

しばらく読み進めると三枝師匠が、文枝師匠の弟子になってからすぐテレビの世界で売れたことに対して、罪悪感をもっていたということがわかります。文枝師匠との付き合いは他の門人より長いはずなのに、三枝師匠が文枝師匠のことを一番理解していなかったという複雑な心境が原因のようです。

今年、師匠文枝の名前を襲名しますが、まだその師匠のことについてよく知らず、また罪悪感を抱いている三枝師匠。自分の師匠をもっと知るため、そして読者にも周りの皆(門人)に認めてもらっているということを印象づけるため、三枝師匠は文枝師匠についていた、一門全員とのインタービューをこの本の内容にしました。

前書きの最後の方ですが、三枝師匠が次のような文章を書いています。「古典派の師匠が最後に創作に取り組んだのは、ひょっとして、私の創作を許してくれたからだろうか?認めてくれたのだろうか?自分も新しいことにチャレンジするから、「お前は、心おきなくやれ」と言ってくれたのだろうか?」

150年以上の歴史がある大名跡を継ぐ三枝師匠の気持ちはよく分かりませんが、自分の師匠の名前を継ぐということはどうも複雑なようです。どちらにしても、文枝師匠が三重県・熊野県に頼まれて「熊野詣」の創作をした理由が、三枝師匠を許す、または認めるという気持ちの表れだったという彼の考え方は、まことに私利的で、自己中心的で、残念です。しかし、罪悪感を軽減するには、このようなことばを自分で(そして本の中で?)繰り返さないと気がすまないのでしょうか。

文枝師匠が指示した通り、三枝師匠は放送局に向かいました。そして、放送局に向かったまま、その後文枝師匠の元には帰ってきませんでした。確かに、文枝師匠のことばは「行ってこい」でした。でも、三枝師匠は帰ってこず、そのままどんどんマスコミの方に集中し、その世界を優先しました。

三枝師匠はしばらくの間落語界から離れていましたが、これは非難されるべきでしょうか。落語だけで食べていかれないことはないですが、ラジオとテレビの世界で売れたら、きっと儲かるチャンスはさらに多くなるでしょう。しかしながら、忘れてはいけないことは、三枝師匠は結局文枝師匠の元には戻らなかったということです。その結果、文枝師匠が期待していた通りの噺家にはなりませんでした。このことがあったため、晩年に、そして自分の師匠の名前を継ぐ時になって、師匠に対する罪悪感を抱き、少々悩んでいるようです。

今晩は続いて「第一章」へ。

僕の書評はこちらへ。