(Rakugo) Kabuki Stories with Scenery, Part I 道具入り芝居噺 その一

One basic way Kamigata rakugo is different from Tokyo rakugo is that stories in the former regularly include various music and instrumental sound effects (e.g., patting drum with soft mallet for the sound of falling snow). This is especially true for travel stories (tabibanashi) and kabuki-inspired stories (shibaibanashi). Tokyo rakugo is, on the whole, performed without music — stories that have music are often adaptations of Kamigata pieces.

Dôgu iri shibaibanashi backdropThere is an exception to this rule, however. There is an old Tokyo tradition called “kabuki stories with scenery” (dôgu iri shibaibanashi), which is full of hayashi music and authentic kabuki scenes. This is a form of rakugo, but the aim is not necessarily make audiences laugh; the goal is to impress. In this art hanashika implement curtains and colorfully painted backdrops to create a more authentic kabuki atmosphere. These painted backdrops remind one of the (much smaller) illustrated boards used in Japanese “paper drama” (kamishibai). Dôgu iri shibaibanashi even have quick onstage costume changes (hayagawari) and “men in black” (kuroko) to assist, usually the hanashika‘s own pupils. Hanashika do not sit on cushions (zabuton) for these stories because they move around a great deal, frequently rising to their knees.

Storytellers have been adapting kabuki material and doing impressions of kabuki actors since the middle of the seventeenth century. San’yûtei Enshô I (1768-1838) was likely the first hanashika to perform shibaibanashi in yose, in 1797.  Dôgu iri shibaibanashi date at least to the turn of the nineteenth century when they were introduced by Kingentei Bashô I (d. 1838). Because the shogunate viewed kabuki as a threat, shibaibanashi were often regulated.¹

Hayashiya Shôjaku performing dôgu iri shibaibanashi

There are very few people who perform dōgu iri shibaibanashi today. Hayashi Shôjaku, a pupil of Hayashiya Shôzô VIII (1895-1982), may be the only recognized master of the art

I was fortunate to be invited yesterday to a special performance and talk featuring Shôjaku at the National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo  (Tokyo bunkazai kennyûjo). The show was organized by an acquaintance and Tsubouchi Theater Museum research associate, Miya Nobuaki.

I had previously read about dōgu iri shibaibanashi, but, needless to say, I got a great deal more from seeing Shōjaku perform live. Different from regular shibaibanashi (i.e., without scenery, etc.) I have heard in Tokyo and especially Osaka, the tone of Shôjaku’s story was decidedly serious and there was no punch line (ochi), which is common for this genre. Dôgu iri shibaibanashi felt like true one-man kabuki as opposed to a kabuki parody, which is generally the case with regular shibaibanashi.

I still know very little about dôgu iri shibaibanashi, so I look forward to seeing Shôjaku perform this rare art again in the near future.

(Rakugo) Kabuki Stories with Scenery, Part II 

上方落語と東京落語の基本的な違いを申しますと、上方落語は噺にさまざまなハメモノ(囃子音楽、音響効果)を日常的に含むということがあげられます。旅噺と芝居噺は特にそうです。東京落語は一般的に音楽を使用しない芸で、ハメモノが実際に入るネタ(音曲噺)のほとんどはもともと上方からのものです。

Hayashiya Shôjaku performing dôgu iri shibaibanashi

しかし、例外があります。東京には囃子音楽や本格的な歌舞伎の演技がたっぷり入る道具入り芝居噺という古い伝統があります。落語の一種ですが、道具入り芝居噺の目的は客を笑わすことではありません。目的は客を感動させることです。芝居道具ですが、幕もあり、紙芝居の引き抜き絵を連想させる色鮮やかな背景板もあり、本格的な歌舞伎の空気をだすためのものです。道具入り芝居には、早変りや黒子までもいます。噺家があちらこちら動いて、膝立ちになったりしますので、座布団を使いません。

噺家(舌耕者)は17世紀の半ばごろから歌舞伎の内容(声色など)を取り入れているそうです。初代三遊亭円生 (1768-1838) が寛政9(1797) 年に寄席で芝居噺を披露したのが最初と見られます。道具入り芝居噺の場合、初代金原亭馬生 (没年1838)が最初に道具を芝居噺に取り入れたので、19世紀の始めからあったものと考えられます。幕府が歌舞伎を脅威と見なしたためか、芝居噺もよく政令を発せられました。¹

今日現在、道具入り芝居噺を演る噺家は非常に少ないです。故八代目林家正蔵師匠 (彦六, 1895-1982) の弟子である林家正雀師匠はその第一人者です。

Miya Nobuaki with Hayashiya Shôjaku

昨日はとてもありがたいことに、東京文化財研究所で行われた林家正雀師匠の公演と芸談インタビューに招待していただき、とても勉強になりました。主催者は僕の知り合いでもあり、坪内演劇博物館の研究助手である宮信明先生でした。

以前、道具入り芝居噺についての本を読んだことはありましたが、正雀師匠の公演を実際に拝聴し、多くのことを学びました。東京、特に大阪で聴いた一般的な芝居噺(道具なし)に比べると、正雀師匠の芝居噺はシリアスでした。最後にオチはなく、道具入り芝居噺はこれが一般的だそうです。本格的な一人歌舞伎に感じ、一般的な芝居噺の歌舞伎のパロディーとは明らかに違いました。

道具入り芝居噺についてまだ分からないことが多いので、正雀師匠の貴重な高座をまた近いうちに聴かせていただきたいと(役者風に)存じまス〜ル〜!(バタバタッ!)

道具入り芝居噺 その二

¹(参考) See shibaibanashi in Heinz Morioka and Miyoko Sasaki, Rakugo: The Popular Narrative Art of Japan (Cambridge: Harvard Council on East Asian Studies, 1990).

Osaka, I’m Home 大阪よ、ただいま

I am having a great time in Osaka.

I have loved living in Tokyo since coming back to Japan in September, but Osaka feels like home. The minute I arrived I felt like saying, “I’m home (tadaima)!”

Over the last couple days I have heard some good rakugo, visited the Osaka Museum of Housing and Living, spent time in various used book stores, and have enjoyed some of the great food Osaka is famous for.

Today I may go to listen to rakugo at Dôrakutei. I also would like to visit the Wahha Kamigata Museum.

Okay, see you in town!

大阪でたっぷり楽しでいます。

9月に日本に戻り、東京に住んでとてもいい感じですが、やはり僕にとって大阪は地元のように感じます。着いた瞬間に「ただいま~」と、自然に出そうでした。

一昨日から落語を聴きに行ったりして、大阪市立住まいのミュージアム、そしてあちらこちらの古本屋にも回ってきました。大阪の看板メニューもそれぞれいただきました。

今日は、動楽亭で落語を聴きに行こうな。ワッハ上方(演芸資料館)にも行きたいですね。

ほんな、街でお会いしまひょう。

One-sided Introduction 一方的な紹介

With high-quality translations of articles and interviews into multiple languages, the relatively new website Nippon.com is a great resource for Japanese and non-Japanese alike.

For better or worse, in general, Tokyo gets more attention than Osaka around the world. This seems to be the way Nippon.com is going too. I am thrilled that they did an interview with Tokyo rakugoka Hayashiya Shôzo, but, once again, Kamigata Rakugo (and Kansai) is left completely out of the equation. It is not even mentioned. Readers who do not know rakugo therefore walk away knowing nothing of the Kamigata tradition, which is quite different from the Edo/Tokyo one. Readers won’t learn the two traditions have different histories and styles, that their repertoires are different although they hold many of the “same” stories.

I truly hope that Nippon.com follows up with a “Part II” to this interview by featuring one of the top tellers of Kamigata rakugo. Only then will their target readership get the full story.

My harsh critique notwithstanding, I do recommend the interview in any language, so long as readers keep in mind that there is an older tradition of rakugo (hanashi) in the Kamigata, that it is a strikingly different art with many more bells and whistles.

いくつかの言語の質のいい翻訳記事やインタービューが並んでいることによって、Nippon.comというウェブサイトは、日本人、そして外国人にとって、なかなかいい参考となる。

善かれあしかれ、一般的に、世界では大阪より東京の方がフィーチャーされる。Nippon.comも同じ方向に歩んでいるようです。最近、東京の落語家林家正藏師匠のインタービューを掲載したことはとてもよかったと思いますが、その中に上方落語(または関西)のことは一切出ません。一言も。落語の知らない読者はこれを読むと、江戸•東京落語とは異なる上方の伝統の存在も分からないし、その歴史と芸風がちがうこと、そして両レパートリーに同じ噺があるのにちがうネタに聴こえる場合が多いこと、全く学べないのです。

やはり、Nippon.comはこのインタービューの「パート2」、上方落語の名人を紹介するインタービューを出すべきだと思います。そのとき初めて、このサイトの読者は落語のことをちゃんと理解するでしょう。

記事の方向性に対する厳しい評論とは別に、林家正蔵師匠とのインタービューはお勧めしたいと思います。ただ、上方にはもっと古い落語(ハナシ)の伝統、驚くほどちがう、ずっとハデな芸があることを、忘れないでおいてほしい。

Tokyo: Asakusa Engeijô 東京 浅草演芸場

iPHONE UPDATE from TOKYO part 1 of 2:

20120129-215727.jpgI’ve been to rakugo shows in Tokyo before, but today was my first time to hear rakugo at the Asakusa Engeijô (performance hall).

Since irekawari (stepping out and returning) was allowed I stayed for almost two full shows and, among other things, got a great reminder just how very different the Kamigata and Tokyo varieties are.

The best parts of today’s yose trip was some great shin’uchi telling quality rakugo, and also receiving a fabulous kamikiri-e (literally, paper-cutting art [see photo below], one of various iromono featured in yose) from the artist Hayashiya Shôraku.

20120129-215738.jpgTokyo crowds seem to be a lot tougher than those in Osaka, but the hard-boiled Edokko performers do not seem to back down. At one point tonight the show was stopped because an intense verbal spat broke out between the shin’uchi Kawayanagi Senryû and an over-intoxicated man in the audience.

Despite the interruption, the show was great overall.

東京からのiPHONEアップデート その一

20120129-215716.jpg前から東京落語を聴きにいっていますが、今日は初めて浅草演芸場で聴かせていただきました。

入れ替わりOKだったので、ほぼ2部を聴かせていただきました。たっぷり聴けたので、上方落語と東京落語の違いにもよく気づかせました。

今日の寄席の良いところは、やはり、真打ちさんたちのレベルの高い落語でした。もう一つは林家正楽師匠から素敵な紙切り絵をいただけたこと。

20120129-215745.jpg東京の客は大阪の客よりずっと厳しいなあという印象も受けました。しかし、ハードボイルドな江戸っ子の落語家はその厳しさに負けないみたいです。今日の夜部で酔っぱらい客と川柳川柳(かわやなぎ せんりゅう)師匠の口喧嘩によりショーが一時止まってしまいました。

妨害があったにも関わらず、とても楽しかったです。

20120129-215656.jpg

A Look at Tokyo Rakugo Culture Outside the Yose 寄席外東京落語の文化一見

I recently spent about a week in Tokyo and had a very nice time. Unfortunately, I didn’t make it to a yose to listen to Tokyo rakugo, but I was still able to feel a sense of local pride in the art. I came across a number of places or things, all somewhat removed from yose, that exhibited rakugo and its culture.

In Ningyô-chô I found a clock tower, which puts on a lively karakuri ningyô puppet display on the hour. The “show” is hosted by a hanashika puppet that dawns a kimono and kneels on a zabuton just above eye-level, telling a brief story about rakugo and the history of the neighborhood. At the top of the clock are several names in yose gaki (yose-style calligraphy) of famous Tokyo hanashika of past generations. Below the names, puppets — characters from rakugo stories — come out in place of cuckoos.

Not far from the rakugo clock I found a rakugo barber shop. From the outside one can hardly tell that inside the owner always has rakugo running on cassette tapes, CDs, VHS tapes or DVDs. I went inside to ask him about this and he said he’s been playing rakugo for customers for a number of years. Of course, he loves rakugo too. He prefers Tokyo rakugo, but also has a some Kamigata hanashika media on hand.

Since I collect books on rakugo, I spent a couple days browsing the famous Kanda used-book mall, which is spread out over several blocks. I had a great time and found a lot of great books, all at reasonable prices. In the back of one shop, I discovered a rakugo cafe, which has it’s own rakugo kôza for hosting small-scale rakugo shows on Tuesdays. Unfortunately, the cafe was closed the day I was passing through. Still, from the outside I could tell that the owner must be a huge rakugo fan. In addition to the kôza, there were about a hundred tenugui tacked to the ceiling, and numerous publications on rakugo available for browsing. I’ll have to go back next time to see if there is any rakugo food on the menu.

Finally, in one used-book store that specializes in rakugo books (and, interestingly, Christian books), I was given a copy of Tokyo kawaraban, a monthly that has promoted and reviewed rakugo in Tokyo since July of 1977. The June 2011 issue has 118 pages and is filled with interesting essays, interviews, pictures, show listings, reviews, etc. Truly, this is a fabulous resource for Tokyo rakugo fans and first-timers alike.

この間、一週間ぐらい、東京に行ってきみした。とても楽しかったです。残念なことに東京落語を聴きに寄席に行けませんでしたが、東京のあちらこちらに落語に対してのローカルプライドを感じられました。寄席から少し離れているところに落語とその文化を表す場所・物がいくつか目に入りました。

人形町では、からくり人形がフィーチャーされている時計の塔を見つけました。一時間ごとに人形がショーをしてくれます。そのメインが着物を着ている、目線よりちょっと上に座布団の上に正座する噺家の人形です。この人形が落語、そして人形町の周辺の歴史について落語風に短い話をしてくれます。塔の上の方に先代の有名な東京落語家さんたちの名前が寄席書きで書かれています。その下に、鳩の変わりに人気ネタの登場人物の人形がいくつか出ってまります。もちろん、人形は「カッコウ」か何か言いません。

時計の塔よりそんなに離れていない場所に、「落語理容館」までも見つけました。外から見ると分かりにくいですが、中ではいつも落語のカセット、CD、VHS、またはDVDが永遠に流れています。中に入って、店長に聞いてみると、何年間もお客さんのために落語を流していると教えてくださいました。もちろん、店長さんも落語が大好きです。やはり、東京の方ですから、東京落語が好きですが、上方落語のメディアもいくつかおいてあります。

落語の本を集めているので、4ブロックぐらい広い(もっとかも?)神田の古本街を二日ほどかけてゆっくり回ってきました。古本街に行って、本当によかったです。沢山のいい本をリーズナブルな値段で買えました。ある店の奥に、ナント、落語カフェがありました。その中、高座までもあって、毎週火曜日にミニ落語会が行われているみたいです。あいにく、僕が発見したときにカフェがまだ準備中でした。しかし、外から見ると、オーナーさんが落語の大ファンだとすぐ分かりました。高座ができている上に、天井に手ぬぐい100枚くらいかけてありますし、お客さんのために落語の本や雑誌などが本棚にたっぷりおいてあります。メニューに「落語の料理」が載っているかどうか、今度チェックしに行きたいと思います。

最後の発見ですが、ある古本屋が落語の専門店になっています(不思議なことに、キリスト教の専門店でもあります)が、そこで、「東京かわら版」という雑誌をいただきました。この雑誌が毎月発行され、東京落語の情報や評論の入る昭和52年7月からある立派な雑誌です。平成23年6月の450号の118ページの中に、興味深いエッセイ、インタービュー、写真、落語会カレンダー、評論等などが入っています。東京落語のファン(通)にも、初心者にも、誠に素敵な役に立つ雑誌です。