To Master’s House 師匠のお宅へ

Front door at Somemaru'sThe most important part of this short trip to Osaka is to pay a visit to master Somemaru.

He had time yesterday, so I went to see him at his house. It was wonderful to see him in person, to see him smile and laugh. We talked about many things rakugo-related and not, and he gave me advice on a lot of matters.

Around 5pm he asked me to pull his car around, then we drove to the supermarket. We selected ingredients for nabe (hotpot), then headed home. Just like old times, we prepared dinner together.

Someya arrived just in time for dinner. The three of us talked about a lot and enjoyed many laughs while eating. Somemaru and Someya shared some of their views on performing rakugo, in fact said some things that made me change the way I look at the art, reconsider the way I will approach it as an amateur performer in the future.

Toward the end of dinner, the conversation moved to the topic of Someya’s momentous name change (shûmei) to Hayashiya Kikumaru III next September. He asked Somemaru for advice on a number of matters, and I was able to see that shûmei are not simply ceremonies that people attend.

There is so much to think about and prepare, the simplest of matters perhaps being selecting a design for one’s new tenugui (hand towel), of which hundreds are made and given as formal gifts to other professionals and fans.

Somemaru and Someya looking at tenuguiLast night we spent a good deal of time looking through traditional tenugui pattern books and at actual tenugui, of which Somemaru has an impressive collection. Someya did not make a final decision, but said he would like to keep his new design simple and perhaps include a traditional tenugui chrysanthemum design if he can find one–this would represent the Kiku part of his new name. Nice!

Speaking of tenugui, Someya was very kind to present me with one of his own Hayashiya Someya tenugui, which are quickly becoming a rare item. He also gave me a nice brochure about his shûmei, which Yoshimoto prepared for distribution at a recent press conference.

We topped off the evening with tea and ice cream. Someya and I bowed to Somemaru and thanked him for dinner and everything else, then we were on our way. We took the same train toward Umeda then later said our goodbyes.

Shortly thereafter, I reached into my coat pocket to get some eye drops, and what did I find? Somemaru’s CAR KEY! WHAT!! I forgot to return it after driving to the supermarket. I gasped and looked at my watch, but it was too late in the evening to return to Somemaru’s.

So, this morning I made another trip to Somemaru’s house to return his car key and sheepishly apologize. When Somemaru saw me he smiled and said, “Okay, no worries.” I guess my thick-headed mistake gave me another opportunity to thank him for such nice day yesterday.

今回の大阪での滞在の中で、最も大事なことは染丸師匠にご挨拶することです。

昨日、師匠のお宅に伺わせていただきました。久しぶりに直接お会いでき、再び師匠の笑顔を見て、笑い声を聞けて、本当にうれしい気持ちでいっぱいでした。落語をはじめ、さまざまなお話しができ、また貴重なアドバイスまでもいただきました。

午後5時ぐらいになると、「車を取ってき、買い物に行こう」と師匠がおっしゃって、二人でスーパーマーケットへ。鍋の材料を選び、またお宅の方へ。以前と同じように、ご一緒に晩御飯の準備を。

ちょうど鍋ができはじめたころ、染弥さんもお見えになりました。それから三人で鍋を食べながらいろいろなお話をして、たくさん笑いました。落語のお話しもたくさんでき、師匠そして染弥さんから落語の演出に関してのご意見までも聞かせていただきました。僕の落語に対する見方、そして素人落語家としてのこれからの演出法を変えるほどの貴重なお話しでした。

食事も終わりに近づいた頃、来年9月の「染弥改メ 三代目林家菊丸」の襲名についてのお話になりました。襲名は、お客さまに披露するためであるのはもちろん、そのためにさまざまな準備があるということがわかりました。

例えば、襲名の記念に、新しい手ぬぐいをデザインし、噺家さんやお客さんなどに何百枚もお渡しするそうですが、その準備もしなくてはいけません。

食事の後に、私たちは手ぬぐいの見本帳、そして師匠の手ぬぐい(沢山お持ちです!)を見まながらデザインについて話しました。染弥さんは、シンプルなデザインに、伝統的な手ぬぐいに使われていたような菊の模様があれば、それを活かしたいとおっしゃっていました。林家菊丸の「菊」ですね。かっこいいですねぇ。

手ぬぐいの話ですが、僕も昨日染弥さんから、間もなくなくなる貴重な「林家染弥」の手ぬぐいをいただきました。とっても嬉しかったです。それだけでなく、先月の襲名発表記者会見のために吉本興業が用意したパンフレットまでも記念にくださいました。本当にどうもありがとうございました!

最後に、紅茶とアイスクリームをいただき、染弥さんと一緒に師匠にお辞儀をしまして、その日は失礼させていただきました。駅に向かって、同じ梅田方面の電車に乗り、その後お別れしました。

一人になって、コートのポケットの中から目薬を取ろうと思った時、何が出たと思いますか?いやッ、師匠の車のカギやッ!スーパーまでの運転後、カギを戻すのを忘れてしまいました。ハッと息を飲んで時計を見たら、師匠のお宅に伺うにはもう遅かったです。

ということで、今朝カギを戻しに、そしておずおずと謝りに、もう一度師匠のお宅に行ってまいりました。師匠は微笑みながら「おっ、分った。よろしい。」とおっしゃてくださいました。鈍いミスをしてしまいましたが、もう一度師匠にお会いでき、もう一度お礼を申し上げられましたので、嬉しかったです。

With Knowledge Comes Joy 知るは喜びなり

Kakejiku by SomemaruOne of my greatest treasures is a hanging scroll (kakejiku) that Somemaru presented me with prior to my leaving Japan last March.

Somemaru has an incredible collection of kakejiku, so, when he gave me a long rectangular box wrapped in crêpe silk before I left, I wondered if it might not be a one from his collection. I opened the box and found a kakejiku, but I could not have been more surprised by what I saw!

The artist was Somemaru, and the subject was ME!

I couldn’t find the words to say…

I was so touched that I felt as if I was going to cry.

I love the work in general, but I especially appreciate the peacefulness with which Somemaru painted me. While my lips seem to be anticipating something, there is a perfect serenity to my eyes.

Sometimes, when I get caught up in the hustle and bustle of daily life, I like to gaze at this kakejiku. I admit that it is somewhat strange to gaze at myself, but this piece of art feels like a mirror that reflects something deeper, something more meaningful than an actual mirror might.

Somemaru’s art presents me in an emotional state of mind that I would like to arrive at.

The Japanese reads, “With Knowledge Comes Joy” (Shiru wa yorokobi nari). Since I am still in the middle of my learning, this is perfect.

This is a truly meaningful gift which I shall always treasure.

Thank you again Master Somemaru.

僕にとって最も大切な宝物は、昨年の三月に帰国する前に染丸師匠からいただいた掛け軸です。

師匠はすばらしい掛け軸のコレクションを持っていらっしゃいますが、出発する前にちりめんに巻かれた長方形の箱を渡してくださったときは、「えっ!もしかして〜」と思いました。箱を開けますと、掛け軸でしたが、それを拝見し とってもビックリしました。

画家は染丸師匠で、絵はナナナント僕の顔でした!

言葉がなかなか出ませんでした。

あまりの感激にスズの涙を流してしまいそうでした。

僕は師匠の作風がとても好きですが、特に好きなのはその絵の中から感じる「平和」です。この掛け軸の中の僕の唇は、何かを予想しているように見えますが、目は完全に落ち着いている。

日々の喧騒から逃れたいとき、この掛け軸を眺めることが好きなんです。自分の顔を絵で見ることは少し不思議なときもありますが、師匠の絵はなぜか鏡のように感じます。しかし、実際の鏡よりもっと深い、意味のあるものを映してくれるのです。

師匠の作品は、僕がそうでありたいと思う感情を映してくれている感じがします。

師匠が書いてくださった言葉なんですが、「知るは喜びなり」、僕はまだまだ勉強の途中なので、ぴったりですね。

とても深い、感激した贈り物で、僕の一生の宝物です。

師匠、重ねてお礼申し上げます。

A Surprise from Somemaru 師匠からのサープライズ

This afternoon Somemaru had to take off for a show in Gunma, so we spent the morning preparing for his journey. Just before noon the doorbell rang. Typically, when the doorbell rings it is a courier with a package for Somemaru. I ran downstairs, grabbed his hanko (name stamp used for ID purposes) and received the predicted package. I took it to Somemaru, who told me to open it. I didn’t think this too out of the ordinary so I did so.

Shishô, it looks like a kimono has arrived for you,” I announced. He then looked at me with a smile and said in English, “It’s yours.” What?! You’ve got to be kidding, were my immediate thoughts, but sure enough, Somemaru told me to try it on. He helped me get dressed–I was so excited that I didn’t even take off the clothes I had on… It was a perfect fit, measured and cut according to my sizes. I was so incredibly surprised and happy that my face hurt from smiling so much… Looking at Somemaru, I could tell that he was just as happy to present me with my very first kimono.

Since I borrowed a kimono for a couple recent performances, I mentioned to Somemaru that I would like his help looking for a nice kimono at a price I could afford… I never in a million years could have guessed he would go and buy me one, complete with a haori to go with it. He also have me a new obi (sash) and haori himo (tie cords) to complete the costume.

I am still blown away by the fact that I now have my own kimono, and at Somemaru’s generosity. Thank you from the bottom of my heart, Shishô!

今日の午後、講演のために師匠が群馬に行く予定だったので、午前中はその準備をしていました。12時前に玄関の呼び鈴が鳴りました。普段の鳴るときは師匠の郵便物が届くのです。一階に走って下りて、はんこを持って、予測していた包みを受け取りました。師匠に持っていったら、「開けてごらん」と僕におっしゃっていました。これに別におかしいことはなかったので、開けてみました。

「師匠の着物が届いたみたいです」と言ったら、師匠が素敵な笑顔で「It’s yours…」と英語でおっしゃってくださいました。ナ〜ンですか!!冗談でしょうと思いながら、師匠が僕に「着てみ」とおっしゃい、着付けを手伝ってくださいました。僕が子供の様にわくわくして、着ていた洋服を脱ぎもせずに外人なまりで「チチョウ、チチョウ、ホンマっすか?」と何度も言いました。サイズもぴったりでした。素敵はサープライズにびっくりしていた、こんな幸せこと今までなかったので、ず〜と微笑んでいると顔が痛くなってしまいました。師匠の姿をパッと見てみると、僕に初着物のプレゼントを贈ることに対して、彼も微笑んでいて幸せそうでした。

最近の高座のために着物を借りたんですが、やはり自分の着物が欲しくなってきました。安い、いい着物を探したいとこの間染丸師匠に言い、いい店を紹介してくださいませんかとお願いしました。しかし、いつの間に僕が欲しがっていた着物(&羽織!)を師匠が買ってくださったんです!こんなことはあると夢でも見たことはなかったです...帯と羽織紐までも用意してくださいました。もう、完璧です。

マイ着物を持っているなんて、まだ信じられないです。師匠の優しさに限りがないことに対して、感謝の気持ちを言葉で伝えるのはどうも難しいです。師匠、心より、親切にありがとうございました。