For Water Boiling 水だき用

The Japanese language is hard. I am reminded of this fact every day. No matter how much I learn, there is always more learn. Speaking, reading comprehension, composition…

I enjoy the challenge of Japanese though, I really do.

This week, on Wednesday, I spent the day at Somemaru’s house. After a day of shamisen lessons, he said he wanted to make nabe (hot pot). He wrote out a list of ingredients and sent me shopping. I could read everything on the list, so no questions asked. I was on my way.

I got to the supermarket and started putting ingredients into my basket one by one, beginning with the vegetables: 1/2 head of hakusai (Chinese cabbage); one bunch of kikuna (garland chrysanthemum — Japanese greens); one tub of shiitake mushrooms; 1/2 daikon radish, the lower half; one bunch of shironegi (leeks).

Next, one tub of kinugoshi (silk-strained) tofu, sliced; one pack of kuzukiri (arrowroot noodles).

Next, raw oysters, two packs.

And finally, 400 grams of thinly sliced pork loin, mizudaki yô

Mizudaki yô? Huh? “For mizudaki?” … “For water daki?” … daki… “burn?” … “boil?” “For water boiling…?” Ugh.

I asked a young part-timer, stocking meat nearby.

MATT: Excuse me. Is this pork loin here mizudaki yô?

PART-TIMER: Mizudaki yô?

MATT: Yes. Mizudaki yô. See, it’s written right here.

PART-TIMER: I’ll be right back, sir.

Off the young man goes, soon to return with an older employee. I pick up the pork loin Somemaru always buys for nabe.

EMPLOYEE: Hi, you’re having nabe right?

MATT: Yes, that’s right.

EMPLOYEE: What you have there is fine.

MATT: This is mizudaki yô?

EMPLOYEE: Yes.

MATT: Thank you.

I paid for the groceries and hurried back to Somemaru’s. On my way I smiled and thought to myself, if Japanese language is difficult for even Japanese people, I have a LONG way to go.

I promise to always remember my learning experiences, and show compassion to my Japanese language students in the future…

The first entry for “mizudaki” in the Kôjien dictionary (electronic version): Nabe ryôri no isshu (one type of nabe cuisine).

日本語は難しいです。毎日この事実に気づきます。いくら学んでも、学び足りません。話すこと、読解作文...

しかし、日本語にあるチャレンジが好きです。本当に。

今週の水曜日に師匠のお宅に伺わせていただきました。一日の三味線のお稽古が終わると、鍋にしょうかと師匠がおっしゃいました。お買い物のリストを書き、僕にお渡ししました。お書きになった材料を全て読めたので、そのまま質問せずにスーパーに向かいました。

スーパーに着きますと、材料を一つずつ籠に入れ始めました。まずはお野菜:白菜 半切、菊菜 1、しいたけ 1、大根 下半分、白ねぎ 1。

続きまして、絹ごし(切れたやつ) 1、くずきり 1。

次は、かき 2袋。

そして、最後に豚ロース 水だき用 400g

え?水だき用?用=for … For 水だき? 水=water … For water だき?… 焚き?炊き?For water boiling? わっ。

すぐ近くにお肉を仕入れている若いアルバイトに聞いてみることにしました。

マット:「すみません。この豚ロースは水だき用ですか。」

アルバイト:「水だき用?」

マット:「はい、水だき用。ここに書いていますが。」

アルバイト:「少々お待ちください。」

すると、アルバイトが消えますが、間もなく年上の店員さんを連れてきます。僕、師匠がいつも鍋にお買いになる豚ロースを手に取ります。

店員さん:「鍋でっか。」

マット:「はい、そうなんです。」

店員さん:「それでいいですよ。」

マット:「これは水だき用ですか。」

店員さん:「はい、そうですよ。」

マット:「えらいすいません。」

レジでお支払いをして、師匠のお宅へ急いで戻りました。その途中で、微笑みながら、「日本人にも日本語が難しかったら、僕はこれからやなあ」と思いました。

それぞれの学習体験を身につけて、将来の日本語の学生に同情することを約束します。

広辞苑(電子版)の中、「水炊き」の第一定義:鍋料理の一種。

a-Oh NO〜ri あオーノーり

Today was a regular lesson day at Somemaru’s. In the a.m., we made a nice breakfast, Aisome and I cleaned house, got the shamisen and drums ready for lessons, and took care of students as they came in.

On a break I spoke to Somemaru about the so-called “old-men’s gags” (ossan gyagu). Most people in Japan (especially younger people) groan when they hear these pun-based jokes, but  the truth is – I feel – everybody in this country has a place in their hearts’ for them.

I bet if I had 100 yen for every time I heard someone pull an ossan gyagu on me with my own name (e.g. chotto Matto, or “wait a Mattit”), I would be a rich man today. Okay, I’m lying. But I would probably have close to 10,000 yen. And when I hear it, I groan and say, “oh not again,” but the truth is (confession time), I love it too. Every time.

Tonight for dinner we had Somemaru’s famous okonomiyaki (a savory pancake-style food, made with batter, diced cabbage, seafood, pork, and whatever else you want to put into it; a favorite in Osaka). Somemaru was nice to help me flip mine, and even helped me choose the toppings (sauces, seasonings) that would taste best.

Then, all the sudden, dinner was brought to a momentary halt.

Somemaru went to pass the ao nori (seaweed powder) to me, but, as the top of the package wasn’t sealed properly, half of the contents poured out onto Somemaru’s lap and food… I felt so bad, especially since he was being so kind to make my dinner an enjoyable one. Aisome and I jumped up and started cleaning. Fortunately, not all of Somemaru’s okonomiyaki was ruined, and we were soon back to a wonderful dinner.

Following dinner, after the dishes were done and Aisome and I were getting ready to leave for the evening, I couldn’t help recalling the ao nori episode at dinner, and the ossan gyagu conversation I had earlier in the day with Somemaru. Then it came to me…

“a-Oh NO〜ri!”  (ao nori + oh no!)

Hey, is that a groan I just heard?

I made my leave without sharing my new ossan gyagu with Somemaru.

Today was another very enjoyable day.

今日は、師匠のお宅で普段通りのお稽古日でした。朝は、一緒に美味しい朝食を作り、その後は愛染さんと家事をし、三味線や太鼓などを用意しておきました。生徒さんが着たら、皆さんのお世話させていただきました。

師匠の休憩のときに、いわゆる「あっさんギャグ」についてお話をしました。だいたいの日本人(特に若い人)、このだじゃれが中心となっているジョークを聞くと、うめき声のようなリアクションするのが多いですね。しかし、僕の意見ですが、日本人のミナさん、心の中で特別な位置を占めています。

ほんと、僕の名前を使ったおっさんキャグ(例:ちょっとマット)を言われたこと、ホンマにタクサンあります。言われたら100円もらえることにしたら、僕は今頃大金持ちになっているはずです。嘘ですね。でも、一万円ぐらいあると思いますよ。それを聞くと、僕もうめき声をあげて、「またか」と言いますが、実は(白状)、毎回、僕も好きなんです。

今日の夕飯は師匠の看板メニュー、お好み焼きでした。とても優しいことに、師匠が僕のお好み焼きをひっくり返してくださったり、上に乗せる一番美味しいもの(ソース、調味料)も一緒に選んでくださいました。

すると、突然夕飯が一時的に停止されました。

師匠が青のりを僕の方へ渡そうとなさりましたら、パッケージがちゃんと閉まっていなかったため、中身のほぼ半分が師匠の膝、お好み焼きの上に...こぼれてしまいました。せっかく僕がお好み焼きを美味しくいただけるようにしてくださっていたのに...師匠、本当にかわいそうでした。僕、愛染さんと飛び上がって、掃除をし始めました。幸い、師匠のお好み焼きの全て台無しにされなかったので、その後も素敵なディナーを続けられました。

食べ終わると、お皿を洗い、愛染さんと帰る準備をしていたら、夕飯中の青のり出来事を思い出さないではいられませんでした。師匠とさせていただいたおっさんギャグのお話も思い出しました。そして、考えつきました...

「あオーノーり!」(青のり+オーノー。=しまった!)

あら、もしかしたら、今聞こえたのは、うめき声

創作おっさんギャグを口にせず、そのまま帰らせていただきました。今日も師匠ととても楽しい一日でした。

Omelets, Shamisen, Maps, and Deer オムレツ、三味線、地図と鹿

Today I had a very nice day at Somemaru’s house.

He requested omelets for breakfast, so I stopped on my way to do some grocery shopping. Fortunately the omelets turned out okay. Okay, I will be completely honest: the first one was a flop — it looked more like a scrambled omelet — but that one went to me, of course.

After breakfast, Aisome and I cleaned the house and set out shamisen, etc., for a day of lessons. Now that I am spending most of my time on my research, I really miss being able to hear Somemaru’s shamisen and singing. Today was, therefore, a real privilege.

Somejaku (#5 deshi) stopped by Somemaru’s house today. It had been a while since I had last seen him, so it was nice to see and talk to him, too.

After shamisen lessons, we went grocery shopping, and then had fun preparing a wonderful dinner. After dinner, Somemaru shared with Aisome and I a great collection of Osaka maps. Maps in the set include pre-Edo-, Edo-, and Meiji-period reprints. On map after map he explained where scenes in rakugo stories occur. It was a treat to view the maps with Somemaru, and I am looking forward to taking my time to study them in the future.

Today Somemaru had a new hanging scroll up. This one is quite possibly my favorite yet. I was surprised when I saw Somemaru’s name signed on it, along with his personal seal. The deer in the scroll is great because he allows the viewer freedom to wonder why he is gazing upward. Is he looking at a crow in the tree above? Is he cooling his neck in an unexpected summer breeze? Is he trying to hear something deep in the woods behind him? This is a great scroll because it allows our minds to wonder, our hearts to play.

Thank you for another nice day, Shishô.

今日、染丸師匠のお宅でとても良い一日を過ごしました。

師匠がオムレツをリクエストなさったので、買い物して参りました。良かったことに、オムレツは何とか上手くいけました。まあ、正直に言いましょう:最初のオムレツが失敗でした。スクランブル・オムレツのような感じでしたわ。もちろん、僕がそれをいただきました。笑

朝食後、愛染さんと家事をし、お稽古のために三味線などを用意しました。最近、自分の研究をやっているので、前みたいにいつも師匠の三味線/唄を聴けなくて本当に残念です。だから、今日は真に贅沢でした。

今日、染雀さん(5番弟子)も師匠のお宅に寄りました。会うのは久しぶりだったので、会えて、話せたこともとても良かったです。

三味線のお稽古が終わったら、買い物に行って、それから師匠と楽しく料理をさせていただきました(今日も最高に美味しかったです)。その後、師匠が僕と愛染さんに珍しい地図のコレクションを見せてくださいました。その地図がリプリントですが、江戸前、江戸、そして明治時代の地図が沢山あり、それを見ながら、師匠が噺の場面がどこで行われるかということを教えてくださいました。本当に興味深い説明で、また近いうちにその地図をゆっくり拝見させていただきたいと思いました。

今日、気づいたら、師匠がまた新しい掛軸をかけていらっしゃいました。実は、いままで拝見させていただいた掛軸の中で一番好きかもしれません。見たら(驚)印鑑とともに師匠の名前が書いてありました!僕にとって、掛軸の中の鹿の素敵なところは、なぜか、自由に想像させてくれるところです。鹿がどこを眺めているのか思いめぐらせてくれるのです。上の木の中にある烏を見ているのですか。予期しなかった風に首を涼しくさせているのですか。後ろにある森の中に何か聞こえようとしているのですか。あれこれ思いめぐらせてくれる、そして心を遊ばせてくれるので、本当に素敵な掛軸です。

師匠、今日も素敵な一日、本当にどうもありがとうございました。

Unwelcome Matt 招待なし真人(マット)

Today was shamisen/ohayashi lesson day at Somemaru’s. I emailed him–and Cc’d Aisome–yesterday asking if it would be all right if spent the day at his place. I heard back right away from Aisome: “Shishô has vanished by himself into Umeda, so I can’t answer for him. We do have enough fish for four people, so we’d be okay for breakfast. I’m sure Shishô will be happy to see you, so come on out!”

With that I planned on arriving at Somemaru’s at 10am. I didn’t hear back from Somemaru, but just assumed he was too busy to reply.

I arrived at 10am. I announced my arrival with a carrying “ohayô gozaimasu” (good morning) as I took off my shoes in the foyer. I ascended the stairs to the second floor and found Somemaru cooking breakfast in the kitchen. Down to the floor I went with a head-to-floor bow, “Shishôohayô gozaimasu!”

“Why didn’t anybody tell me Matt was coming?!” Somemaru questioned.

Oh no.

Silence.

“Shishô, did you not see the email I sent?” I asked timidly.

“No,” he said. “I didn’t get a mail.”

All I could do was apologize in embarrassment. Somemaru is a kind-hearted man, though, so he said nothing more of this “unwelcome Matt.” We got right back to convivially cooking breakfast. After eating, we started the regular morning routine–cleaning, etc.–before Somemaru’s students began arriving.

I stayed until dinner, too. At several points during the day I was able to talk to Somemaru about some research I am working on. Some of the things I had previously spent hours on–and still couldn’t fully figure out–Somemaru solved with little more than a word. I feel so lucky to know him.

Tomorrow Somemaru has plans to go cherry blossom viewing in Kyoto. He was very kind to invite me along, too. Of course I said yes!

Shishô, thank you for a nice day–and your generous guidance! (and sorry for this morning’s “surprise.”)

今日、師匠の家で三味線とお囃子のお稽古日でした。昨日、師匠(Cc:愛染さん)に「明日、朝から伺っても宜しいでしょうか」というメール送りました。その後直ぐ、愛染さんからのお返事が来ました:「今師匠はひとりで梅田の街に消えて行かれたのでなんとも言えませんが、ちょうど魚は4人分ありますんで朝食は問題なしです。師匠もきっと喜ぶと思うので朝から来ちゃいなよ」。

ということで、師匠からのお返事は来なかったのですが、きっとお忙しいのだろうと思い、師匠の家に10時に伺っても大丈夫だろうと思っていました。

予定通り、10時に着きました。玄関で靴を脱ぎながら、「おはようございます!」と大きな声でご挨拶しました。二階に上がったら、師匠がすでにキッチンで朝食を作り始めていました。床にひざまずいて、深くお辞儀して、「師匠、おはようございます!」と言いました。

「なんで今日マットが来るって誰も言ってくれへんの?」と師匠は聞きました。

えっ?やっばい。

沈黙...

僕がおどおどして尋ねてみました。「師匠、もしかしたら、メール見ませんでしたか。」

「ううん、届いてないよ、メール」と。

そこで、恥ずかしいまま、謝るしかなかったんです。でも、師匠はとても優しい方。その後は「招待なし真人」について何も言いませんでした。寧ろ、仲良く朝ご飯を作りました。食べた後、師匠の生徒が着く前の日課(家事等)をしました。

晩ご飯までも御馳走になりました。今日は時折、何回か最近僕が進めている研究について師匠とお話することができました。ある課題で僕が何時間かけても解らなかったところを、師匠に聞いたら(当たり前ですが)一言で答えてくださいました。トッテモ助かりました。師匠のそばにいれるなんて、僕は本当にラッキーですね。

明日、師匠が京都まで花見に行く予定で、「真人も来るかい」と言ってくださいました。もちろん行きたいと思ってま〜す!(お願い致します。)

師匠、素敵な一日、どうもありがとうございました。(今朝の「サプライ図」、本当にすみませんでした。)

Practice Day お稽古日

Today was a shamisen practice day at Somemaru’s. I’ve written in past blogs about what goes on on practice days, so won’t lay it out again in this post. I haven’t shown any pictures of practice, so today I’ll share the view from the master’s chair, from which he also gives rakugo lessons.

今日は三味線のお稽古日でした。以前のブログにお稽古のやりとりについて何度も書いているので、ここでは割愛いたします。お稽古の写真はまだアップしていないので、師匠の椅子から撮ったお稽古部屋をお見せしましょう。ここで噺のお稽古も行われています。