Thoughtful Words 思いやりあふれるお言葉

My students presented me with thoughtful words in this nice card. Thank YOU all, so much. Keep up the great work.

生徒さんからこのかわいらしいカードをいただき、その中に思いやりあふれるお言葉までも… こちらこそ、本当にどうもありがとう。これからも頑張ってくださいね。

card from students, June 2013 (cover) Card from students, June 2013

Advertisements

Students Make Teachers 生徒が先生を育てる

Curtain call 6.6.2013

In his book Kamigata rakugo wa doko e yuku (Where Will Kamigata Rakugo Go?), Katsura Fukudanji (1940-) writes that “it takes at least three days to prepare for a rakugo show.” Three days…  I suppose this is one of the things that separates professionals from amateurs.

Yobikoe (kyôgen)It took my students and I about seven weeks to prepare for our recent show, Drama! Dance! Drums! Granted, for most, it was their first time doing anything on stage, let alone Japanese performing arts. There were many firsts for me too. Still, we were able to bring everything together and give the audience a fast-paced and entertaining show.

My students made me very proud.

Dojô sukuiAnd they taught me a great deal about being a teacher. They asked terrific questions throughout the term that pushed me to be better informed about Japanese drama and music.

I hope my students learned as much as I did in the course of the term.

Great work everyone (otsukaresama deshita)!

Previous article → Show This Week

Rakugo 6.6.2013「上方落語はどこへ行く」という本の中に桂福団治師匠 (1940-) が、「ひとつの会をするのに、三日はかかる…」と書きました。三日…  これはプロの素人の違いの一つでしょうね。

この間のショー「ドラマ!ダンス!ドラムズ!」を開けるまで、7週間ぐらいかかりました。確かに生徒さんのほとんどは、舞台の(もちろん日本の芸能もそう)経験は以前なかった。僕にも初めての経験を色々させていただきました。これにも関わらず、すべてをペースの速い、楽しいショーにもとめられ、お客さんも喜んでくださいました。

生徒さんはホンマによくやってくれました。

Komai (Kaminari)それに、「先生」という役割について色々と気づかせてくれました。毎日とてもいい質問を聞いたり、日本の演劇や音楽などについてもうちょっと説明できるように考えさせてくれました。

生徒さんが僕と同じぐらい勉強になったらいいんですが…

皆さん、本当におつかれさまでした。たくさんの思い出もありがとう。

先の記事を読む→ いよいよ今週

nihon.buyo2 Karakasa (kouta)Shibiri (kyôgen) ShishimaiNoh-butoh fusion Nihon buyôManzai Taiko

Show This Week いよいよ今週!

Vanguard article by Megan Fresh, May 30, 2013The Center for Japanese Studies at Portland State University will present a show co-directed by Prof. Wynn Kiyama and myself, featuring a talented group of students in a grand showcase of Japanese performing arts.

Our students have worked very hard this term and are just about ready to go on! The show — DRAMA! DANCE! DRUMS! — is this week, and it is going to be a good one!

The show will include the following:

  • Komai (kyôgen dance)
  • Kouta (“little songs” with shamisen accompaniment)
  • Kyôgen (medieval farce)
  • Manzai (two-person stand-up comedy)
  • Nihon buyô (traditional dance)
  • Nô & butô dance fusion (a mix of medieval and modern)
  • Rakugo
  • Taiko (group drumming)

Drama! Dance! Drums! is on Thursday June 6, 2013 in the Recital Hall (rm. 75) at PSU’s Lincoln Hall. The show starts promptly at 7:30 p.m. FREE and open to the public.

We are getting great press for the show, and seats are limited. Be sure to arrive a little early for a memorable evening of Japanese performing arts!

Read the next article → Students Make Teachers

いよいよ今週、ポートランド州立大学の日本研究センターが日本の舞台芸術の壮大なショーケースを行います。共同監督であるウィン木山教授、そして僕、優秀な学生のグループを備えて様々な芸能を発表させていただきます。

今学期、生徒さんはお稽古など一生懸命頑張り、舞台に出る準備はほとんどオーケーです。ショーは「演劇!踊!太鼓!」(DRAMA! DANCE! DRUMS!) と言いまして、とても楽しい一時となると思います。

ショーの内容は、

  • 小舞
  • 小唄
  • 狂言
  • 漫才
  • 日本舞踊
  • 能と舞踏のフュージョン
  • 落語
  • 組太鼓

です!

Drama! Dance! Drums! は2013年6月6日(木)の午後7時30分に開演いたします。会場はポートランド州立大学のキャンパス内にあるリンカーンホールの中のリサイタルホール(75号室)です。入場無料。

小劇場であるため、新聞などの取材も出ているので、少し早めに会場に着いた方がいいかもしれません。ぜひ、日本の芸能をご一緒にたっぷりと楽しみましょう。

続きはこちら→ 「生徒が先生を育てる」

Drama Dance Drums flyer

Flyer チラシ

“The Sensei” 「ザ・センセイ」

shores sensei by takacheeI am lucky to have another group of talented students, this time for the course Traditional Japanese Drama.

Last year the final project for this course was a kabuki production, which I directed the hayashi ensemble and played ozatsuma shamisen for. This year I was planning on making kyôgen the centerpiece of our show Drama, Dance, Drums, but, since I’ve got such a great group, we’re going to take on even more.

In addition to two kyôgen plays, we are  going to do a kyôgen dance (komai), a kouta (“little song”) accompanied by shamisen, a comical folk dance called Dojô sukui (Loach Fisher), a nô-butô dance fusion, and rakugo. And, believe it or not, there will be even more. My co-director and his students will be putting on several taiko and buyô numbers, including a lion dance (shishimai). We are all very excited for the show, and it is a great pleasure to teach such a course.

We have our formal rehearsal sessions on Friday afternoons. While one student was waiting for her rehearsal time, she apparently painted me from the side. I had no idea she was doing this, but was pleasantly surprised when she shared the work with me. The work (above) is titled “The Sensei.” You can see more of her work at this site.

We have about six more weeks until our recital on June 6, and we hope to see you there!

今回は日本伝統演劇という授業を教えているのですが、とても有能な学生ばっかりでいい感じです。

去年の最終公演で歌舞伎を発表したが、僕がその囃子下座を担当して、大薩摩三味線も弾かせていただきました。今年のショー「ドラマ・ダンス・ドラムス」で狂言の芝居をメインにしょうと思っていたが、とても良い生徒で、それ以上いろんなことをしたいと思いました。

狂言2本の他に、狂言の小舞、小唄・三味線、「どじょうすくい」の踊り、能と舞踏のフュージョン、そして落語を生徒と発表させていただこうと思っています。実は、これ以上あるんです。共同ディレクターが自分の生徒と組太鼓と舞踊、獅子舞までも発表する予定なんです。参加する生徒も先生も、ショーを大変楽しみにしていて、僕はこのような授業を持てるということはとてもラッキーだと思っています。

毎週金曜日の午後はお稽古の時間ですが、昨日、自分のお稽古の順番を待っている間に生徒が僕の絵を描いていたらしいです。全く気づきませんでしたなあ。絵を見せていただきましたが、なかなかお上手で、「ザ・センセイ」という作品です(上)。生徒さんがさまざまな絵を描いていて、よろしければこのサイトでご覧ください。

6月6日の発表会まで後6週間残っていますが、当日はぜひ、お越しかださいませ!