Symposium at University of Oregon! オレゴン大学でシンポジウムが行なわれます!

UO.symposium.poster

I am now in Oregon visiting family and taking care of a little business.

This Saturday, I will participate in a symposium titled “The Art of Traditional Japanese Theater,” being held at the University of Oregon.

The symposium will also feature Laurence Kominz of Portland State University, Alan Pate of Alan Scott Pate Antique Japanese Dolls, and Glynne Walley of University of Oregon.

This will be an afternoon of lectures exploring the nô, kyôgen, bunraku, and kabuki traditions behind the art on display in the exhibit of the same name in the Jordan Schnitzer Museum of Art.

This lecture series is presented by the Department of East Asian Languages and Literatures and the Center for Asian and Pacific Studies at UO.  It is cosponsored by the Jordan Schnitzer Museum of Art (JSMA) and the Department of the History of Art and Architecture.

Time: Saturday, February 22 at 1:00pm to 4:oopm

Place: Jordan Schnitzer Museum of Art, Ford Lecture Hall 1430 Johnson Lane, Eugene, OR, 97403 

Price: FREE!

Open to students and the general public.

For more information, please call 541-346-1521.

ただいま、オレゴン州にいます。実家でゆっくりしたり、ちょっとした仕事もやっているところです。

今週の土曜日は、オレゴン大学で行われる「日本伝統演劇の芸術」(The Art of Traditional Japanese Theater) というシンポジウムに参加させていただきます。

ポートランド州立大学のローレンス・コミンズ先生、日本人形を扱っているアレン・スコットペイトアンティークのアレン・ペイト先生、そしてオレゴン大学のグリン・ウォーリー先生もシンポジウムに参加されます。

シンポジウムでは、ジョーダン・シュニッツァー美術館に展示されている芸術作品からうかがえる、能楽、狂言、文楽、歌舞伎などに関するレクチャーが行われます。

本講義は、オレゴン大学の東アジア言語文学研究科とアジア太平洋研究センター主催で、ジョーダンシュニッツァー美術館と美術史・建築学部共催のイベントです。

日時 2月22日(土)13時〜16時

会場 ジョーダンシュニッツァー美術館のフォードレクチャーホール  1430 Johnson Lane, Eugene, OR, 97403

入場料 無料

学生も一般の方も、大歓迎。

詳細は、541-346-1521までお願いいたします。

Advertisements

Students Make Teachers 生徒が先生を育てる

Curtain call 6.6.2013

In his book Kamigata rakugo wa doko e yuku (Where Will Kamigata Rakugo Go?), Katsura Fukudanji (1940-) writes that “it takes at least three days to prepare for a rakugo show.” Three days…  I suppose this is one of the things that separates professionals from amateurs.

Yobikoe (kyôgen)It took my students and I about seven weeks to prepare for our recent show, Drama! Dance! Drums! Granted, for most, it was their first time doing anything on stage, let alone Japanese performing arts. There were many firsts for me too. Still, we were able to bring everything together and give the audience a fast-paced and entertaining show.

My students made me very proud.

Dojô sukuiAnd they taught me a great deal about being a teacher. They asked terrific questions throughout the term that pushed me to be better informed about Japanese drama and music.

I hope my students learned as much as I did in the course of the term.

Great work everyone (otsukaresama deshita)!

Previous article → Show This Week

Rakugo 6.6.2013「上方落語はどこへ行く」という本の中に桂福団治師匠 (1940-) が、「ひとつの会をするのに、三日はかかる…」と書きました。三日…  これはプロの素人の違いの一つでしょうね。

この間のショー「ドラマ!ダンス!ドラムズ!」を開けるまで、7週間ぐらいかかりました。確かに生徒さんのほとんどは、舞台の(もちろん日本の芸能もそう)経験は以前なかった。僕にも初めての経験を色々させていただきました。これにも関わらず、すべてをペースの速い、楽しいショーにもとめられ、お客さんも喜んでくださいました。

生徒さんはホンマによくやってくれました。

Komai (Kaminari)それに、「先生」という役割について色々と気づかせてくれました。毎日とてもいい質問を聞いたり、日本の演劇や音楽などについてもうちょっと説明できるように考えさせてくれました。

生徒さんが僕と同じぐらい勉強になったらいいんですが…

皆さん、本当におつかれさまでした。たくさんの思い出もありがとう。

先の記事を読む→ いよいよ今週

nihon.buyo2 Karakasa (kouta)Shibiri (kyôgen) ShishimaiNoh-butoh fusion Nihon buyôManzai Taiko

“The Sensei” 「ザ・センセイ」

shores sensei by takacheeI am lucky to have another group of talented students, this time for the course Traditional Japanese Drama.

Last year the final project for this course was a kabuki production, which I directed the hayashi ensemble and played ozatsuma shamisen for. This year I was planning on making kyôgen the centerpiece of our show Drama, Dance, Drums, but, since I’ve got such a great group, we’re going to take on even more.

In addition to two kyôgen plays, we are  going to do a kyôgen dance (komai), a kouta (“little song”) accompanied by shamisen, a comical folk dance called Dojô sukui (Loach Fisher), a nô-butô dance fusion, and rakugo. And, believe it or not, there will be even more. My co-director and his students will be putting on several taiko and buyô numbers, including a lion dance (shishimai). We are all very excited for the show, and it is a great pleasure to teach such a course.

We have our formal rehearsal sessions on Friday afternoons. While one student was waiting for her rehearsal time, she apparently painted me from the side. I had no idea she was doing this, but was pleasantly surprised when she shared the work with me. The work (above) is titled “The Sensei.” You can see more of her work at this site.

We have about six more weeks until our recital on June 6, and we hope to see you there!

今回は日本伝統演劇という授業を教えているのですが、とても有能な学生ばっかりでいい感じです。

去年の最終公演で歌舞伎を発表したが、僕がその囃子下座を担当して、大薩摩三味線も弾かせていただきました。今年のショー「ドラマ・ダンス・ドラムス」で狂言の芝居をメインにしょうと思っていたが、とても良い生徒で、それ以上いろんなことをしたいと思いました。

狂言2本の他に、狂言の小舞、小唄・三味線、「どじょうすくい」の踊り、能と舞踏のフュージョン、そして落語を生徒と発表させていただこうと思っています。実は、これ以上あるんです。共同ディレクターが自分の生徒と組太鼓と舞踊、獅子舞までも発表する予定なんです。参加する生徒も先生も、ショーを大変楽しみにしていて、僕はこのような授業を持てるということはとてもラッキーだと思っています。

毎週金曜日の午後はお稽古の時間ですが、昨日、自分のお稽古の順番を待っている間に生徒が僕の絵を描いていたらしいです。全く気づきませんでしたなあ。絵を見せていただきましたが、なかなかお上手で、「ザ・センセイ」という作品です(上)。生徒さんがさまざまな絵を描いていて、よろしければこのサイトでご覧ください。

6月6日の発表会まで後6週間残っていますが、当日はぜひ、お越しかださいませ!

Whirlwind Week 駆け足の一週間

This was an eventful week. I spent just about every day at Somemaru’s, and here are some of the highlights:

Tuesday

This was a practice day, and I helped with the regular routine: breakfast, housecleaning, greeting students, serving tea, and staying within earshot of Somemaru in case he needed something. Somemaru usually decides what he wants for dinner during the last couple lessons, sending Aisome or I out for groceries. Today he felt like kasujiru (sake lees soup), which I haven’t had since last winter, and absolutely love. I have a special memory about kasujiru, which you can read a bit about here: Sunday and Sake no kasu.

Wednesday

I was in charge of breakfast on this day. When I make breakfast at Somemaru’s house, I try to make something just as it would be served at my parent’s house. On Wednesday I departed from my regular omelets, opting instead for eggs sunny-side-up, hash browns, bacon, toast, and orange slices. In the afternoon, Somemaru and I made ponkan (Chinese honey orange) marmalade and had a wonderful talk about his life and rakugo.

In the evening we met a group of friends at the Suzunariza Theater for an exciting Taishû Engeki production featuring the troupe led by the young and handsome Satomi Takashi.

Thursday

Today was another practice day. In addition to the regular practice-day routine, I had a shamisen lesson of my own. To say the least, this is always a humbling experience. I did my best and just have to make sure I do better next time, improving on all the areas Somemaru told me to work on. During other students’ lessons, I also spent some time practicing taiko (drums) with Aisome. I’ve recently felt a new urgency to practice more since I will be leading a yose workshop in Portland, Oregon this summer. Fortunately, I still have some time left in Japan, and I’m around the right people.

Bunshi ichimon kai

I asked Somemaru if I could be excused before dinner tonight because there was a special rakugo show being put on at the Hanjôtei in the evening. It was a Bunshi ichimon kai, but not one of the typical variety. Tonight was a special charity show to raise money for the Kumano River World Heritage Site marker that was severely damaged in Typhoon Talas last September.

Katsura Bunshi V played a role in this site being built. On his sickbed prior to dying in 2005, he brushed the characters 熊野川 (Kumano River), which were replicated and enlarged for the site marker. Prior to this Bunshi also composed the instant classic Kumano môde (Pilgrimage to Kumano), this being the the last story I heard him perform.

For some reason, I felt “called” to the show tonight. I felt called to support the charity event, and to hear Bunshi’s story narrated by his #4 pupil, Katsura Bunta, the only hanashika who performs Kumano môde today. Bunta did an incredible job. In a touching moment, when he took his final bow, somebody in the audience shouted “Roku daime!!,” indicating they would rather see Katsura Bunta become Bunshi VI than Katsura Sanshi, who is set to ascend to the historic name this July.

It was a wonderful, action packed week. I am now gearing down for a quiet weekend with my books.

今週は、おもしろい出来事が沢山ありました。ほぼ毎日師匠のお宅に伺わせていただきましたが、ここにいくつかのハイライトを書きたいと思います。

火曜日

この日はお稽古の日で、普段通りに朝食を作り、家事をして、生徒さんにお茶を。もちろん、師匠がお呼にみなれば聞こえる所に。レッスン終盤の途中に師匠が夕食のメニューを決めて、愛想さんか僕は材料の買い出しへ行きます。今日、師匠は粕汁気分でした。実は、このメニューが大好きで、去年の冬から食べていないので、本当に嬉しかったです。昨年の粕汁の思い出はこちらへ、日曜と酒の粕

水曜日

この日は僕が朝食を担当させていただました。師匠のお宅で朝食を作る際、必ず自分の親の家で出るようなアメリカンなメニューを用意することにしています。水曜日はいつものオムレツから離れ、その代わりに半熟(目玉) 焼き、ハッシュブラウン、ベイコン、トーストとカットオレンジにしました。昼からはポンカンのマーマレードを作りながら、落語と師匠の人生についての素敵なトークを。

夕方になると他の方と集合して、鈴成座で里美たかしの劇団(大衆演劇)をたっぷりとエンジョイさせていただきました。

木曜日

この日もお稽古日でした。普段通りでしたが、僕もお稽古をさせていただきました。言葉でうまく表現することができませんが、いつにしても師匠とのお稽古では、自分が本当に小さい存在に感じます。当たり前ですが、まだまだ勉強することが山ほどあり、これからますます精進しなくてはいけないと感じます。自分なりに頑張りましたが、次のお稽古までに師匠が教えてくださったことをちゃんと身につけないといけません。他の生徒さんのお稽古中に、奥の部屋で愛染さんと太鼓のお稽古もさせていただきました。今年の夏にポートランド(オレゴン州)で寄席のワークショップを担当することになっているので、そのときまでにできるだけお稽古した方がいいですね。日本、そして師匠のお近くにいれることは、本当にありがたいです。

文枝一門会

木曜日の夜に繁昌亭で特別な会が行われたため、夕飯の前に失礼させていただきました。文枝一門会でしたが、普段の一門会とは異なりました。昨年の九月の台風12号により文枝師匠直筆の熊野川碑が大きな被害を受け、今晩の会は復興祈願のチャリティーのための会でした。

文枝師匠の直筆ですが、2005年に他界なさる前、入院中に「熊野川」の字を書き、これを大きくして複製したものが碑に載せられました。文字をお書きになる前には、古典落語となった「熊野詣」を創作なさいました。実は、これは文枝師匠の一番最後に聴かせていただいた噺です。

なぜか、この会に呼ばれている感じがしました。チャリティーのサポートをするために、そして文枝師匠の4番目のお弟子さんである桂文太師匠の「熊野詣」を聴かせていただくためにも呼ばれている感じがしました。文太師匠しかこの噺はできませんが、さすが文太師匠の高座は本当にすばらしかったです。噺が終わり最後のお辞儀のときに、とても心の動されることがありました。客席から誰かが「六代目!」と大きいかけ声をあげました。よく分かりませんが、今年の7月に歴史的な名跡に継ぐ三枝師匠より文太師匠が継いだ方がいいという意味だったのでしょうか。

いや、今週はいいことが沢山あり過ぎてとても贅沢な1週間でした。今週末は少しペースを落として、静かに本とともに過ごします。

Crying and Laughing with Somemaru 師匠と泣いたり笑ったり

日本語の翻訳(下)を大変お待たせいたしました。

Today Somemaru invited me to see a special taishû engeki production featuring the troupe of Hasegawa Takeya. Today Takeya’s wife, Ai Kyôka, starred in a play as “Okichi,” a woman who, legend has it, was forced to become a mistress against her will for the first American Consul in Japan, Townsend Harris (1804-78). In today’s version, Okichi reluctantly submits to the “call of duty,” but she and her true love, Tsurumatsu (Takeya), reunite years later. As happy as this reunion is, they pay for it dearly in a life filled with tragedy after heartbreaking tragedy. The couple never loses in the eyes of the audience though, because the couple’s love is undying in the truest sense. They maintain utmost dignity by refusing to let go of the one thing they value more than life: one another. Needless to say, I was deeply moved by the performance.

This  play was a tear-jerker indeed. At points the entire theater was in tears! There were also happy points in the play where the audience (a completely packed house, some standing) could not help laughing out loud.

Can something like taishû engeki discussed side by side with rakugo? On the surface, they do not seem to have a single thing in common. In taishû engeki, audiences just have to sit back and enjoy the wonderful spectacle of bright lights, blaring music, fabulous makeup and kimono, and sex appeal. In traditional (denshô) rakugo, much more imagination is needed, along with a little knowledge about early modern Japan. Yet, there are some things these arts have in common that warrants discussing them together.

While taishû engeki is decidedly dramatic and rakugo comedic, they can also be the opposite. Themes of plays and stories are often similar, as are the periods (usually Edo and Meiji) represented. Another important thing they have in common is that they are both forms of taishû geinô, or arts for the masses. Both have their roots in the lower ranks of society, and were meant for people of the same class. While entertainers in both worlds occasional become wealthy, and it is not uncommon for the rich patronize them, taishû engeki and rakugo can still be considered arts of the taishû variety.

After having a good cry, along with some good laughs at the show, Somemaru and I got Chinese for dinner and parted for the evening.

Thank you for a great Monday Shishô!

今日は染丸師匠が大衆演劇の特別公演に誘ってくださり、長谷川武弥座長の一座のショーをたっぷり楽しませていただきました。武弥座長の奥さんである愛京花さんが今日、芝居で「お吉」という役を務めました。お吉という人物については色々な説がありますが、よく言われているのは、お吉が日本で最初の領事となったタウンセンド・ハリス氏(1804−78年)の愛人になり、その後捨てられると。今日の芝居ではお吉が「日本の国のため」義理に屈しますが、数年後、純粋に愛していた最初に諦めた恋人「鶴松」に再会し、彼とよりを戻します。これは涙の再会場面となりますが、その後二人の人生は悲劇だらけで、精一杯です。しかし、そのような悲劇の中でも、お吉と鶴松はとても素敵なカップルです。二人は死に直面することがあっても、彼らの愛は全く死にません。ですから、観客の目から見ると、一見この二人は人生で負けていても、全体像では負けていません。世の中に一番大事なもの(お互い)を離さないから、最後まで威厳を保ちます。今更言う必要はありませんが、とっても感動しました。

何と言っても今日の芝居は涙なしでは見られませんでした。ある場面では、満席立ち見状態の観客全員が、一緒に泣いている様でした。しかし、爆笑する滑稽な場面もありました。

大衆演劇というものは、落語と並べて語ることができるものなのでしょうか。なぜなら、表面的に見ると共通点は一つもないようです。大衆演劇では客は席にポンと座って、明るい照明や、けたたましい音楽や、素敵な化粧や着物や、役者の性的魅力などを楽しむだけでいい、いわば受け身の演劇です。しかし、(伝承)落語の場合は、客の能動性が必要です。落語を聞く上で、客の想像は何よりも大事じゃないでしょうか。さらに、近世日本についての知識が少しあれば、昔から伝わってきた噺の内容をより深く理解することができます。でも、上記に関わらず、大衆演劇と落語は共通点もあるんです。

大衆演劇は明らかにドラマチック、落語は確かに滑稽な芸ですが、実は、両方それぞれがその逆になることもよくあります。芝居と噺のテーマも似ているときもあり、よく描写される時代(江戸・明治)も同じです。そして、両方が日本社会に生きる一般の人々のための大衆芸能であります。大衆演劇も落語も庶民に根ざした芸能であり、元々同じような階級の人々のための芸でありました。近代になって、双方の芸人がお金持ちになる場合もあり、お金持ちの客がスポンサーになることもありますが、両方を大衆芸能と読んでもいいでしょう。

今日の特別公演ではよく泣いたり笑ったりし、その後師匠と一緒に中華料理を食べに行って、御馳走になりました。

師匠、素敵な月曜日、本当にどうもありがとうございました。