Tarento-Hanashika タレント・噺家

Yamasaki Hôsei, property of Today I learned on Twitter (@rakugonews) that the popular Yoshimoto comedian Yamasaki Hôsei (44, a.k.a. Yamachan) will soon begin a rakugo apprenticeship under Kamigata rakugo master Tsukitei Happô. Yamasaki’s rakugo name will be Tsukitei Hôsei.

It is no secret that aspiring performers occasionally try to use the rakugo world as a stepping stone to reach the more lucrative world of TV and other popular media. After all, formal rakugo training can offer a number of the tools necessary in becoming good talkers and marketable entertainers.

Interestingly, there seems to be a pattern developing for so-called “tarento,” generally TV personalities and/or comedians, to come to the rakugo world for training. It was not terribly surprising earlier in the year when Watanabe Atsumu (43, a.k.a. Nabe’atsu) entered the artistic school of hanashikatarento Katsura Sanshi (now Bunshi VI), but I was a little surprised when I heard that Yamasaki will be joining Happô.

The big question is WHY? Rakugo offers limited exposure and therefore cannot promise the kind of returns regular work in TV can bring. So, if it’s not about money, is it about the genuine desire to improve one’s art? Could it be about a fondness of rakugo, or genuine concern for the art’s future? Is it about personal legacy, or is it simply a gimmick?

Perhaps Katsura Sanshi’s relative absence from and successful return to Kamigata Rakugo following an illustrious 30+ year career in TV, and his recent ascension to his master’s name insprired tarento to think they too could make it as hanashika. Or maybe the current rakugo boom is affecting even TV stars.

According to Mantan Web (Yomiuri Shinbun Digital), Yamasaki has long had a strong desire to challenge himself with something other than working as a tarento. In addition to his friend Higashino Kôji suggesting rakugo rakugo in 2008, he also listened the late Katsura Shijaku’s version of the rakugo story Kôzu no tomi. This made him realize the appeal that rakugo has.

Whatever the reasons tarento want to become hanashika, one thing is clear. They will bring new fans to rakugo. We can only be grateful for this. The thing that is not clear, however, especially since they are also continuing their “day jobs,” is the impact they will have on the rakugo world. Will they ever be able to perform the kind of rakugo old rakugo masters and die-hard rakugo fans expect, or will they help redefine rakugo in a new era?

I like rakugo, so I would like to cheer them on in either case. There may be something fun in all of it.

今朝、ツイッター (@rakugonews)でこんな記事を見ました。吉本のお笑い芸人、山崎邦正(44、愛称 やまちゃん)が2013年1月より月亭八方師匠のもとで落語修業を始め、落語芸名は「月亭方正」となる…

テレビや他のメディアで活躍すると出る杭は打たれると思われ、落語という違う分野を踏み台に使う意欲的な若い芸人もいたりします。話し上手になり、芸能界での処世術も落語修業中に学べるからでしょうか。

しかし、面白いことに、最近はこれとは逆のパターンがよく見られます。既に知名度のあるタレントが落語の世界に入り、一から修業を始めているのです。渡辺鐘(43、愛称 ナベアツ、 芸名 桂三度)氏が、噺家・タレントである桂三枝(現 六代文枝)師匠の一門に入ったことにはあまりびっくりしませんでしたが、山崎氏が八方師匠に入門するニュースを聞いた時は、ちょっとびっくりしました。

僕の疑問はただ一つ、ナゼ〜?です。落語では顔はそんなに広げられないし、テレビでレギュラーを持つほどお金も入らないし。お金のためじゃなければ、やはり自分の芸を磨くためでしょうか。落語が好きとか、落語の将来を心配しているとか…または個人の名誉のため、はたまた何か思惑があってのことなのか...

六代文枝師匠が修業を始めて1年も経たないうちに芸能界の世界に入り、30年ほどテレビで活躍しましたが、その後、上方落語に戻ってきて自分の師匠の名前を襲名しました。これを見て、他のタレントも噺家になろうと思ったのでしょうか。または上方落語がテレビの中で活躍してきた芸人を魅了しているのでしょうか。

マンタンウェブ(毎日新聞デジタル)によりますと、山崎さんは以前からタレント以外の活動にも挑戦したいという強い思いを持っており、08年に友人の東野幸治さんの勧めもあって故・桂枝雀さんの落語「高津(こうづ)の富」を聴き、落語の面白さに目覚めたそうです。

タレントがなぜ噺家になりたいのか、その理由は別にして、はっきりしていることが一つあります。それは、タレントは新しい客を寄席に連れてきてくれるということです。これは本当にありがたいことです。さらに、彼らはタレントという「本職」を辞めないからこそ、彼らが落語会に与える影響は未知数です。果たして、彼らは落語の大師匠、そして根っからの落語ファンに納得してもらえるような落語ができるようになるでしょうか。落語の新しい幕開けを迎えることができるのでしょうか。

僕はとにかく上方落語が好きということで、新しく噺家になるタレント・噺家も応援したいと思います。何か面白いことがあるかもしれません。

Congratulations Somemaru 師匠、おめでとうございます

Tonight I attended the Kiwametsuki Somemaru no kai, the show held to commemorate Somemaru’s 45th year as a hanashika, and 20th year with the professional name Somemaru.

The show was more wonderful than I could have anticipated. I — and the packed Nanba Grand Kagetsu Theater — was dazzled all night. It was obvious that much work went into making this an unforgettable show.

I was honored to be part of the audience, and am honored to call Somemaru my shishô.

Somemaru shishô, congratulations on a terrific show, and on 45 years of rakugo. May you remain healthy and prosperous for years to come!

今晩は、師匠の噺家生活45周年、襲名20周年を記念する「極めつき染丸の会」を聴きにいかせていただきました。

言葉ではすべてを表現するのができないほど、本当に素敵な会でした。なんばグランド花月劇場の大入り満員と共に、最初から最後までたっぷりと楽しませていただきました。一生忘れられない記念会でした。染丸師匠、三枝師匠、八方師匠、大助花子師匠、そして皆さん、本当におつかれさまでございました。

今日の公演に行かせていただけたことも、四代目林家染丸師匠を師匠と呼ばせていただいていることも、まことに光栄でございます。

師匠、今晩の会、そして噺家生活45年、本当におめでとうございます。これからもずっ〜と、お元気で、今後の益々のご活躍を心よりお祈りしております。

Historic Event for Kamigata Rakugo 上方落語の歴史約な行事

On Friday, December 16, 2011, I am going to witness Kamigata Rakugo history first-hand.

If you can make it to the Osaka area this day, won’t you join me?

Yoshimoto Creative Agency is putting on a special two-part show starring Hayashiya Somemaru IV and friends (and pupils) to commemorate his 45 years as a hanashika and 20 years since ascending to the historic name Somemaru.

WHO: Hayashiya Somemaru, Katsura Sanshi, Tsukitei Happô, Miyakawa Daisuke and Hanako, Hayashiya Someji, Hayashiya Usagi, et al.

WHAT: Kiwametsuki Somemaru no Kai (The Ultimate Somemaru Show); part one will include a formal address (kôjô), manzai, and rakugo, including the story “Yodogorô” by Somemaru. Part two will consist of a Bakushô Kabuki (Gut-buster Kabuki) version of the Okaru Kanpei michiyuki section of the classic Kanadehon chûshingura, starring Sanshi (Kanpei), Somemaru (Okaru), and Happô (Bannai), complete with a supporting cast made up of Somemaru’s pupils. There will even be a full Kiyomoto ensemble.

Tickets: ¥3500 in advance or ¥4000 on the day of (tickets will probably sell out beforehand). For information call Ticket Yoshimoto at 0570-036-912 or the Rinseikai Offices at 06-6355-4659. You can get advance tickets at the Nanba Grand Kagetsu ticket window, Ticket Pia, or any 7-11, Circle K, or Sankus convenience stores.

(If you would like assistance in English, please leave a comment below ↓)

WHEN: Friday, December 16, 2011. Doors open at 6:30pm, show begins at 7pm.

WHERE: Nanba Grand Kagetsu Theater, Osaka, Japan.

Congratulations Somemaru shishô!

2011年12月16日(金)、上方落語に新たな歴史の1ページを飾るイベントを体験させていただきます。

この日、もし大阪にいらっしゃったら、ぜひ、一緒に参加しませんか。

噺家生活45周年、そして上方落語の名跡である染丸に襲名して20周年の記念に、二部仕立ての「極つき染丸の会」をよしもとクリエティブ・エージェンシーが行います。

出番:林家染丸、桂三枝、月亭八方、宮川大助・花子、林家染二、林家うさぎ、他。

公演:「極つき染丸の会」第一部:口上、漫才、落語(林家染丸の「淀五郎」も含む)。第二部:爆笑歌舞伎、仮名手本忠臣蔵の「お軽勘平道行」。立役:三枝(勘平)、染丸(お軽)、八方(伴内)。染丸一門も出演&清元連中。

チケット:前売3500円(当日4000円)。お問い合わせは、チケットよしもと:0570−036−912、又は林染会事務局:06−6355−4659へ。前売券のお求めは、なんばグランド花月劇場窓口、チケットぴあ、セブンイレブン、カークルK、サンクスの各お店へ。

日にち・時間:2011年12月16日(金)、18:30開場・19:00開演。

会場:なんばグランド花月劇場(大阪難波)

染丸師匠、真におめでとうでございます。

Hanjôtei’s 5th Anniversary 繁昌亭5周年

Today marks five years since the Hanjôtei opened to the public on September 15, 2006. The day began with a formal ceremony, followed by a press release. There was plenty of rakugo on the bill as usual, but the day’s main attraction was “Bakushô (lit. explosive laughter) Kabuki,” a hanashika rendition of the famous play Kanjinchô (The Subscription List). The three stars of the show were Tsukitei Happô (Togachi Saemon), Hayashiya Somemaru (Minamoto no Yoshitsune), and Katsura Sanshi (Musashibô Benkei).

I attended the day’s opening show. The costumes and makeup were outstanding, all applied by theatre professionals. The actors were even better, getting laugh after continuous laugh from the audience. Throughout the show kakegoe (emotional cheers of support, often heard in kabuki theaters), came from all directions.

Bakushô Kabuki” was staged just prior to intermission, so I imagine Somemaru had no break as he rushed to get out of costume, remove his thick makeup (quite difficult, messy, and time-consuming), get into his own kimono, and get ready to go on as the morning show’s headliner.

Bakushô Kabuki was staged three times today, so all people involved, especially the stars, must have been quite exhausted come the end of the day. They did this for an important cause though; to celebrate the Hanjôtei’s fifth anniversary, which wouldn’t have been possible without a supportive and enthusiastic public.

Congratulations on five years Hanjôtei! Thank you for a wonderful show everybody. Otsukaresama de gozaimashita.

I couldn’t take pictures during the show, but I should be able to get some taken by public media in the coming days. In the meantime, here are some shots from the pre-morning show festivities (left, and below).

天満天神繁昌亭が2006年9月15日に開場し、今日で5周年を迎えました。朝席の前に式があって、プレスリリースもありました。今日、普段通り落語も何席かありましたが、メインイベントは噺家さんたちによる「爆笑歌舞伎」でした。演目は歌舞伎十八番である「勧進帳」でした。立役の三人は月亭八方師匠(富樫左衛門)、林家染丸師匠(源義経)、桂三枝師匠(武蔵坊弁慶)でした。

僕は朝席の公演を見させていただきました。劇場のプロによる衣装や化粧、まことに素敵でした。それ以上に良かったのは、スターたちの演技でした。最初から最後まで、ずっと客席が爆笑状態で、あっちこっちからかけ声が聞こえてきました。

「爆笑歌舞伎」がちょうど中入りの前に行われまして、朝席のトリを勤める染丸師匠には休憩は全くなかったのではと思います。「勧進帳」の後すぐ、衣装を脱いで、化粧を取らないといけない(これはとても時間がかかります)ので、自分の着物を着る間もほとんどなかったと思います。舞台裏での本格的な「早変り」だったでしょうね。

これだけでなく、この後も「爆笑歌舞伎」をもう2回演ずることになっていて、一日中繁昌亭の楽屋はバタバタ状態だったに違いありません。皆様(特に師匠たち)本当に大変だったでしょう。しかし、今日の全ては繁昌亭の5周年の記念のためでした。5年間ずっとサポートしてきてくださったお客様のためでもありました。

天満天神繁昌亭、5周年、本当におめでとうございます。皆様、素敵な公演もどうもありがとうございました。本当におつかれさまでございました。

公演中に写真を撮れませんでしたが、後日マスコミのものが出てくると思います。後にそれをアップさせていただきたいと思います。それまで朝席の前の写真をご覧くださいませ。