Stamping Forever 永遠の印鑑

Today at Somemaru’s house, I was shown some precious memorabilia: personal seals and stamps used by Hayashiya Somemaru II (1867-1952) and Hayashiya Somemaru III (1906-1968). It was wonderful to hold them and see them up close. Truly, I could feel Kamigata rakugo history right in my hands.

今日、師匠のお宅で大変貴重な遺品を拝見させていただきました。二代目林家染丸師匠 (1867-1952)、そして三代目林家染丸師匠 (1906-1968) がお使いになっていらっしゃいました印鑑やゴムスタンプでした。自分の手に持ち、目近で拝見させていただけるなんて、まことに贅沢な経験でした。自分の手に上方落語の歴史を感じさせていただきました。

Advertisements

Hanjôtei’s 5th Anniversary 繁昌亭5周年

Today marks five years since the Hanjôtei opened to the public on September 15, 2006. The day began with a formal ceremony, followed by a press release. There was plenty of rakugo on the bill as usual, but the day’s main attraction was “Bakushô (lit. explosive laughter) Kabuki,” a hanashika rendition of the famous play Kanjinchô (The Subscription List). The three stars of the show were Tsukitei Happô (Togachi Saemon), Hayashiya Somemaru (Minamoto no Yoshitsune), and Katsura Sanshi (Musashibô Benkei).

I attended the day’s opening show. The costumes and makeup were outstanding, all applied by theatre professionals. The actors were even better, getting laugh after continuous laugh from the audience. Throughout the show kakegoe (emotional cheers of support, often heard in kabuki theaters), came from all directions.

Bakushô Kabuki” was staged just prior to intermission, so I imagine Somemaru had no break as he rushed to get out of costume, remove his thick makeup (quite difficult, messy, and time-consuming), get into his own kimono, and get ready to go on as the morning show’s headliner.

Bakushô Kabuki was staged three times today, so all people involved, especially the stars, must have been quite exhausted come the end of the day. They did this for an important cause though; to celebrate the Hanjôtei’s fifth anniversary, which wouldn’t have been possible without a supportive and enthusiastic public.

Congratulations on five years Hanjôtei! Thank you for a wonderful show everybody. Otsukaresama de gozaimashita.

I couldn’t take pictures during the show, but I should be able to get some taken by public media in the coming days. In the meantime, here are some shots from the pre-morning show festivities (left, and below).

天満天神繁昌亭が2006年9月15日に開場し、今日で5周年を迎えました。朝席の前に式があって、プレスリリースもありました。今日、普段通り落語も何席かありましたが、メインイベントは噺家さんたちによる「爆笑歌舞伎」でした。演目は歌舞伎十八番である「勧進帳」でした。立役の三人は月亭八方師匠(富樫左衛門)、林家染丸師匠(源義経)、桂三枝師匠(武蔵坊弁慶)でした。

僕は朝席の公演を見させていただきました。劇場のプロによる衣装や化粧、まことに素敵でした。それ以上に良かったのは、スターたちの演技でした。最初から最後まで、ずっと客席が爆笑状態で、あっちこっちからかけ声が聞こえてきました。

「爆笑歌舞伎」がちょうど中入りの前に行われまして、朝席のトリを勤める染丸師匠には休憩は全くなかったのではと思います。「勧進帳」の後すぐ、衣装を脱いで、化粧を取らないといけない(これはとても時間がかかります)ので、自分の着物を着る間もほとんどなかったと思います。舞台裏での本格的な「早変り」だったでしょうね。

これだけでなく、この後も「爆笑歌舞伎」をもう2回演ずることになっていて、一日中繁昌亭の楽屋はバタバタ状態だったに違いありません。皆様(特に師匠たち)本当に大変だったでしょう。しかし、今日の全ては繁昌亭の5周年の記念のためでした。5年間ずっとサポートしてきてくださったお客様のためでもありました。

天満天神繁昌亭、5周年、本当におめでとうございます。皆様、素敵な公演もどうもありがとうございました。本当におつかれさまでございました。

公演中に写真を撮れませんでしたが、後日マスコミのものが出てくると思います。後にそれをアップさせていただきたいと思います。それまで朝席の前の写真をご覧くださいませ。

 

 

 

 

Katsura Kichibô 桂吉坊さん

Until August 12 I will be taking part in the 27th Traditional Theater Training program at the Kyoto Art Center. There are three courses of specialization, noh, kyogen, and Nihon buyô, all of which are led by professional artists. I am in the kyogen group.

The first two days of the program consist of a series of demonstrations, lectures, tours, and workshops. These are to help give participants a taste of those traditional arts they won’t be experiencing in their selected courses, and to see how they may be related to their areas of specialization.

The program will culminate with a recital, to be held on August 12, 2011 at 5:30 p.m. (doors open at 5:00), at the Ôe Noh Theater (Ôe nôgaku dô). Admission is FREE, and reservations are not necessary.

I was happy to learn that rakugo was going to be part of the initial two-day series. The center arranged for a young hanashika, Katsura Kichibô, to give a demonstration and workshop. Since I study rakugo, I was asked to do the interpreting.

I knew of Kichibô, but never had the chance to meet him. It was a treat to finally meet him today. He is a very kind, and professional person, who I would like to introduce here.

I translated the following for the Kyoto Art Center program:

11:00-13:00: Rakugo Demonstration & Workshop, with Katsura Kichibô

Rakugo is a traditional Japanese narrative art form that came into being during the early modern era and was passed down to the present day via oral transmission. In this unique performance art, gestures and narration alone are incorporated, and a high level of artistry is required. Katsura Kichibô’s repertoire consists chiefly of traditional rakugo stories. He is therefore a young storyteller who many consider to be the hope for Kamigata Rakugo’s future. Today, following a demonstration of the art, Kichibô-sensei will lead a workshop on rakugo gesticulation and more.

Shortly after graduation from the Entertainment and Culture Division at Osaka Higashi Sumiyoshi High School, Kichibô-sensei began a formal apprenticeship with rakugo storyteller Katsura Kitchô, on January 10, 1999. A proud member of the Katsura Beichô artistic family, Kichibô-sensei is also undergoing formal training in the arts of drum(s), flute(s), shamisen, and nagauta. He is knowledgeable about numerous forms of traditional entertainment such as kabuki, noh, and bunraku. This can be observed in his rakugo, especially his skillfully narrated kabuki-inspired stories. Kichibô-sensei is currently studying noh (chanting and kotsuzumi drum) privately, and is frequently called on to serve as master of ceremonies at Noh-related functions.

I am looking forward to listening to Kichibô perform in the near future, and hope you can make it too. Kichibô has a great official website, complete with information about upcoming performances. Click here → Kichi Box

8月12日まで京都芸術センターの第27回トラディショナル・シアター・トレーニング2011に参加しています。専門コースが3つありまして(能、狂言、日本舞踊)、プロの先生が指導してくださいます。僕は狂言のコースに入っています。

最初の2日間、様々なデモンストレーション、レクチャー、ツアー、ワークショップなどのシリーズがあります。参加者の専門以外の伝統芸能を味わうためでもあるし、他の芸が自分の専門にどのようにつながっているということを理解するためでもあります。

トラディショナル・シアター・トレーニングの最後に発表会があり、8月12日の17:30(17:00会場)に大江能楽堂で行います。入場無料で事前予約不要です。

ワークショップなどのシリーズですが、落語の部も入ると聞いたら、とても嬉しかったです。今回の講師は桂吉坊さんでした。落語の研究をしているため、僕が同時通訳をすることになりました。

この前、吉坊さんの名前を何度も聞いていますが、今日は初めてお会いできました。とても親切で、プロフェッショナルは方でした。ここで桂吉坊さんを紹介させていただきたいと思います。

次の文書を京都芸術センターのプログラムのために翻訳させていただきました:

11:00~13:00: 落語のデモンストレーションとワークショップ 桂吉坊

落語は、近世期の日本において成立し、現在まで伝承されている伝統的な話芸の一種です。身振りと語りのみで物語を進めてゆく独特の演芸であり、高度な技芸を要します。講師の桂吉坊先生は、古典落語を中心に舞台を重ね、上方落語のホープとして多方面から期待されている若手落語家です。ワークショップでは、落語の実演が行われた後、仕草についてなどを教えていただきます。

桂吉坊先生は大阪府立東住吉高等学校芸能文化科卒業後、1999年1月10日に桂吉朝に入門。米朝一門らしく太鼓、笛はもちろん、三味線や長唄も習得しておられます。歌舞伎や能・文楽などの古典芸能に詳しく、落語においても歌舞伎を題材とした芝居噺を得意としています。現在は能楽(謡や小鼓)を個人的に習っているほか、能楽の催しに司会として呼ばれることも多いそうです。

これからも吉坊さんの高座を聴かしていただける日をとても楽しみしています。皆さん、ぜひ、一緒に聴きに行きましょう。ところで、吉坊さんがとてもおしゃれな公式サイトを持ち、あそこに出演情報のリンクもあります。こちらへどうぞ → Kichi Box

Nizaêmon Kabuki with Shishô 師匠と仁左衛門歌舞伎

Today Somemaru invited me to see kabuki at the Shôchiku-za Theater in Nanba. We saw the afternoon show, and it was great. It had been a while since I last saw kabuki live, so it was a very nice treat.

Kataoka Nizaêmon was clearly the star of the show. He is a very good-looking and talented actor, so everybody, especially admiring female fans, were on the edge of their seats, oohing and aahing,  when Nizaemon made his entrances.

I also enjoyed seeing Kataoka Kamezô too, who I saw at a special Osaka Castle performance this spring.

This was a very special day at the kabuki theater with Somemaru, who is incredibly knowledgeable about the art. It didn’t even cross my mind to get earphone guides. Somemaru had much of interest to say about the shows and actors before, during, and after the show.

Shishô, thank you very much for taking me to kabuki today, for the wonderful sushi bentô, and dinner afterward.

今日、師匠が大阪松竹座で行われている「七月大歌舞伎」に誘ってくださいました。昼の部を観ましたが、とってもよかったです。歌舞伎を生で観るのは久しぶりだったので、まことに贅沢でした。

今日のスターは、もちろん、片岡仁左衛門さんでした。男前で、演技もお上手なので、登場する時に、客、特に女性のファンたちが、椅子の端に座り直し、きゃきゃきゃきゃッ言っていました。

今年の春に大阪城で観ていました片岡亀蔵さんも今日出まして、とてもよかったです。

今日、師匠と大変スペシャルな歌舞伎の一日でした。師匠が歌舞伎にものすごく詳しいので、彼のお話のおかげで、大変勉強になりました。

師匠、「七月大歌舞伎」も、お寿司弁当も、ディナーも、本当にどうもありがとうございました!大変楽しかったです!

Hayashiya Somemaru Profile in English 師匠の英語プロフィール

While this blog is titled “Kamigata Rakugo and Me,” it could easily be retitled “Kamigata Rakugo and Me, and Somemaru.” I am quite indebted to Somemaru, and am lucky to spend so much time with him. Since I frequently write about him I decided to post a MASTER SOMEMARU profile page, the link to which you can click here, or find at the top of this site. Please take a look when you have a chance.

このブログのタイトルが「上方落語と僕」ですが、「上方落語と僕と染丸師匠」にしてもおかしくないですね。今まで染丸師匠に大変お世話になっているし、幸いなことに師匠と一緒に居る時間が多いです。このブログに師匠のことについてもよく書きますため、「染丸師匠」の英語プロフィールをアップして見ました。上にもリンクを載せましたので、ご覧ください。