Embarking on a Shinsaku Journey 新作落語の旅へ

It’s been over 10 years now since I first encountered Kamigata rakugo. Thanks to rakugo, I’ve had a lot of good laughs, and a few good cries. I’ve even had the opportunity to perform the art. My relationship with rakugo has been a valuable experience, and I am grateful.

Personally, I like the the older stories that have been passed down for generations (denshô rakugo). This is not to say that there are not good stories among the “new rakugo” (shinsakusôsaku rakugo) composed since the end of World War II (1945-). Still, I have never felt the desire to take on shinsaku as a topic for serious study.

I’ve listened to a fair share of post-World War II rakugo and I’ve often thought, “Why do hanashika need to perform these stories (that feature ‘salarymen,’ etc.) in kimono? In fact, it’s strange.” Of course, people in the audience are free to say shinsaku is no good, or that they hate it. However, as a scholar and amateur performer of the art, I’ve recently come to think that I should study shinsaku more closely in order to reach a rational conclusion. It will be important for me to remain neutral and objective as I listen to and read “new rakugo.”

Katsura Sanshi "Bakusho rakugo daizenshu"Thus, today I purchased Katsura Sanshi’s (now Bunshi VI) “Great Anthology of Explosive Laughter Rakugo” (Bakushô rakugo daizenshû), my first reference as I set out on a journey to study shinsaku.

上方落語と出会って10年以上になりました。落語でたくさん笑い、また泣いたりもしました。高座に上がる経験もさせていただきました。上方落語との出会いは本当に貴重でまたありがたいです。

落語は、新作より古い「伝承落語」が好きですが、戦後の新作・創作の中にも面白い噺があります。しかし、今までそれを勉強しょうと思ったことはありませんでした。

戦後の新作落語を聴きながら、「なんで噺家が着物を着て(サラリーマンなどが登場する)新作落語を演らないかんやろ。逆におかしい 」とよく思いました。「新作はダメ、嫌い」と言うのはもちろん聴く人次第です。ただ僕は学者、そして素人噺家として、ちゃんと現代の新作を勉強して判断するべきだと最近特に強く思うようになりました。中立的な立場で、客観的にそれぞれの新作を鑑賞しないといけません。

ということで、今日は桂三枝(現 六代文枝)の「爆笑落語大全集」を買いました。これを最初の参考として、新作落語の勉強の旅に行ってまいりまっさ。

Advertisements

“Kamigata hanashi” 「上方はなし」

I have been saving for months, and today was the day…

Yes, I finally got it.

The centerpiece for my collection of rakugo books.

Those who know Kamigata Rakugo already know what I’m referring to. Those who don’t, well, this is a must-have if your doing serious work on Kamigata Rakugo. (Wait, is that an oxymoron?)

Okay, here it is, one of just 1000 sets:

Shôfukutei Shokaku V, ed., Kamigata hanashi (vols. 1-2). Tokyo: San’ichi shobô, 1971-2.

Really, I still can’t believe I got it. I came straight home after buying it, put it on my bookshelf, and have just been looking at it from across the room…

(Jeez, what did I get it for, decoration?!)

I’ll start reading tonight after dinner. (Yeah!)

数ヶ月前から、貯金してきましたが、今日はいよいよ...

そうなんです、やっと手に入れました。

落語の本のコレクションの目玉となるもの。

上方落語をご存じの方はもう分かると思いますが、まだご存じない方は、上方落語について本気で研究するのであれば、この資料がないといけません。(え、ちょっと待って、「上方落語」と「本気で研究する」は矛盾語法?)

では、これ、1,000部の内の一つでございます:

五代目笑福亭 松鶴編、「上方はなし」(上下).昭和46-47  東京:三一書房

実は、手に入れたことはまだ信じられません。買ってから、直接帰ってきて、本棚に置いて、遠くから見ているだけです...

(何のために買ったんや、飾りかいな!)

晩ご飯を食べてから読み始めます。(ワクワク)

Used Books 古本

A few months ago Somemaru introduced me to a great used book store in Osaka that specializes in books on theater arts. It has a great selection of rakugo books, both by scholars and hanashika. Many of the books there are reasonably priced, but some rare books are incredibly expensive. I have had my eye on a spendy two-volume set for some time. The other day I finally decided to go in, money in pocket, ready to haggle. I was quickly deflated when I learned the set, which I thought had previously seen for ¥32,000, was now priced at ¥60,000 (almost $750USD!), and this was without the thin but important scholarly index/commentary supplement. Needless to say, I left without the two-volume set. I didn’t leave empty-handed though. I picked up a few “new” titles to add to my growing Kamigata rakugo/ Osaka culture library.

数ヶ月前に染丸師匠がとてもいい古本屋を紹介してくださいました。この古本屋の専門は演劇で落語に関する本も(学者のも噺家のも)沢山あります。その中で、お手頃な値段の本が多いのですが、驚くほど高い珍しい本もあります。少し前からある高い本(全二冊)が欲しいと思っていました。この間、現金をポケットに入れ、この古本屋に向かって交渉しに参りました。ついてからすぐ凹んでしまいました。なぜかと言ったら、3万2千円だと思っていた本がナ-ナ-ナ〜ント6万円になっていました。この値段でも、とても大切な学問的な解説・索引の別書は付いてきませんと...もう分かると思いますが、一番欲しい本は買いませんでした。しかし、安くていい本を数冊買って帰りました。上方落語・大阪の文化の資料は少しずつ増えてきました。